So-net無料ブログ作成
ルアー雑記 ブログトップ
前の5件 | -

ダヴィンチ/ELEMENTS [ルアー雑記]

ELEMENTSの久家さんと永田さんにお会いしたのは
今夏に内々で催された池袋の10minutesでの店内宴会?でのこと。
(一応閉店後です)



image1.JPG




色々と規格外のお店ではあります、10min…(笑)
釣り具だけでなく、釣りに関する面白いグッズも扱っているので、
私的にはそっちに食いついてしまい、
予定外の買い物をして帰るショップです。


ELEMENTSのお二人は、とにかく意識が高くて、
エネルギッシュに行動するすごい人たちでした(^^)
一言で言うならば「ま、眩しい…」です。
我ながら自分はアンダーグラウンドなヤツだなと(^^;)


で、この時にご本人から色々とお話を聞かせていただき、
ダヴィンチの発売を楽しみにしていたのでした。









先日入手したダヴィンチがこちら。






image10.JPG







私の行動範囲的には濁り気味なフィールドが多いので
チャートバックとブラックの2色をセレクト。
ブラックはチャートバック…というかチャートラインバックにしたい。
ベリーもちょっとだけパール吹くと思います。

ELEMENTSテスター(徳長君)も在籍する10min。
使い方とか色々聞いて、出し所を色々と考えておりました。
季節的にはバスもディープに落ち始める頃なので、
これからは巻きでそこそこ潜行するというバイブレーションモードで
浮力調整しながら使う感じになると思います。

それにしても、この新たなデザインは興味深くて
こう改造したらどうなるんだろう?とか
ついついビルダー目線で考えてしまいます。



(注:今回の記事内容は私の戯れ言です)



フロント側のボディ内に透けて見えるこのウエイトセッティング。



image7.JPG



ご覧の通り、ウエイトがフロント寄りなのでフロントヘビー気味なのが
ダヴィンチの特徴のひとつで、これによりノーマルスイムモードと
バイブレーションモードの2モードでの使用が可能になってます。







ナイフのような曲線を描く下向きのテールラインは
水を受けナチュラルなロールアクションを産む一翼を担っているはず。
ミノーでもよくやるラインで、私も好んで使ってます(^^)




image8.JPG





ロールのアクションを左右の振りのアクションに変換できる
このデザインはリップ付きでも躍動感が出るので、
ダヴィンチがリップ付きになったらどうなるのか
とても興味があります。

テールが先端までABSではない理由は破損防止と
素材の比重の変化などで微妙なアクション調整の意味があるのでしょう。
簡単に別カラーなどに交換が可能とのことです。


斜めジョイントですが、
「大きく動いているのに小さく動く」
というところがミソなのでは?と思ってます。
それなりの角度まで可動領域がありつつも、
実際はそれほど派手に動いているように見えないという。




ジョイント軸で撮ったこの角度と…




image1.JPG




真上から撮ったこの角度の違いです。




image3.JPG




両者にかなり差があります。
どちらも限界角度まで曲がっている状態です。
撮ってる角度を変えただけ。
曲がるというより半捻れする斜めジョイントは
より生物的な感じがしますね。


なめらかで生き物的なアクションの秘密がこれかなと。
考えつきそうで考えつかないこの斜めジョイント、
ビルダーとしては、してやられた感があります(^^;)





バイブレーションモードでは
先端にウエイトを装着することでノーマルよりも安定します。
この追加ウエイトの重さでシンクレートを調整できるので、
簡単にお好みのシンキングダヴィンチが作れます。
私は手持ちのタングステンシンカーを使ってみました。



image9.JPG



バイブレーションを設計したことがある人はわかると思いますが、
バイブレーションはバラストウエイトの位置がクランクベイトに比べて
かなり前寄りになります。
中央寄りだとルアーの前後があやふやになり、
特に巻き始めの姿勢が安定しなくなります。



元々前下がりバランスのダヴィンチは
バイブレーションモードだとさらに前下がりになり、
潜行深度が増し、斜め姿勢のおかげか意外な程に根掛かりしません。
長時間使ったわけではないですが、
将監川でウエイト追加ありなし(フローティング/シンキング)
どちらも致命的なスタックはなしでした。
ボトムクローラーとしての性能も非常に優秀です。

