So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

エレキが壊れたので直してみた話 [ボート]

ペラが力なく回ったり止まったり…。
エレキ(モーターガイドTR82)が壊れました。
それもそのはず、2013年に購入してから一切メンテをしてませんので(^^;)

ささっと送って修理してもらおうと梱包して、
メールの返信を待っていても全然来ないし、
電話受付してないし、違うところにお願いするかと
某田島氏に相談したところ、

「エレキくらい直せるようにしといた方がいいよ」

と言われ、それもそうだと思いました。
どう考えても構造は単純だろうし、
パーツ購入も容易いという。

で、症状からSEモジュールが壊れたのだろうと
助言をもらい、バラすとまあ錆びてるわけですよ…。

IMG_9985.jpg

緑の樹脂がパラパラと崩れ落ちてきたけど、
見なかったことにしました。

ちなみにバラす時にブラシがスプリングに押されて引っ掛かって
抜けないので、タイラップなどで縛って外します。
入れる時も縛ります。


image4.jpeg
(新品を取り付ける際に撮った写真)


浸水してたら当然錆びるのですが、
中を観察するとどうも違う。
石名さん曰く「ヘッドから水気がシャフトを伝わって入るんだよ」
とのこと。真相は如何に?
ヘッドカバーは付けた方がいいのかな?


錆びたアーマーチュア(モーターの心臓パーツ)を
サンドペーパーなどでゴシゴシしてサビを落とし、
ハウジング(モーターのケース)内の汚れもゴシゴシして、
長年の汚れをざっと落としました。


アーマーチュア.jpg



で、アーマーチュアの後ろにあるブラシのユニットを
壊れてはいないんだけど、これを機に交換しちゃいました。

image2.jpeg


その後ろにある例のSEモジュール(3万円以上する…)を交換。

IMG_9991.jpg
IMG_0006.jpg

上の写真はグリスを拭き取った後で、
SEモジュール裏面とハウジング面には白い高粘度のグリスが
ベッタリと付いてます。


新しいSEモジュール。
image3.jpeg


SEモジュールの裏に塗るグリスは放熱シリコングリスという
普段使わないグリス。その名の通り放熱用で必須なものです。
パソコン用のものをアマゾンでポチ。


それ以外は普通のグリスで多分大丈夫です。

あとはパッキン類。

ハウジング前後のデカイOリングをそれぞれ交換して、
ペラ側から入れてハウジングをガッチャンコするスルーボルトの
シール用リング(青)×2と横にあるSEモジュールを固定するビスにつける
同じシール用リング(青)×2を交換。

さらにシャフトのところにつける
オイルシール×2個も交換して防水機能には万全を期す!


交換した古いのしか写真撮ってなかった…。

シールリング.jpg


今回新たに買った工具はこちら。

image1.jpeg

左のはペラを外すと現れるスルーボルト用で5/16ソケットです。
(アメモノなのでインチ…)
ただほぼ8mmなので8mmでもいけなくはないです。
スルーボルトはハウジングパーツ3つをガッチャンコするための
長ーいボルトです。


中央はスルーボルトの隣にあるビス用で
T25サイズのトルクスドライバー。
SEモジュールを裏からこのビスで固定してます。


右のはオイルシールを外す時に使うオイルシールプーラー。
ペラを外すと中央に白いパーツがあって、
それをパコっと外すと出てくるのがオイルシールで、2個入ってます。
これをテコの原理で外すのですが、専用工具があっても結構大変だった…。
2000円弱なり。

パーツの外側は硬く、中はゴムのみなので柔らかいのがオイルシール。
かなりきつく入っているので、
外側の硬いところに引っ掛けて引っ張る必要があります。

圧入時はグリスをたっぷり付けて
手持ちのセンチ規格のソケットでハウジングの穴の径に合うやつを当てて
ゴムハンマーでガンガン叩いて入れました。


他に使う工具はプラスドライバーくらいでしょうか。


放熱シリコングリス合わせて4,000円くらいかな?
これくらいの投資は全然OKです。
交換パーツ代は5万近く行きましたけど…。

これ、お店でやってもらうと結構高くつくやつかと思います。
構造は単純なので、臆せず自分で直しちゃっていいやつかなと思いました。
ケーブル、スイッチ関係のトラブルも
パーツが売ってることだし、自分でやるのが良い気がしてます。

エレキパーツはマッスルマリンさんで購入しました。
すぐに直して復活させたいとか、
修理費用を抑えたいとか、
エレキトラブルに強くなりたいという方は
ぜひトライしてみたら良いと思います。


修理したエレキはその後、丸1日使ってみましたが、
快調に動いてました。
鋼派もあることだし、いいタイミングで壊れてくれました!
次の釣行は新利根川かな?


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

脱兎の如く 新作クランク[DAT] [カタログ[Catalog]]

IMG_0008.jpg


私の4月の定番はMBXとSCRATとLeaferで、
風や雨などで状況が荒れれば荒れるほど強いクランクを使います。
昔は細かくバスの状況を分析したがりでしたが、
2、3月辺りならともかく4月になるとあらゆる状況のバスが混在していて、
ひとつの状況にフォーカスしていくと、
ドツボにハマりやすいなと。

クランクベイトに反応しにくい春バスはどういう状況かというと、
産卵モードが高まった状況(産卵直前)と
産卵後のお疲れモードの時で、
それ以外ならプリであれ、半プリであれ、回復系(これは主に5月以降)であれ、
産卵に関係ない小さいバスも含めてクランクベイトで攻略可能です。

当然晴天無風だとアレなのですが、
4月のクランキングはシンプルに考えるのが、
自分の性格にあっていると思ってます。
ちなみに今年の将監はGW辺りはクランクに反応悪かったです。
(産卵モードが高まったため)


で、DATの話なんですが、
今までの春のクランクの使い分けは以下の通りでした。

MBX→強風、嵐コンディションでデカイのをシャローカバー周りで狙う用
(デカイ半プリにも良い)
SCRAT→風などの状況を見てMBXから強さを落としたい時用
Leafer→水温低下やハイプレッシャー、風・雨などの荒れ要素が無い時


そこでひとつ問題があって、
私が行く濁り水フィールドのシャローを釣るにおいて、
Leaferがちょっと潜りすぎる問題がありました。

ロッドワークやリトリーブスピードで調整はしていても
ボトムへの過度な接触や無用なスタック、
調整することでの効率悪化などで、
ストレスがあったのです。


そこで、「4月に快適にクランキングできるクランクベイト」
というワクワクするような課題ができたわけです。
先述したような4月の色々な状態にあるバスを
深く考えずに手っ取り早く根こそぎ釣ってしまえるクランクベイト。

必要な性能は以下の通りです。


●着水点が30cm、ボートポジション1m未満というような
浅いエリアで使いやすい潜行レンジ

●春に有効なウィグル寄りなアクションと小粒なボディー

●その中に最大限のキャスタビリティと回避性能を持たせる

です。


色んな視点から試作をした中で、
「これだ!」と直感的に思ったのがこちら。


IMG_0009.jpg


クランクとミノーの中間的なイメージでデザインしたものです。
色々といじって行く中でこの形になったのですが、
後で「クラップシューター」と「シャローラビット」に
近いコンセプトだなと思った次第です。


IMG_0026.jpg


この時点でかなり完成形に近いものができてました。
Leafarより一段浅いレンジをハイレスポンス・ハイピッチな
ウィグルを伴ったアクションで泳ぐ素晴らしい素質を持っていました。
巻き心地も軽く、バス密度の薄い時期のシャローも
効率的にサーチできそうなクランクになるという確信がありました。

課題は2点ありました。
回避性能の向上と千鳥特性の克服です。

回避性能は潜行レンジと喧嘩する部分であり、
ボディーも大きく変更したくない中で、細かな調整が必要でした。
OKな部分をそのまま残しつつ回避性能だけをアップするという作業は
なかなか楽しい作業でした。



