So-net無料ブログ作成
検索選択
釣行記 ブログトップ
前の5件 | -

夏日の将監川とワームの釣り [釣行記]

日が伸びてきているからお昼出船なんだぜ。
別に寝坊じゃないんだぜ。

ということで、めっちゃ暑かった日曜日に
いつもの長門川スロープから出船して、将監川へ。
これから帰るであろうボートとすれ違うと
ちょっと恥ずかしい…。


IMG_4458.JPG



そして、このタイミングで「釣れましたか?」
と聞かれるともう最悪なのです。

例えば「あ、今釣り始めたばかりなんですよ〜」という返しだと
「マジか…おっそ…」と思われる恥ずかしさがあり、
例えば「あ、まだ釣れてません…」という返しだと
「マジか…下手クソ…」と思われる恥ずかしさがあり、
もうどうにもこうにも返しようがないわけです。


どうかそっとしておいて頂きたいわけです。




さて、釣りです。
いつもは浴槽でクランクベイトを泳がせて研究しているのですが、
最近はワームの研究に勤しんでおります。
改めてそのアクションを見ると、まあ釣れますよねこれは。


で、気になったのが「スワンプクローラー」
という超定番ワーム。
河口湖に行ってた頃は随分使ったものです。
こちらは通りがかりに寄った黄色いお店で、
見かけて買ったもの。




IMG_4470.jpg


レインズのスワンプJr.。
なぜゆるキャラが印刷されているんだぜ。


スワンプの良いところはいっぱい入ってて、
安くてどこにでも売っていること。
そして釣れる(^^)



今回はこれをダウンショットでリグって、
使ってみようと思ったわけです。
まだ回復しきっていないこの時期にピッタリかなと。



シンカーは極小のガン玉で、
これまた河口湖時代に常用してたもの。



とにかくリグをなるべく軽くして、
スワンプもワッキー掛けして、
フォールで食わすイメージのダウンショットです。
2段階のフォールスピードを使えるように
リーダーはある程度確保する感じでやりました。




ガン玉のウエイトで沈む第一段階と、
ガン玉着底後のスローな自発クネクネアクションフォールの
2段階という意味です。
浴槽実験ではこれはもう釣れたも同然という感触でした。




結構なボートが出ている中釣りをしていると、
思いのほか釣れてない感じ?
軽くバズベイトで流してダウンショットにチェンジして、
暑くてダレてきた頃にラインが走る。






一本目。




IMG_4461.jpg




回復してきた感じがするキレイな体。
30前半のアベレージ。
沖まで伸びて水面に浸かっているオーバーハングでの
フォール放置で食った模様。





それにしても柳の綿がうざい…。




IMG_4459.JPG





バズで釣りたいのでバズで流していると、
結び目の所に綿が溜まっていく…。



バズではスカートを引き込んだワンバイトだけで終了。
綿だらけでも使える数少ないハードルアーがバズかと。
もう少ししたら元気に食って来るはずです。






またダウンショットにチェンジして、
個人的に回遊してくるバスが立ち寄る場所と思っているところで、
フォール・放置プレイしていると、ロッドに重みが。




アフター回復系らしい強い引きで楽しませてくれた
42、3のグッドファイター。
こちらも回復系の細いけどキレイな魚体。








IMG_4468.jpg






ガン玉はこの位置でこの大きさ。
ちっさ!



IMG_4468_2.jpg




スワンプはこの釣りに良いですね!
ワッキーでリーダーそこそこ長いダウンショットということで、
カバー回りには向いてないのですが、
この時期は私的にはちょい沖がメインなので、
なんとか使えます。
この魚もカバーから1mくらい沖に落として放置という感じ。
(放置後は回収)
めっちゃスロー(^^;)


こんな状況の中カバーの奥に入れるとどうかというと、
小さいバスが釣れました。
あとギルっぽいバイトが多発…。
そういうポジションな時期なのかな?