リザーバーのディープでビッグベイトとか面白そうなので
やってみたい気持ちはあります。
ただ、根掛かり回収棒が届かない深度で
まあまあ高価なダヴィンチを泳がせられるかは、
ちょっと微妙なところで、とりあえずは2.5mまでの水深で
使ってみたいと思ってます。
やっぱりディープはスナッグレス性能の高い
ソフトタイプのビッグベイト(スイムベイト)が良いかな?



先端アイに結ぶノーマルモードでは
先述の斜めジョイントの効果か、
今までにないナチュラルな泳ぎを見せます。
その変わりトリッキーなアクションは苦手で
ステディーなリトリーブでの使用が基本になるかと思います。
そういう意味ではやっぱりクリアウォーターで使いたいモード。


勇気がいりますが、内部ウエイトをいじって、
トリッキーアクション対応設計にしたら面白いかもしれません。
それが可能かどうかはわかりませんが、
濁り水で使う際はそういうアクションで
ネチネチ誘うダヴィンチが欲しくなります。
特に濁り水が多い関東アングラーや
オカッパリアングラーはそう思う人が多いのでは?

具体的には水平姿勢で薄い皮一枚潜って
左右に艶かしくドッグウォークするようなアクション。
その時、斜めジョイントがどう機能するか…
ひょっとしたら邪魔をして回転しちゃうかな?

妄想は膨らみます。




タックルですが、完全にビッグベイトサイズなので、
私の手持ちロッドの一番硬いフェンのAces70CHJを使いました。
最低でもHクラスで、ロングキャストするならXHがいいな~という感じ。
ラインは20lb以上は必要かと思います。
私は扱い易いナイロンラインを使用しました。



ELEMENTS & ダビンチ、
今後、どのような展開になるか非常に楽しみなルアーであるし、ブランドです。
久しぶりにハードルアールアーにお金を使ったし、
使い込んでみたいと思ったルアーでした。


「もう買ったよ!」

とか

「もう釣ったよ!」


という方も多いと思いますが、
新作ですし自分の中でどう消化していくか、
ワクワクしながら楽しめるルアーかと思います。

ビッグベイトはクランクベイトやワームのように
割と結果が出易いルアーとは違うし、
それらと同じように使ってても釣れないカテゴリーだと思ってます。
より戦略的に、時にはダヴィンチだけ持って向き合うのも
楽しいのではないでしょうか。


ルアーは何でもそうですが、
ある程度長い期間、使い込むことで、
見えてくるものがあります。

私は今期ライトリグを意識して多用しているのですが、
やっぱり最低でもワンシーズン使ってみないと
ライトリグとは何ぞや?というのが理解できないと思うし、
実際やってみて分かったことも多いです。
その辺は年末にでも書こうと思ってます。


というわけでダヴィンチ、面白いと思ったので、
来期は常にワンタックル常駐させて、
私なりに消化してみようと思ってます。




nice!(2)  コメント(2) 

スピナー [ルアー雑記]

2in1を手に入れたので、
使えるルアーも揃えたいということで、
軽い巻きものの代表格であるスピナーとスプーンを新品購入。

SANSUI渋谷店に行くと、
少年期にお世話になったルアーがそのままの姿で
陳列されていました。

そして、私は嬉々として
それらをカゴに放り込んだのでした。



01.JPG
(ダーデブルに関しては当時使ってたのはパチモン)




お世話になったと言っても、
その当時はバスがバンバン釣れたわけでもなく、
むしろ幻の魚扱いであり、初めて釣ったら魚拓であり、
憧れの魚だったわけです。

ルアーもラパラとか高いし、
小遣いで買えるのはスピナーやスプーン、
国産の安いプラグ、ホームセンターで売ってるコーモラン。
そんな感じでした。

スピナーは安くて実績もあり、
当時のスピニングタックルでも使い易いということで、
主力と言っても過言ではないルアーでした。

なぜか仲間内でこのスピナーはあいつ専用で、
俺はコレで兄貴はコレ…みたいな棲み分け?
が存在してて、私の最初の愛用スピナーは
パンサーでした。


image1.JPG
(スウェーデン製)

形はシンプルで、この黒いボディーがかっこいいという理由で買ったような…。
当時と全くデザインが変わっていないことにビックリ(^^;)
ただこのパンサーで釣った記憶はなく(笑)、
後に入手したルースターテール(またはロースターテール)
によって私の人生の初バスが釣られることになります。


image3.JPG
(メキシコ製)


これも当時と変わったところはなく、
カラーはもっとシンプルだった気がする程度。

このルースターテールはクリアウォーターの野池のバスを釣りまくり
(と言っても当時の感覚)、「僕の最強のルワー」となったわけです。
プラグ類は高いだけで釣れないルアーの代表格であり、
スプーンは地味でアクションもイマイチつまらないルアーであり、
ワームはあんなの釣れるわけないと思い込んでいました(笑)

今思えば当時使ってたグラス製のスピニングロッドに
ボトムの釣りだったワームの釣りが合わなかったのだと思います。
だからスピナーこそ最強でありもっとも価値があるルアーだったと。
少年期の私は真面目にそう思っていました。





ちなみに兄愛用のスピナーがこちら。


image4.JPG
(スウェーデン製)


ミラ。
ルースターテール同様にフェザー付いているので
こちらもの結構釣れたスピナーでした。
バスは明らかにフェザー付を好んでいました。
見た目がちょっと高級な感じがして、
ちょっと羨ましかった記憶が(笑)





友人が偏愛してたのがこちら。


image2.JPG
(フランス製のダイワ販売)

ブレットン。
2個セット売りです。
仲間内では幻の魚だったブラックバスを初めて仕留めたのが
このブレットンでした。
「もうブラックバスを釣るにはスピナーしかないんだ!」
と誰もが思ったくらいの衝撃度(笑)
それまでは「ルアーで釣れるとか都市伝説でしょ」レベルでしたから。
もう釣った場所もはっきりと覚えてます。
自分の初バスよりもはっきり覚えているという(^^)


ブレットンはフェザー付スピナーに比べてボリュームが小さく見えます。
水掴みも良く、全体のバランスは優秀で使い易いタイプなので、
今度フェザーを付けてみようかと思ってます。
アピール力を高める狙いと表層をゆっくりと引く狙いがあります。

あ、フェザーという言い方をしてますが、
いわゆるフライマテリアルです。
色々ありますが、フェザーフックに使われているのはサドルで、
スピナーはモデルによっていろいろかと思います。
その辺を自分也にカスタムするのも楽しいかと。

ワンサイズ大きいルースターテールベースで
ちょっとカスタムしたい欲が湧いてきてます。

スピナーはブレードのタイプやボディタイプによって、
スピナーベイト同様に使うシチュエーションが設定されてるのですが、
3〜5g程度ならばもう表層用です。
ボトムを引くのは困難なので、基本的には魚の上を通して
追わせて食わせるルアーになると思います。

よって、ボトムを意識している時やバスが浮いてこない場合は
めっちゃ釣れないルアーになります。
ちなみにボトムを釣るならスピナーは根掛かるので、
小さめのスピナーベイトが良いかと。



さて、そんなスピナー。
当時、仲間内で一番釣れたのが私のルースターテールでした。
黄色のボディーとゴールドブレードのもので、
小さくてある程度目立つ存在が良かったのでしょう。
そしてフェザーが付くとちょっと生命感が出るというか、
シルエットも小魚に近づくし、とにかくいい感じでした。

デカい錦鯉を目印にこれを投げれば、
錦鯉と一緒に泳ぐバスが釣れるという
錦鯉パターンを発見して天狗状態でした(^^;)

そして、この釣れるルースターテールは
父親の友人から特別にもらったものだったので、
町の釣り具屋には売っておらず、誰も買えないという(笑)
限られた情報と限られた釣り場、限られた道具でも
楽しかったな~という話です。



こちらはなぜか全員が持っていたスプーン。


image5.JPG
(ダイワだけど台湾製)

チヌークは父の初バスルアー(笑)
まさにこの色でした。


スプーンやスピナーはクリアウォーター向きなルアーだと思っているので、
小貝川辺りなら活躍してくれるかな?
亀山とかでも行けそう。
久しぶりにスピナーでバス釣りたい(^^)

最近はライトリグだからセコいとか、ビッグベイトだから偉いとか、
ハードルアーだから凄いとか、そんな風潮があるような気もしますが、
色々あるんだから、自分の好きなルアーフィッシングを
楽しめば良いのにな〜と思います。



nice!(0)  コメント(3) 

Mirrorは特殊任務要員[実釣編] [ルアー雑記]

前回からの続きです。

先日、加藤某氏と行ったフィールドが
完全なMirror場だったので、実釣編として書いてみました。

フィールド状況としては、リーズ系のマッディーフィールドで、
水深が1m未満と全体に浅くて、
バスが横の動きをして散っているような状況。


08.JPG


普通のシャロークランクを引くには
スピードを落としてウエイク的に使うしかないような水深なので、
もう完全なMirror場だと思い、
私物Mirrorを渡してからのクランキング。



001.jpg



muroさんのようなビッグは出ませんでしたけど
コンスタントに数を稼ぐことができました。
全体にスローな状況だったのか、朝は特にバイトが浅かった印象。
バラしも多発(^^;)
やっぱりこんなクランキングはグラス系ロッドが良いな〜と再確認。



他のルアーへの反応をみる限り、
トップへの反応が思わしくなく、
通常のラウンドボディーのウエイククランクよりも
ドシャローの中層を泳ぐMirrorへの反応が良い状況でした。
今年は全国的にそうだと思うのですが、
水温が夏っぽくなく、特に朝は水温が低かったです。

トップは水温によって釣れる釣れないが左右される釣りで、
水温低下にめっぽう弱いという認識です。
魚が沈み、なかなかトップに出てこず、
出てもやる気のない針掛かりしないバイトが多くなります。

夏に24℃とか25℃とかほぼ適水温じゃん!
と息巻いて釣り始めてもイマイチ反応が悪いのは経験したことがあるかと思います。
夏の30℃前後の水温に慣れて生活している夏バスは、
適水温に近くなったから快適になったというよりも、
状況変化を嫌ってタフになっていると言えるのかなと。

全体に浅いフィールドはトップに反応が良いものですが、
この日はサブサーフェスなら食って来るという感じで、
人が多くてプレッシャーが掛かっているのも
トップに反応がイマイチな理由だったのだと思います。


とりあえずこの日はMirrorで船中10本くらい獲れて、
よっしゃー!と言いたいところですが、
現実はワーム系の方がやや数は出るような日でした(^^;)
その中では健闘したかなという感じ。
えー、私も使いましたよワーム(笑)


ワームに対してのアドバンテージは
何と言ってもサーチ能力の高さです。
明確に撃つピンポイント(カバー)が無い場合は、
線で切ってこれるクランクベイトが活躍します。

広大なドシャローエリアで、
もうバズでしょう!となっていたところで
Mirrorでサブサーフェスを引くと、
また違った答えが帰ってくるかもしれません。

ラウンドボディーではなく、
細身のフラットサイドボディーにしていることで、
食わせ性能も高いのもミソです。


image1.JPG



あと、Mirrorの便利なところは、
クランクベイトとしての回避能力の高さ。
特殊な形状のリップは例えば浮いて横たわっているリーズなどの
棒状のものに対して軽やかに回避して泳ぎを再開します。

image2.JPG

水中のカバーに対しても反動の少ない回避をしますし、
全体にゴミを拾いにくいデザインにしてますので、
持っている方はぜひ使い所を見出して活用していただきたいです!

今回、Leaferやmito1でも釣れたのですが、
無理矢理レンジを上に誘導して使ってたので、
めっちゃ使いにくくて、
しかもボトムのゴミを拾いまくってしまうので
ストレスが溜まるクランキングになりました。

水深50cmでも普通のクランキングが可能なMirrorが
圧倒的に使い易くて、結局はMirrorを投げてるような状況でした。



オカッパリの方からの活用法の報告としては、
岸と並行にギリギリを引く使い方です。

草木茂る際やテトラ、ゴロタ等々、
今まで普通のクランクではスピードをデッド近くまで
落とすしかなかった岸寄りの浅い水深を
見切られないスピードで中層(水面直下)を引けるというところに
メリットを見出しています。

さらにオカッパリの場合はサブサーフェスなら
ロストの心配がかなり減るというところもメリットかと思います。
銀幕に映り続けるという意味で命名された
サブサーフェスクランクMirrorならではかと。


さて、こんなに書いたんだから作るんだろ?
と思われた方も居るかと思いますが、
今のところ、今年多めに作るという予定はなく、
あってもイベント絡みかと思います…。

でもいつかまとめて作りますので、
しばしお待ちいただければと思いますm(_ _)m




nice!(1)  コメント(2) 

Mirrorは特殊任務要員[フィールド編] [ルアー雑記]

013.JPG


特殊任務とか特殊部隊とか
中2くさいワードを使ってみました(笑)

Mirrorはめっちゃ釣ってる人と使い所が分からず
使い切れていない人のどちらかという両極端なクランクベイト。
元々コンセプトがマニアックであり、
私があまり積極的に作らないのも
そういう性格を持ったクランクベイトだからです。

一応イベントで販売しているのと、
この夏、行く先々でMirrorの話をされるので、
ちょっと踏み込んで記事にしてみようと
今回書いてみました。

持っていない方が多数だとは思いますが、
カスタムクランクネタとしては面白いので、
一読いただければ幸いです。




キモは「普通に巻いても潜り過ぎずにドシャローを引ける」
ということで、釣っている方は1m未満の数十センチの水深で
通常スピード〜速めのリトリーブで釣っています。
オカッパリでのショアラインギリギリ並行巻きで使っている人も。


季節的には水温が十分高まって、
プランクトンの活動が活発化して
水質がちょっと濁ってきて
ベジテーションがある程度育った頃からと思ってます。
6〜9月が最盛期。


01.JPG



ここは都心にある弁慶堀という小さなフィールドです。
シーズン中はウィードが繁茂することでも有名。
某店員さんがここでMirrorを活用しています。
ウィードが繁茂してギリギリクランクを通せそうなところは、
Mirrorは適任です。
他に替えが効かないという意味で
多分一番向いているシチュエーションがこんなところ。

ウィード絡みで引けるスペースを探して、
トレースコースをイメージしてキャストして
巻くような釣り方になると思いますが、
かなりいい感じで釣っているとのこと。



さすがにここまで濃いと無理かと思いますが(^^;)



03.JPG


これくらいならトレースコースがありそう。



02.JPG



濁りがプラスされると、アピール力がものを言うのと
騙し易くなるのでワームに対してのアドバンテージが
出てくると思います。





これは以前タツローさんから送ってもらった写真。



IMG_2325.jpg



野池クラスのフィールドには
こんなウィードが繁茂していることが多くて、
しかも水深が浅いことも多いので使いどころが多いのでは?
と思っています。



元々Mirrorの使い所は
ウィードレイクでのサブサーフェスということで開発されたので、
こんなフィールドで使っていただければかなりマッチします。
理想は水面下30〜50cmにウィードが繁茂してて、
その上っ面を引けるというシチュエーション。



特殊な形状のリップはソフト、ハードカバーともに
回避能力も高いので、使い所が分からない!という方は
こんなところでガンガン巻いていただきたいです。


とは言ったものの、現実問題としては
こんなフィールド、近くに無い!!
という方も多いと思います。
実際、私が普段から行っているフィールドは
ウィードというよりもリーズ系フィールドが多いです。


10.JPG



そんな所では使えないのか?
というとそうでもなくて、
「ドシャロー」というキーワードを元にMirror場を探していくと、
意外に使い所を見出すことができます。




12.JPG
11.JPG


こちらはそんなシャローの速巻きでのmuroさんフィッシュ。
muroさん釣果報告ありがとうございます!
1800gオーバーということで羨ましー(^^;)



