So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

ポーのRC-1 [ルアー雑記]

ちょっと前にTwitterでアップした写真です。


IMG_9170.jpg


上がオリジナルのRC-1(ラトル入り)で
下が外皮を剥がして形を整えて、バラストウエイトを入れて、
(RC-1はバラストウエイトレス)
ヒートン仕様をツイストワイヤーのフックハンガーに変更したものです。

ポーやスタンフォードなどのシダーウッド製のクランクベイトは
生産性を上げるためにプラサフ(と思う)による分厚いコートで
一気に下地を仕上げる製法で作られています。
これがダメというわけではなく、
もともとバルサより比重のあるシダーウッドを使っている理由を考えると
ある意味一挙両得的な製法でもあります。

もともとシダーウッドを使う理由としては、
キャスタビリティーをアップさせて、
さらに慣性をしっかり働かせて力強いアクションをさせるという
設計段階でのコンセプトがあるからです。
そして強度もバルサよりアップします。


IMG_9172.jpg


そうなる理由はもちろん比重が高い素材だからで、
バルサに分厚いコートをかけるともっさりしてしまうところを
シダーウッドならば元々のコンセプトに合致するので、
ウィークポイントにならないというわけです。



前置きが長くなってしまいましたが、
写真下のRC-1はその外皮を全て剥がして、
バルサクランクと同じ製法で薄めのコートで仕上げています。

バラストウエイトが入って、コートが軽くなり、
さらにリップをサーキットボードにしたらどうなるか…。
ある程度は予想できるのですが、
こうした実験はとてもワクワクするもので、
ついやってしまうのです。

予想通り、キビキビ感と安定感が増し、
引き抵抗がしっかりと感じられるクランクベイトになりました。
ただ、カバー回避時の挙動は「うーむ」という感じです。
オリジナルのリップにしたところで
これは好転しないだろうと思われます。

逆にオリジナルはどうかというと、
外皮が重いのとバラストウエイトが入っていない関係で、
かなりピーキーで、箱出しで使えるクランクベイトかというと、
かなり調整が必要になります。
かなりの数を使って、スイムテストしてみた結果、
入手したもののはずれ率が高かったせいかもしれませんが、
まともに動くのは10個に1個程度でした。

そもそもリップが真っ直ぐ付いてないものが多いというのもありますが、
元々安定感のない設計なので、少しのズレが致命的なものになります。


そして、RC-1のボディーデザインですが、
細い真っ直ぐなテールを持ったフラットサイドなデザインです。
カバータッチ時に安定感が保てるデザインではなく、
どちらかというと、小さめのサイズ感と相まって、
とにかくカバーでなんとかして強すぎないクランクを通したい
という思いを感じます。
対カバーへの武器は大きいコフィンリップのみという潔さ。

それにしてもバラストウエイトが入っていないというのは、
設計上致命的で、安定感がありません。
でも入れてみるとわかりますが、
ボディー容積が少ない上に比重そこそこのシダーウッドであり、
このスモールサイズです。
バラストウエイトを入れたら恐らくシンキングになります。
さらに言うとラトル入りのものはさらに比重が高くなるという…。


ということで、大量生産できる製法で、
そうしたスモールサイズのカバークランクを作ろうとなった時に
この設計のRC-1というクランクベイトが誕生した、
というのがいじくりまわしていると何となく理解できてきます。

バルサを使わなかったのは単純にポーだからなのか、
バルサ+バラストウエイトだとコストが合わなかったのか、
当時のタックルではバルサ製だとキャストしにくかったのか…。

それにしてもひとつのクランクベイトをこうしてじっくりと考察するのは
とても有意義で楽しいものです。



ところでなぜ私がポーのRC-1に執着しているのかというと、
理由は非常に単純で「形が好きだから」です。
見た目への愛ですw
愛嬌とか重要じゃないですか?
クランクベイト愛に溢れる方ならわかるはず ^ ^



このRC-1、バルサ製のレプリカやオリジナルボディを使ったリメイク版を
何かのイベントで少数販売しようかと思ってます。
チャリティー枠です。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

リドルと刺客とMB[八郎潟(秋田旅)動画その3] [動画]

ダラダラと釣行動画を2編アップしましたが、
どうでもいい度合いの強さに困惑している方も居ることでしょう。

そして、そのどうでもいい動画の最終章である
「秋田旅編」をアップしました。
冒頭はリドルとMBのクランクベイト解説となっておりますので、
どんなラインナップになっているのか、
いまいち整理されていない方はぜひご覧いただきたいです。

最後の方も「豪腕市川氏に挑戦!!腕相撲対決」など見所があります^^



それではどうぞ!







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

リドルと刺客とMB[八郎潟(秋田旅)動画その2] [動画]

ダラダラ日常系釣り動画(約50分)、
八郎潟編の後編(その2)です。

時間の経過でさらに壊れていく粟野氏、
近年の八郎潟の厳しさを分かってもらえる
内容になっていると思います。

それではどうぞ!







無駄に時間がある僕らの秋田の旅はまだ終わらない。
釣行翌日の模様も動画でまとめてますので、
その3もお楽しみに!!



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

リドルと刺客とMB[八郎潟(秋田旅)動画その1] [動画]

秋田県の八郎潟で秋の爽やかな空の下、
のんびりと語らいながらバス釣りをしよう。
そんな思いで企画された秋田旅。

誰のせいなのか、ピンポイントで台風に追われる形になってしまい、
丸2日間釣りができる日程のはずが、
安全に釣りができるのが1日のみということに…。

旅動画なので、かなり尺が長く、
今回は3〜4編に分けてアップしたいと思います。

まずは私とRiddle Bait distilleryの粟野氏が同船して
釣りをした初日の模様(の前編)をアップしました。
こちらも前回同様に「日常系」動画となっておりますので、
そのつもりでご覧いただければと思います。

動画内ではなんとなく分かるようにしてありますが、
当初、前回初登場したルアコ氏も一緒に行く予定でしたが、
諸事情で欠席となっており、後編でその辺の話題がちょっと出てきます。

とにかく、おっさん3人の旅はめっちゃ楽しくて、
また来年も行こうということになってます。
釣りの旅は本当に良いものです。

それではどうぞ!!






(その2は月曜日か火曜日のアップになります)


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

エドモンとルアコとMB [動画]

7月に予定されていた表題釣行。
台風接近によって中止になりましたが、9月に実現しました。
その模様を動画にてご覧ください!


今回は私はリアシートから三脚固定でカメラマン業務をしながらの
釣りになっているので、手前に写っているルアコ氏と
奥に写っている石名さんがメインキャストで
私は完全にモブ…とまでは行かなくとも写っていません。

マイクも前の二人に付けてますので、
私の声はヘッドフォンを付けてないと聞こえないレベルです。


尺が約1時間と長いので、
いつものように何かをしながら流しておくのがおすすめです。


ではどうぞ!!






次回はリドルの中の人&栃木からの刺客と行く八郎潟になります。
前編後編の2話になる予定です。



nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -