So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

DigDawg[Catalog] [カタログ[Catalog]]

P1077500.JPG


DigDawg(ディグダグ)はカテゴライズするとカバークランクです。
Mirrorと同様にパラパラウィードエリアでも引ける
対ソフトカバークランクとして設計されています。

小粒でブリブリとウォブルするタイプで、
そのアクションとラウンドリップの抜けの良さと相まって、
柔らかいものとの相性が良いクランクベイトになります。

同じソフトカバー向けで設計されたサブサーフェスレンジのMirrorに対して、
DigDawgはご覧の通り、長めのリップが付いているので
スイムレンジは~1.5mくらいになります。


P1077502.JPG
(現在はサーキットボードリップが標準)


シャローで使う場合はボトムノックすることも多く、
低地の沼にありがちな柔らかめなボトムでもアクションし続ける性能も持ってます。
11~12月の落ち葉の多い季節では落ち葉を拾いにくい特性が生きます。
他のクランクよりも明らかにストレスなくクランキングが可能です。

簡単に言うと、ウィード系カバーや泥底と相性の良いクランクがDigDawgなのです。
ただ、小粒でよく動くので、Mirrorよりは潰しが利く特化型クランクと言えます。
カバークランクのSCRATは硬めのカバー向きですが、
柔らかめも割といけるタイプなので
同じカバークランクでも出しどころが違ってくるわけです。

また、DigDawgは高浮力ではなく、
アクション(ウォブル)の強さとリップでカバー回避するカバークランクです。
リップの長さは泥底のボトムでも生きますが、
逆に硬いものに対しては反動が強くなるので、ラウンドリップなのもあって、
リップラップでは回避時に横泳ぎしてしまう場面も多くなります。


P1077505.JPG


Mirrorほど特殊用途ではないですが、
SCRATと比べて出番は多くないタイプ。
小型でサーキットボードリップのよく動くタイニークランクであるDigDawgは
やや深く潜るタイニークランクとして使ってみるのも面白いクランクベイトです。


P1077503.JPG


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Mirror[Catalog] [カタログ[Catalog]]

P1077493.JPG


Mirror(ミラー)は銀幕レンジを泳ぐサブサーフェスクランク。
ゆえに開発中からMirrorと呼ばれていたクランクで、
その後そのまま正式名称になりました。

通常巻きで30cm前後潜り、
ウィードが繁茂するエリアでちょっとした上澄みを引ける、
ウィードに絡みにくいクランクです。
汎用性の高いLeaferとは真逆なニッチな用途に特化したクランクと言えます。


通常、サーフェスクランクやサブサーフェスクランクは
ハイアピールタイプが多いのですが、Mirrorは細身ボディーで、
ブリブリというよりは、クネクネしたアクション。
ただアクションが弱いわけでもないので、
関東のステイン系の水域でも使えるクランクでもあります。

低地のシャローフラットレイクに良くある数十センチの浅いエリアで、
バズベイトしか投げれないような水深でも使えるので、
バスが水面を割ってくれない時にクランクを巻くというのも良いと思います。


P1077494.JPG
P1077496.JPG


リップは特殊な形状をしてます。
細身の軽いボディとこの空気抵抗の大きそうなリップで、
キャスタビリティーがイマイチなのでは?と思われるかもしれませんが、
テール部にウエイトを追加することで、
回転することなくキャスト可能です。


P1077497.JPG


そして、この設計によってアクションもうまくまとまったという、
まさに一石二鳥なウエイトバランスになってます。

当初はあまり期待していなかったカバー回避性能も
うまくフロントフックをカバーしてくれるので、かなり高性能です。
一番重宝するのは横たわって水面に浮いている枯れ葦があるようなバンクを流す時。
軽やかに枯れ葦を回避してすぐに泳ぎを再開します。

水に張り付かないタイプのリップで、
(ディープダイバーによくある水面からなかなか出てこないタイプの対極)
リップが立っていて、リップからノーズに引っかかりがなく、
軽量なボディであることによる恩恵です。
ロッドワークで水面から飛び出させやすいので、
意図的に水面のカバーを飛び越えさせることも可能です。
普通のクランクは勢いで潜ってしまうところです。


P1077499.JPG


元々はパラパラと生えているウィードやウィードクズを
なるべく拾わないようにデザインされたものでしたが、
そうしたソフトカバーからウッド系カバー、浮遊物系にも強い
細身ボディからは想像できない高性能カバークランクの一面もあります。