基本的に濁りが入っている水域のドシャローであれば、
Mirrorの特性は生きます。
具体的にはMirrorを巻く水深は50cm前後です。
ボートからだとショアギリギリにキャストするとして、
着水点が20cmくらいでボートポジションが60〜80cmであれば、
普通のリトリーブで使用可能になります。

もちろんロッドの位置とリトリーブスピードを調整することで
ウエイクでの使用も可能ですが、
サブサーフェスを通常のクランキンリズムで使用できることろがミソです。
逆に普通のクランク場では普通のSRやMRのクランクの方が釣れると思います。
私の中でのMirrorの出番は全クランキンの2〜3%程度です。

Mirrorは特殊任務を遂行するために作られたクランクと書いたのは
それくらい特殊な状況での使用を想定しているから。
その特殊な状況ではめっぽう使い易く、
他のクランクは使えない、または使いにくいという
まさにカスタムクランクベイトらしい特性を持ったクランクが
Mirrorなわけです。



[実釣編]につづく



nice!(0)  コメント(0) 

クリークチャブ [ルアー雑記]

これもJFLCCで買ったもの。


j004.JPG

(上:ABS / 下:ウッド)

ちょうど同じモデル・カラーで
ウッドとABSがあったので、買ってみました。
安かったし(^^)
ちゃんと動くのかな?と思いながら購入。
動かなかったら動くように改造すればいいと
あくまでも使う前提です。

どう見てもウッドモデルの方がオーラがありますね!
塗装の手間の掛かり方も一目瞭然。
ウッドの塗装面のヒビ割れがいい味だしてますが、
さすがにウッド剥き出しが嫌なので、まずは分解。


image1.JPG

ヒートンを外すだけ。
リップは脳天から入っているビスを抜くと外れます。



これをウレタンコートして、
フック交換してリギング。



image2.JPG



このカラーをLeaferに塗る予定。
9月の大会物販用です。



さて、防水できたので浴槽スイムチェックしてみたところ。
ウッドジョイントらしいカコカコと音と鳴らしながらの
スローなタダ巻きが良さそうでした。
イレギュラーなアクションは苦手。


やっぱり古ABUとかで使ってみたいな〜。



クリークチャブで一時期話題になったのはこれの大きい版で
ジョインテッドパイキーというビッグベイトサイズのもの。
今回入手したのは10cmちょいなので、
30cmくらいのバスも気軽に食ってきそうな感じです。


クリークチャブと言えば
ワールドレコードバスを釣ったルアーのブランドとして有名です。
だから買ったというわけではなく、
金属リップと乳首のような目玉が愛嬌があって、
良いな~と思ったから。

ダーデブルもそうなんですけど、
これらは「このルアーで遊びたい」というタイプのルアーです。
現行miniじゃなくてクラシックminiに乗りたいというのに近いです。

MBクランクはバルサクランクの性能を
出し切りたいという思いが詰まってるので真剣モード。
だからたまに遊び心があってワクワクした気持ちで
バスと向き合いたくなります。

その一方でスピニングタックルに傾倒している自分も居るわけで、
要は色々な手段でバスにアプローチして楽しみたいのです。
スピニングの繊細な釣りも楽しいし、
クラシカルなタックルで向き合うのも有意義な時間の過ごし方だと思います。
クランクの釣りはやっぱり大好きで自分の中のバス釣りの主軸です。

ボートもバスボートはアメリカンでカッコいいと思うし、
あの圧倒的なスピードにも惹かれます。
アルミボートは自分のバス釣りの原風景に溶け込むボートであるし、
夏はジョンボートでのんびりとトップを楽しむ釣りも
良いだろうな~と思います。

こう書き出すと結構欲張りなアングラーなのかもしれません。
自分の最終目標は「シンプル」なんですけど、
欲張りだからシンプルになりたいのかもしれないな~と今思いました。


安定の脱線なので、このへんで(笑)



nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - ルアー雑記 ブログトップ