その後、期待の夕マズメにクランクを巻きましたが、
反応無しで終了。
でもスワンプの釣りは楽しかったです。




前回爆発したピックルワームも少し使ったのですが、
奥担当だったので、ギルにボロボロにされて終わり…。

そこで気が付いたのは、ゲーリーマテリアルって
使ってるとウエイトが軽くなるということ。
塩が溶け出してしまうのだと思いますが、
新しくすると良く飛ぶんですよね。

帰って測ってみると、交換時期かな〜というところまで使うと
約5%ウエイトが軽くなるという感じでした。
この塩が溶け出すというのがゲーリーマテリアルの釣れる秘密だとしたら
ちゃんと交換しながら使うことが重要だと思われます。
特にスローな使い方ならなおさら。

なんとなくそうかなと思ってたんですが、
はっきりした感じです。

スワンプはどうかというと、
使い古しと新品はほぼ変わらずでした。
交換時期は張りがなくなったらという感じ。


ワーム考察、ちょっと楽しくなってきました。


でも今週末から鋼派モードなので、
またハードルアー主体の釣りに戻ります(^^)




GWの釣り [釣行記]

GW5月の部も良い天気で気持ちいい日が続きました。
日中は暑いくらいで、今年の夏は大丈夫か?と思ったくらい。
釣りの方は2日間行ったんですが、
暑くてダレるというのを久しぶりに体感して、
これからあっという間に梅雨が来て、
あっという間にサマーシーズンに突入するんだな~
というのを想像しながら釣りをしておりました。


まずは4日、友人との釣り。
14日にNFBCの試合が印旛沼であるので、
プラというより下見のつもりでめっちゃ久しぶりに
印旛沼に行ってみました。

水温は20℃弱で増水中ということで、
完全にワーム寄りなコンディションということを確認して、
早々と引き上げ、お昼頃には将監川に浮いていました(^^;)

ココもスポーンの進行具合は多分そんなに変わらないのですが、
釣りの幅が広くて魚影も濃い将監川で
初夏の休日をエンジョイしようという魂胆でした。
試合は辛い状況でもメンタル状態が違うので、
別にいいんですけど、エンジョイフィッシングは
少しでも良い状況で釣りがしたいというわけです。

友人はダウンショットで40UPのプリを含め、
数匹の将監バスと初対峙。
私はクランクで無理矢理2本…。
やはりこの時期のクランクは無理矢理感があります(^^;)
途中、ワームの釣りの感覚を取り戻すべく、
色々とやってみるもバラしたりで、イマイチ噛み合ず(笑)


農園カップも含め、今年はワームを使える試合に参加するのと、
ハードルアー主体の釣りの中のフォローとして
ワームを使えるとラクなので、ちょっと本気で取り組もうと
この日決心したのでした。


そしてワーム用の小物を揃えて
再び将監入りしたのが、6日の12時過ぎ。
いつものように重役出勤です。


今日は巻かないぞ!と堅く決心して、スピニングロッドを握る。
まずはレッグワームのダウンショットでスタート。
超久しぶりのスピニングなのとカバーに絡み易いダウンショットということで、
かなり苦戦しつつ忍耐の時間を過ごしていると、
アタリの出方で何となく傾向が掴めてきました。





産卵に関係ないような小さいのをまず釣り、
2本目で少しサイズアップ。










IMG_4376.jpg



久しぶりのワームフィッシュでありスピニングフィッシュで、
昔を思い出しました(笑)


見ての通りアフターなので、
ルアーを動かすと食わない。
いかにフワフワさせて横に移動させないか…
というのがこの時期のセオリー。
ダウンショットでも動かし過ぎるとアタリもないという感じでした。
晴天というのもあると思いますが。

いい加減ストレスマックスになったので、
グラスロッドを握ってクランキングするも、
普通の巻きではやっぱり食わない。
そういう時期なんです、やっぱり。

いかん!今日はワーム縛りでやると決めたのを思い出し、
再びスピニングロッドを握る。




何でベイトでワームをやらないのかというと、
ベイトフィネス系ロッドを持ってないのというのと、
フワフワ系はスピニングに一任してたから。






傾向は分かったのでフワフワ系の横移動しないルアーの代表、
ノーシンカーワームにチェンジ。
兼ねてから可能性を感じていたピックルワームをセット。









ここから怒濤の40UPラッシュが始まりました。
恐るべしノーシンカー、恐るべしピックルワーム。














IMG_4378.JPG




IMG_4384.jpg




IMG_4393.jpg



10投もしないうちに4ヒット、3キャッチ。
全部40UPで最大は真ん中の写真の48cm。



本当にセオリー通りの展開で面白かったです。
アフター、半プリみたいな魚が付いていそうなところで、
ほぼ100%の確立でそんな状態の40UPが釣れるという
関東ではあまり無い展開でした。

条件の良いエリアの沖寄りのウッドカバーに浮いている魚を
ピックルワームのゲーリーマテリアルとしては
ゆっくりとしたフォールで食わすという感じ。




IMG_4395.JPG




やや扁平なシェイプでボディーがくびれているので、
テールがユラユラ揺れながら速すぎないフォールをして
とっても生々しい。
今回はオフセットフックを使いましたが、
ワッキー掛けのノーシンカーだと、さらに生々しい感じになります。
(後日色々と実験してみた)

ではこれがスワンプのワッキーノーシンカーにすると
どうだったかというと、軽くて投げにくく、
フォールも遅過ぎてやり切れないのです。
この微妙な差が釣果の差となってくるのが釣りの面白いところです。
スワンプには何かしらのシンカーを使ってリグるのが良いですね。


という感じで最後にいい釣りをして、
もっと早く気付けばもっと釣れたのに〜と思いつつ、
気を良くして帰りました(^^)






夕景がキレイ。


IMG_4402.JPG


再び将監川へ [釣行記]

週末は寒くはなるけど雨が降るということで、
行くしかないでしょと気合いを入れて、昼過ぎから出船。
なぜ気合いが入っているのに昼過ぎからなのかというと、
色々と疲れているからです(^^;)
ゆっくりスタートすることによって、良いこともあります。


●釣りの最中に眠くならない。
●帰りも眠くならない。
●スロープでのんびりと準備できる。
●午後はどんどんプレシャーが減少していく。
(釣り人が減っていく)
●5〜6時間なのでずっと集中できる。


朝のスロープ・桟橋のザワザワ感が
嫌いなんですよね、何だか…。



さて、今回はカルコンBFSともっと向き合いつつ、
ルアーのスイムテストもしながら初バスを釣るというのが目的。
前回釣れなかったのは難しいところにバスが浮いてたからでは?
などと思っていて、また同じような状況なら別のアプローチをと
作戦を練っていました。

でも雨ということで、もう完全にハードベイトの巻きで行けると、
またグラスメインのタックルです。(いつもだけど)



IMG_4178.JPG



お昼過ぎでこのローライト具合。







春はどこに上がってくるかということを
シンプルに考えて行けば良いので、場所は絞り易くて、
そう言う意味では簡単です。
タイミングが難しいだけで…。





エリアもほとんど移動せずに風に流されながら釣ることが多い
春の将監川はバッテリーの消費はほとんどなく、静かな釣りです。







そういう春のエリアの中のコンタクトポイントで
mito1を水深1m前後のボトム付近をスローに泳がせて、
たまにボトムの木の枝の残骸に触れるという、去年と同じような巻き方。


グーッと重くなるようなところからの気持ちの良いスイープフッキングで、
久しぶりのバスの生命感を感じて春を実感しました。




初バス、頂きました。








IMG_4183.jpg



皮一枚で危なかったです。
低水温期はグラスが一番活躍する時期。




IMG_4186.jpg




42くらいの上がってきたばっかりと思われるバス。




IMG_4187.JPG




カルコンBFS、段々と体に馴染んできましたよ(^^)
この釣りはハイフロートで潜り過ぎないmito1が使いやすいです。
次回販売のmito1はこの仕様です。はい、宣伝です(笑)







水温は12℃でずっと変わらず。




IMG_4200.JPG






雨がまた強くなってきて、日没まであと30分という感じになったので、
イケイケバスが食うんじゃないかと、
ブラックバックチャートのS58-SRにして、
巻きもハイシーズンの巻きスピードまでアップ。




割とカバーが多いコンタクトポイントで、カバーに当てて行くと、
良い感じでかわしてくれます。
自画自賛ですが、S58は使い易いです。







で、イケイケで巻いていると
元気の良いバイトでこの子をゲットー(^o^)/










IMG_4189.jpg





さっきのよりちょっと進んでいる感じがする
コンディションの良い春バスでした。(40くらい)




IMG_4196.JPG




TD-Sの初バス。
この6ftのグラスロッドは想像以上に使い易くて、
またこの辺は記事にしようと思います。





狙ったところで狙った釣り方で釣るのはやっぱり楽しいです。
春のクランキング、皆さんも楽しんでくださいませ!





初釣りの義 [釣行記]

気晴らしが必要といそいそと準備して、
きっと何か忘れ物をしているはずと思いながら、
将監川を目指しました。

そして、いつものお昼出船にて
ようやく湖上(川上?)の人となりました。
忘れ物もなし!

IMG_4151.JPG



私はこの日が今年の初釣りなので、
「初釣りの義」を滞り無く行わなければなりません。
皆さん、ちゃんとやってますか?

一応やり方をご説明しましょう。




まずは、言われなくてもやっているかもしれない
最初にやる大事な儀式。


 第一投目であえて力んで大バックラッシュ。
 (新しいラインなら尚良し)


必ずやってください。



続きまして、オフシーズン中に丹誠込めてカスタムした
「サイレント・ログSP」を


 川底に沈んでいるご神木に奉納。


今年も(こそ)良い釣りができますようにと震えながら
神様にお願いします。


以上が「初釣りの義」でございます。
初釣りがまだの方はぜひ参考にしてください!






この日は水温14℃前後でめっちゃ暖かい日。
釣れないわけがない。

でもアタリすらない。

ほぼクランク、ほぼグラスロッドにて
いつものように巻いてます。


IMG_4160.jpg




何だか水がちょっと悪いような気がしてくる。
自然と「何か」にせいにしたくなる。
人は自分のせいにするのは最後の最後。
まずは「何か(誰か)」のせいにする生き物です。


何人かのアングラーと話した結果、
 「水が流れてない」
 「風も大して吹いてない」
 「天気が良過ぎる」
ということで心を落ち着けることにして、


ついでに
 「3連休の最終日」
という要素も追加してみました。


これで良いのではないでしょうか。
心は落ち着きました。




ということで残念ながら釣れなかったわけです(^^;)
というか釣れてた人と会わなかったです。
この時期によくあることです。






でもルアーのテストとかは捗ったので、まあ良しとしまして、
さらにあの話題の新作リール「カルカッタコンクエストBFS」を
初投入してきましたので、
次回はそのインプレッションでもしてみたいと思います。


お楽しみに!





ディープクランクの季節 [釣行記]

天気の良かった週末は久しぶりに釣りへ。
友人の村中氏と某河川GOとなりました。

本当はTOPでのんびりしたいところでしたが、
水温は17〜18℃で、シャローに生命感が無く、
早い段階でレンジはディープへ移行しました。




ブレイク付近にて。


IMG_2914.jpg



きれいなグッドコンディション。
(40くらい)


ルアーはショットオーバー5。
割と愛用しているディープクランクです。


その後も二人でポツポツと釣れるも
これより大きいのはなし。


IMG_2922.jpg



レンジがやや浅ければMBの試作ディープクランクに変えたりして
そこそこ楽しめました。

秋は巻きものが活躍する時期。
あとはベイトを探したりしながら、
バスの居るレンジに合わせるという感じで、
簡単に考えた方がアジャストは早いと思います。


ディープクランク、ボートアングラーならば
どんどん投入して秋のクランキングを楽しんでください(^^)/




前の5件 | - 釣行記 ブログトップ