ただ、潜行レンジ的に汎用性があるクランクではなく、
事実タックルボックスで待機している時間が長いです。
Mirrorはとりあえず投げてみるといった使い方はされないクランクですが、
そうしたシチュエーションに遭遇した時にはめっぽう強く、
替えが効かないクランクと言えます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Leafer GS[Catalog] [カタログ[Catalog]]

P1077483.JPG

global standard の頭文字を取ってGS。
Leafer GS(リーファージーエス)は一言で言えば大きいLeaferです。

12gあるので、キャスタビリティーが高く、
アクションのキレもオリジナル譲りなので、
オリジナルLeaferとの使い分けがおすすめです。

ベースはLeaferというよりも、
Lefaerのレスポンスアップボディーを狙った
Leafer THのサイズアップ版というのが正しく、
大きくなってもキレッキレなレスポンスをキープしているのが特徴です。


P1077486.JPG


リップは、パタパタと明滅するアクションとライトカバーにマッチした
抜けの良いラウンド形状を踏襲。

P1077485.JPG


潜行レンジはオリジナルLeaferよりも大きい分潜りますが、
主戦場はシャローです。
ボートポジションの水深が1mくらいだとバンク流しの使い方で
ちょっとボトムに当たり過ぎる場面が多くなるので、
ちょっと沖目にボートポジションを移して、
ブレイクも含めサーチするような使い方になります。
飛距離も出るので、余計そんな使い方が多くなります。

フィールド的にはビッグレイクやビッグリバーで
ぶん投げてサーチするような釣りにグッド。
THIN(薄い)ボディはカバーがプアなエリアでもマッチするので、
大きめなラウンドクランクを使うよりはGSを使いたくなります。

もっとバンク寄りでカバーにタイトに使うならば、
ラウンドボディのカバークランクであるMBXやSCRATを使いますが、
もっと広範囲をサーチするような使い方なら断然GSです。

SRモデルだけでなくMRも使うことによって、
利根川などの広大なフィールドでの使い勝手はピカイチ。
シルエットはそこそこ大きいですが、薄いのでそこまでボリューミーではなく、
フラットサイドクランクならではの食わせやすさはしっかり残っています。

マブナやブルーギルイメージで使うのにも
ちょうど良いサイズ感・ボリューム感なので、
シャッド系カラーをメインに使うことが多いクランクベイトです。


オリジナル同様に2~2.5mダイバーのMRモデルも存在し、さらに3mダイバーのDRもテスト中です。


P1077491.JPG

IMG_9240.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

SCRAT[Catalog] [カタログ[Catalog]]

P1077473.JPG


SCRAT(スクラット)は一言で言えばレギュラーサイズのカバークランクです。
開発の流れとしては、ザ・カバークランクであるMBXがベースとしてあって、
そこからサイズ感をレギュラーサイズに落として、
汎用性を高めたボディ・リップデザインにしたクランクです。

ボディはやや細身にして、ボリューム感を落とし、
浮力もMBXのような高浮力でななく、
カバークランクとしての最低限程度にしてあります。
RTO1.5と浮力を比べると、RTO1.5より少し浮力が高い程度の浮力です。


P1077476.JPG


リップはより幅広いカバーに対応させるべく、
コフィン形状(ポリカ製)を採用。
ハードカバー対応はもちろん、回避時にクランクが安易に倒れることがなく、
泥底でも引っ掛かり感が少ないバランスにしてあります。


P1077477.JPG


一見何も無さそうなプアなエリアだけど、
意外に沈み物があるようなフィールドやリップラップストレッチで
重宝する仕様のクランクベイト。

さらにMBXを使いたくなるようなウッドカバーにももちろん高次元で対応します。
MBXはハードカバーに特化したカバークランクですが、
SCRATは程よいサイズ感が扱いやすく、
もっと幅広く使えるカバークランクになってます。
MBX程に高揚感(イケイケ感)は無いですが、
カバークランクとしての性能はピカイチです。

MRもあります(開発中)。

P1077479.JPG



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

MBX[Catalog] [カタログ[Catalog]]

P1077321.JPG

MBのエクストリームクランクが「MBX(えむびーえっくす)」。
とにかく硬いカバーの回避性能に重きを置いた「ザ・カバークランク」です。
元になったクランクベイトはレギュラーサイズの
とあるプロトカバークランクでした。


IMG_6572-95244.JPG


その中で高浮力に調整したひとつのプロトタイプが
素晴らしいカバー回避性能を見せたところに着目していたタイミングで、
次の運命の出会いを迎えます。


IMG_6578-07a37.JPG


佐藤義和さんからいただいたバグリーのB2が
他の個体とは別ものの性能を見せたのでした。
ここで「本物のカバークランク」を体験した私が、
元々のプロトタイプをベースに
このB2を超えるべく再設計したものがMBXです。