IMG_0010.jpg



そして最後に残ったのが千鳥特性を消す作業。

プロトの初期段階のものはこの特性を持ってて、
ある一定のスピードに達すると左右にブレるのです。
ランダムに揺れるのではなく、S字を描くイメージです。
これはこれで面白い特性なのですが、
派生モデルならまだしも、オリジナルにこの特性を持たせることの意味を
私は理解しているつもりで、まず安定生産が無理という問題があります。

そして、濁り水では使いにくい問題と、
そもそも効果的なのか?というと疑問符が浮かぶという…。
クリアウォーターならば効果的な時があると思うのですが、
やっぱり亜種的なものだというのが私的見解です。

ということで、各部を微調整して直進性能の高い方向へと
持って行き、MB的ラビット「脱兎ことDAT」がほぼ完成しました。



IMG_0011.jpg



今年の4月にがっつり検証する予定が
WOBBLING用ルアー製作で全く釣りに行けないのが明らかだったので、
早めに手を打っていました。


テスターさんスカウトです。


西日本からクリアウォーターや野池担当で
Kazuyaさんをスカウト。
濁り水担当で栃木からの刺客・市川さんを。
通うフィールドとクランク愛を鑑み、
間違いない2名にお願いしたのでした。


そして、私の思い描く釣れ方で釣ってもらったバスたちがこちらです。

IMG_0012.jpg

IMG_0013.jpg

IMG_0014.jpg

IMG_0015.jpg

IMG_0016.jpg

IMG_0017.jpg

IMG_0018.jpg

IMG_0019.jpg

IMG_0020.jpg

IMG_0021.jpg

IMG_0022.jpg

IMG_0023.jpg

IMG_0024.jpg

IMG_0025.jpg


プリから半プリ、アベレージや動き始めた1歳魚まで、
いい感じの食われっぷりで、製作者はご満悦です^^

お二人ともありがとうございました!



「DAT」の名前由来ですが、
最初はAprilから「AP」を冠した開発コードで進めていて、
新しい名前を考えていたのですが、
泳ぐ姿から逃げる小動物のように見えて、
開発が頓挫してた「脱兎」を思い出し、
「DAT」の名をこちらに譲ったのでした。


WOBBLINGを機に色々な方に巻いてもらったり、
説明したりとオープンにしたところ、
皆さんすごく反応してくれて、これは釣り人も釣れるぞとw
もともと小粒であり、軽い巻き心地でよく動くクランクなので、
関東では特に使い所が多いと思います。

ウィグルがかなり入るので、エビっぽくもあるので、
シュリンプカラーを入れたり、
春のサーチカラーとしてオールチャートとか、
カラーバリエーションも幅広い感じにしようと思っています。

まずは9月のWOBBLING福岡から、
9月のたまやオープンの協賛大会、
その後もしばらくは優先的に作っていくモデルになるかと思います。

そしてレンジ違いモデル(MR)も開発予定です。
お楽しみに~!



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

WOBBLING東京 [動画]

猿…いや、去る4月27日に無事開催となった
「平成最後のクランクベイトイベント WOBBLING」。

当日は朝から雨が降り、しかもめっちゃ寒いという
半ば想定されたようなシチュエーションの中、
大会出場者とスタッフ・出展者が朝から集合。

大会は上位は鋼派ばりのハイスコアで、
常連組の強さに膝がガクガクでした。

さらっと表彰式を終えると、
整理券配布からの怒涛の販売会スタートとなったのですが、
私はその前の大会中にスタッフ総出で
ルアーのフック付けからのパッケージングをやってもらって、
みんなのおかげで本当にギリギリ販売に漕ぎ着けたような有様でした。

スイムチェックもかなりの数を作った煽りを受け、
過酷なものになりました…。
冬支度でも寒い中、黙々とキャストを繰り返し、
大会中に一番キャストしたのは間違いなく私であったと確信しております。

とにかく!スタッフの方々、お手伝いありがとうございました!
m(_ _)m
またよろしくですw
(反省はあまりしてない…)


さて、当日はバタバタだったので、販売会がスタートしてからの
動画撮影がほとんどできずに、撮れ高があまりなかったのですが、
奇跡の音声が収録されてて、本当に良かったです。
ありがとう!粟野さんとヒグマ君!!

最後にBIG-Oのスイム動画があるのと、
次回告知があります^^


では動画をどうぞ!!






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

WOBBLING販売クランク [販売情報]

記念すべき「WOBBLING」第1回で販売するクランクを
紹介していきます。
クランクベイトの機能性に関しては「カタログ」カテゴリーにて
記事がありますので、そちらを参照くださいませ。

モデル多めなので多色展開できず、カラーが1~2色ということで、
使いやすい便利カラーや定番カラーが多いです。




まずはMBX。
こちらはリニューアルした新型になります。
いくつかは出回っていますが、まとまった数を販売するのは
このWOBBLINGが初となります。
基本特性はそのままに少しずつ
各性能パラメーターを上げた感じになってます。



カラーはこちら。




IMG_9837.jpg

右はブラックバックチャート。

ブラックバックチャートは黄色味のあるチャートにしてます。
それ以外は従来と変わらない配色とバランスで明滅感の強い定番カラーです。
初めての人もそうでない人も間違いないカラーです。


そしてと左はテーブルロック。

テーブルロックという定番カラー名を使ってしまいましたが、
こちらも同様に明滅感の強いカラーです。
ベースは白に見えるかもしれませんが、faded(色褪せた)チャートです。
お好みで選んでもらっても構わないと思います。



MBX MR。

MRは新発売です。
シャローのカバーを釣る際にはオリジナルのMBXの方が出番が多いのですが、
ちょっと深めのカバーにタッチさせたいとなると、MRの出番です。
MRと言っても高浮力なので、アングラーのさじ加減でレンジ操作は簡単です。
なので、シャローからちょい深まで便利に使えるのがMRという認識でお使いください。



IMG_9828.jpg


カラーは定番のブラックバックチャートのみとなります。








次はLeafer。
今回はオリジナルのLeaferです。
(直近のJFLCC東京ではLeafer THを販売)



カラーはこちら。


IMG_9830.jpg


ブルーギルなんですが、今回からこのパターンでブリーム系を塗ろうと思います。
何が違うかというと、シルバースケールが全体に入っているので、
フラッシング効果が期待できます。

IMG_9831.jpg
IMG_9832.jpg

以前塗った「パーチ」も同様な効果がある塗り方をしたのですが、
これがかなり使いやすかったので、採用した次第です。

一見地味だけど光る時は光るというブルーギルカラー。
割とオールマイティーに使える便利なカラーだと思います。



そしてキワモノなこちら。


IMG_9861.jpg



真っ白ブランクやんけー!






と思われるかもですが、







IMG_9862.jpg




ひっくり返ってます。
以前リドル粟野氏とBlackBellysという腹黒ユニットを組んで
コラボルアーを作ったことがあって、
イベントなのでちょっと遊んだカラーも塗ろうと
腹が黒ということでウンデッドものやるかと
180°カラーを塗ることになったわけです。
で、肝心の粟野氏は塗ってないという(笑)



このカラー、要はよくあるお腹向けて弱ってる魚を
自己満で演出してやろうって魂胆です。
そうするとお腹がダーク系になるので腹黒でしょ?というw

アイも下に入れてみました。
間抜けな顔のアグリーLeafer、いかがでしょうか。


IMG_9841.jpg




Leafer MR。

MRは新発売です。
ブレイク絡みのクランキングにすごく便利な1.5mダイバーです。
アクションはほぼそのままに深く潜るLeaferはいかがでしょうか。


IMG_9835.jpg



カラーは1色のみで、クリアからステインまで使えるGシャッドです。
このカラーだけで相当幅広くカバーできることからこのカラーに。





Leafer GS。



IMG_9842.jpg


こちらもLeafer同様に新ブルーギルカラー。
縦縞が現れたり消えたりする魚っぽいフラッシングがいい感じです。



そして2色目がこちら。


IMG_9846.jpg



セクシーシャッド。
これはLURETOCOFFEEブースで販売されるコラボカラーになります。
割とシンプルなカラーなので、爽やかブルーの調色にこだわりました。
実際は写真よりちょっと淡く見えるはず。
シャッド的に便利に使えるつぶしの効くカラー。
夏っぽくて爽やかなカラーなので塗ってて気分が良くなる色でした^^




Leafer GS MR


IMG_9840.jpg


こちらもLeafer MR同様に新発売です。
カラーもLeafer MRと同様な考えでGシャッドのみです。
Leafer MRよりさらに一段下を探れるのは元々の潜行深度だけではなく、
飛距離が稼げるから。
個人的にはフィールド規模や攻めたいレンジで
こちらをセレクトするシチュエーションは意外なほど多いです。




最後はSCRAT。


IMG_9839.jpg


右は定番ブラックバックチャート。
なんだかんだ言って一番使うカラーです。
MBXのローインパクト版という使い方が多いので
やっぱりこのカラーは必須なのです。



そして左がテーブルロック。

MBXと同じカラー展開です^^
ローインパクト版的使い方ならこっちの方が良いかも。
私的に使ってみたかったというのも大分あります。



そして、今回気まぐれとか実験とかで、
微妙に色を変えてみたり、こんな色面白そうとか、
そんなノリで塗ったカラーも結構あって、
正規品がもし無くなってしまったら、
それらを販売する感じにしようと思ってます。


IMG_9852.jpg


全体的にはいつもよりは多めに作ってます。
(特にMBXは)
WOBBLING開催は初回なのでまったく入場者数が読めず、
どんな感じになるのか本当に誰もわからないという…。

個数制限は設けたくないですが、
当日の状況を見て制限入れるかもしれません。
MBクランクを求めて来てくれる人全員に
届けたいという想いがあります。

WOBBLINGは何と言っても水辺が目の前にありますので、
実際に泳がせながら話ができるのが最大のメリットです。
ビルダーと、ロッド開発者と、友人と、
SNSで繋がっている同士と、東京のど真ん中の水辺で
存分にお楽しみいただければと思ってます。

そうそう、ステッカーとカッティングステッカーも
前回の余りがあるので持っていきます。
MBの商品は以上です。



最後にWOBBLINGアパレルですが、
当日、事前オーダー分と在庫分を持ち込み、
イベント後はオンラインショップで在庫分を販売するカタチとなります。
初回ということで大々的に展開したアパレルなので、
以後やるかどうか分かりません。

在庫分のみの売り切りですので欲しい方はお早めにどうぞ!!



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

WOBBLING告知動画 Vol .4[USクランク] [動画]

前回動画と同時に撮影した2本目になります。
こちらは当日販売用にマイク・テイラー氏に準備してもらった
USハンドメイドクランクを解説する動画になります。
数が膨大で紹介できたのはほんの一部ですので、
ぜひ当日現場でガサガサしてもらいたいです^^

今回は「テネシー系」「キャロライナ系」「オハイオ・ケンタッキー系」
という地域に分けてローカルベイトの特徴を
村中さんに語ってもらってます。
日本ではあまり話題に上らないような話ですので、
クランカーならばきっとお楽しみいただけるはず!

最後の方で当日のスケジュールも話してますので、
気になる方はチェックお願いします!

それではどうぞー!




明日は当日販売するMBクランクをご紹介します。
当たり前ですが、完成しておらず、(販売予定)という扱いになります…。
ギリギリ進行でやってますので、
当日の午前中は桟橋周りでMBスイムチェックショーが見れます^^


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -