So-net無料ブログ作成

ロッドの話-1 [ロッド・リール]

私はロッド好きなアングラーで、
昔から各用途別にラインナップされているバスロッドが
大好きなのです。少年期からの憧れが大きかったと思います。
そして、オカッパリに向いた幅広い用途に使えるロッドも
同様にひとつのコンセプトとして考察するのも大好きです。



P1004376.JPG



クランクベイトとロッドは似ているところがあって、
素材やパーツ、デザインなどを見て行くと、
それが作られた存在意義が見えてくると同時に
自分の中で定義された「枠」の中に入れて、
あれこれ比較しながら良し悪しを自分なりに判断していくのが
楽しいのです。
「評論家ごっこ」みたいなものかも(笑)

そしてクランクベイトもロッドも
明確なコンセプトが宿っているにも関わらず、
使う側は「なんとなく気に入っている」という
曖昧な理由で「愛用」しがちなアイテムでもあって、
趣味だからそれでもいいんですけど、
もっと理論的に整理していくと楽しい世界が広がると思ってます。


ロッドが大好きでクランクベイトが大好きな人間なので、
自然とクランキンロッドの考察が一番好きです。
ただ、ワーミングロッドが嫌いかというと全然そうではなく、
自分がよく使う用途においてはそれなりの持論を持って、
良し悪しを考察しながら楽しんでます。

対してリールはどうかというと、
奥が深いのはわかってますが、
ロッドより振り幅が小さいと感じます。
自分の中では極端な話、ベイトリールで言えば2~3種で使い分ければ
あとはラインセレクトだけで済むのでシンプルな話なのです。



で、今回なぜロッドの話を書こうと思ったかというと、
今JFLCC用のルアー製作を地道にやっているだけで、
釣りにも行けないのでネタ的にコレしかないだろ。と思ったから(笑)
あと、本格シーズンイン間近でNEWロッドを導入するタイミングでもあるので、
ある意味旬なネタかなと。
今一度、自分のロッド選びの基準を見直してみませんか?
私はこう思ってます。という話です。


ロッドはアングラーのクセや体力、フィールド、釣り方によって、
正解が無いものなので、あくまでも私が私の環境で釣りをしていく中で
整理された話であるということで、一応念をおしておきますね。
例えば琵琶湖で釣りをされている方は私とは環境が違うので、
判断基準がずれると思われます。


まずは次回クランキンロッドとテーパー・素材の整理から
書いて行こうと思います。
えー、今回はここまで(笑)




nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 3

granz

マヂ最高な画像っす。
BASSERの表紙だったらその号は買いに行きますね。確実に。
by granz (2018-02-07 10:53) 

tisa

>granzさん
え…背景汚いな…と思ってたんですが(^^;)
褒めてもらって嬉しいー!!
by tisa (2018-02-07 17:35) 

Discount cialis

沒有醫生的處方
canada discount drugs cialis http://kawanboni.com/ Cialis dosage
by Discount cialis (2018-04-14 13:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。