ウッドカバーなど、硬いカバーを釣るためのクランクベイトの最終着地点はどこなのか…。
先人達はほぼそこに到達しているということに感銘を受けつつ、
自分にとっての最適化とその特性のど真ん中を射る設計と、
安定してその特性を再現しつづけられる(バラつきをなくす)ことを目指しました。


P1077319.JPG


そもそもこの手のカバークランクに必要な性能は何なのか…
というのを整理すると以下のようになります。

(1)ストレスなく直線的にカバー群をトレース可能なカバータッチ時の安定性能
(2)強風下でも際どいピンポイントやカバーのその奥に自信をもってキャストできる抜群のキャスタビリティー


これを細分化してMBXのディティールに落としていくとこのようになります。

(1)に関しては3つの特性に分類されます。「適度な高浮力」「ハイピッチなワイドウォブル」「1.5mm厚のポリカーボネイト製スクエアリップ」の3つです。
これらが合わさってカバー群を直線的に引けるMBXを実現しています。

(2)に関してはハーフオンスという扱いやすいウエイトと63mmというやや大きめのサイズ感に設定しました。大きめのバスを狙いたいというのもあります。


P1077320.JPG


ボディー設計は持論によるカバークランク設計を施し、
上記の設計要項を盛り込みました。

「適度な高浮力」が必要な理由は、
回避時に瞬間的に浮力により上に引っ張られることで、
カバーに深く刺さらない、左右にぶれないから。
「ハイピッチなワイドウォブル」が必要な理由は、
濁り水での使用が前提なのとカバータッチ後の姿勢回復速度が早くなるから。

カバー回避においてはハイピッチとローピッチでは水の抜けている時間が短い
ハイピッチ特性が圧倒的に有利です。
また力強いワイドウォブルは「ポリカーボネイト製スクエアリップ」と合わさって、
カバーに沿わない回避が可能になります。
つまりはスクエアリップの角の点で強く接触することでボディが
横になりにくいということです。

また、当時バルサ製クランクの主流だったサーキットボードではなく、
厚みのあるポリカーボネイトを使うことに大きな意味がありました。
削れにくいというのはもちろんあるのですが、
薄いサーキットボードは硬いカバーとの相性が良くなかったのです。
薄いが故にカバーに突き刺さりやすく、引っ掛かり感があるのです。
テトラでも顕著に違いが出ます。
サーキットボードリップは引っ掛かった反動で
ルアーの挙動が乱れてストレスになります。

サーキットボードリップはアクションのキレが出て、感度が上がるのですが、
用途によってポリカと使い分けをすることが重要なのです。

ちなみにMBクランクはリップの種類(形状)でアクションの強弱調整はしません。
リップのタイプはあくまでもどんなカバーに対して使うのか…
どんなタイプのクランクベイトに適用するのか…により決定されます。


P1077330.JPG


MBXを設計するに当たって、使い勝手を良くするために
フォーカスした点が以下の2点です。

「高浮力過ぎない高浮力で設計」
「浅過ぎない潜行深度で設計」

「高浮力過ぎない高浮力で設計」については
他のクランクベイトよりも圧倒的に高浮力なんだけど
アングラーに調整の余地を残した高浮力に調整しました。
「浅過ぎない潜行深度で設計」は浮力とも関係しますが、
こちらもアングラーの意図によってはある程度の潜行深度を稼げるようにしました。


P1077323.JPG


長く書き過ぎた感がありますが、使ってみれば分かるその特性は、

「そこにカバーが存在しないがごとく軽快に回避して泳ぎ続けるクランク」

際どいキャストからの激しく速い明滅と至高の巻き感、回避、レンジ調整、リニア感
などで無敵感を堪能できるクランクベイトがMBXです。

一番おすすめの使い方は、「4月の荒れたコンディション時に使い倒す」です。
ほとんどのバスがシャローに居て、特に大型のバス密度が一番高い時期なので、
シャローのカバーを釣るクランクとして非常に有効になります。
大型の半プリも良く釣れます。

アフターを経て、回復し出した時期(5月・6月)も
まだシャローに居ることが多いので、そこでも有効になります。
ちょっと沖目のカバーも含め、狙ってみると面白いです。



MBXはMRやDRも存在していて、順次リリースして行きます。

P1077326.JPG
(写真はDRのプロト)

nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -