So-net無料ブログ作成
販売情報 ブログトップ
前の5件 | -

JFLCC東京 販売カラーその2/3 [販売情報]

アップするタイミングが遅くなってしまったので、
残りの2回分をまとめてアップします!



DigDawgも2カラーです。
というか、全モデル基本2カラーあります。


まずはこちら。



IMG_6737.JPG



オレンジストーム。
私のタックルボックスに入ってて、
見たことある人もいることでしょう。
ブログにも何度も登場しているし、
そろそろ読者の脳みそに刷り込まれたかな?
というタイミングで塗ってみました。


嘘です(^^)



全体に濃度が上がって、
チャートベースからチャート&オレンジベースになってます。
シルバーパターンとブルードットで
濃密度はレッドクローといい勝負です。

時にはブルーギル、時にはザリガニをイメージして使える便利カラー。
基本的には濁り水で使っていただきたいカラーです。
アピールしつつ馴染むカラーで、ボトムのカラーとの相性も良いです。





そして2色目がこちら。



IMG_6730.JPG



メッキ(クローム)ほどの鏡面感はないので、
ヒカリモノと表現します。
カラー名は…P-CONシルバー?でいいかな(^^;)
P-CONゴールドの兄弟みたいなカラー。


このカラーはMirrorにも塗ってます。
単純に私がヒカリモノが欲しくて塗りました。


シンプルなカラーですが、
機能性を邪魔しない程度にスケールとか
ショルダーにパールとか入れてます。
バックは濃紺です。


ヒカリモノは光がある時間帯に使わないと全く目立たないのと、
濁りすぎると難しいので、適度にクリア(またはクリアアップ時)なフィールドで
ぜひこのクールビューティーカラーをお試しいただきたです。
曇り時に良い説があるのはクリアで晴れていると
クランク自体が効きくにくというのもあると思われるのと、
風やカバーの存在とか他の要素も絡んでくると好転したりするし、
経験を積むしかないかなと。


ソフトカバー、ボトム系のDigDawgと
サブサーフェスのMirrorでちょっと使ってみたく
今回塗ってみたという感じです。







Mirrorのもう1色はちょっと似てますがSH4です。



IMG_6732.JPG



こちらはもっとオールマイティーに白とギラギラパールの発色で
アピールできるカラー。
本当はチャート系も入れたかったのですが、
今私が欲しかったのがこちらだったのでSH4になりました(^^)
あくまでも自分本位!


ちなみに自分用はB品です。
だからB品が出ると嬉しくも悲しい感じになります(^^;)





最後はLeaferシリーズ。


Leafer GS(デカLeafer)と
Leafer TH(薄Leafer)は
2色とも共通カラーです。



まずは基本カラーであるシャッド系からGシャッド。



IMG_6734.JPG



サイドのギラギラ系ホワイトとダークグリーンバックとの
コントラストで明滅します。
間にゴールドとパープルパールが入って、
アングラーを釣る能力をアップしている感じでしょうか。
単純なカラーに深みを出すのって大事だと思うんですよ、趣味の道具だし。

ショルダーは太陽光が当たりやすいので。
やっぱりちょっと光らせたいということでメタル系やパール系を多用します。
Gシャッドはとりあえずどこでも使えるような基本カラーなので、
迷ったらコレという感じで使っていただければと思います。



最後がこちら。



IMG_6736.JPG



久しぶりに塗ったブラウンブリーム。
その名の通り茶色なギルなのですが、
意外に明滅効果が高く、シャッド的にも使え、
なおかつザリガニっぽくも使えるという
オレンジストーム同様に便利なカラーです。

私的には濁り水がクリアアップした時とか、
タフっている時などにシャッド系やチャート系から
こちらにスイッチする感じで使ってます。
普通のブルーギルカラーより私はこのブラウンブリームの方が好きで
良く使います。(今回は自分用の補充の意味もあり)
アースカラーなのでボトムとの相性(馴染み方)も◎。



以上です。
クランクベイトの価格は全モデル全カラー4,000円で統一です。


いつもより多めに用意したので、
個数制限をかけようかどうか迷ったのですが、
一応、並んでいただいた方全員に確実にお届けしたいということで、
お一人様の合計4個の個数制限をさせていただきます。
SCRATのレッドクローのみ、お一人様1個という制限も加えます。
(他のモデル・カラーは複数可)

12時には色々と落ち着いて、多分テーブルにクランクベイトが
残っている状況になるかと思います。
そこでリミッター解除で制限なし販売という流れで考えております。


余ったら取扱店さんに持っていこうかな…。



入場までの流れは事務局さんがSNSやHPなどでアナウンスしているので、
ご確認ください。
それでは、皆様のお越しをお待ちしております!






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

JFLCC東京 販売カラーその1 [販売情報]

超ギリギリ進行なので、リップがまだ付いてません(^^;)
本日から販売カラーを順次アップしていきます。


今回販売するモデルは先週から紹介している5モデル。
●SCRAT
●DigDawg
●Mirror
●Leafer GS
●Leafer TH

になります。



SCRATは予告通りレッドクローです。




IMG_6703.jpg




なぜ近年イベントでクロー系を塗ってこなかったかを思い出した
塗装工程でした…。
レイヤードしていくカラーの数、テンプレートの数、
スプラッターも含め、とくかく手間がかかるカラーなので、
締め切りがある案件では避けたいカラーなのです(^^;)
RTO祭りがなかったら塗っていなかったカラー。
勢いで塗る宣言して、作業中めっちゃ後悔して、
でも完成して歓喜という、感情の振れ幅が広いカラーです(笑)



毎回塗るたびにマイナーチェンジしているレッドクロー。
今回はちょっとだけブラックアクセントの意匠を変えてます。
この辺はデザイン要素の面が強くて、私の気分で変えています。
ただ、今までのデザインよりもさりげなく、
カラーの機能性の邪魔をしないことを念頭にデザイン調整してます。
今回は爪手前までの意匠にしてみました。




MBの現在のレッドクローはブラックバック、
レッドショルダーサイド(+パープルパール)
ちょいチャート、蛍光オレンジ&クリームベリー
というように色が変化していきます。

ザリガニらしさと明滅、メリハリ、趣味性のある
レッドクローを目指しています。
アクション時に太陽光を受けるショルダーのレッドは
パールによって、艶めかしく発色します。
ソリッドなブラックバックとの組み合わせが気に入ってます。


IMG_6707.jpg



テール部分はブラックとパープルの比率が濃くなるので、
私的ニヤニヤポイントです。


レッドクロー需要が多いと思ったので、
メインはレッドクローですが、
ブラックバックチャートもあります(^^)
使用頻度で言えば圧倒的にこちら!
超定番カラーなので、少量ですが入れてあります。





IMG_6716.jpg








そうそう、この「ソフトシェル」という名の
ザリガニカラーSCRATはJFLCC事務局さんに提供する
チャリティールアーになります。




IMG_6709.jpg
IMG_6714.jpg




オレンジ系クローです。
何気に良い感じの色になったので、自分用がないのが悔やまれます…。
(協賛用1個しか塗ってない…)


今回のJFLCC東京は各テーブルよりチャリティールアーが提供され、
売り上げを寄付するという趣旨の企画があります。
詳しくはJFLCC事務局さんのSNSなどでご確認いただきたいです。
(13時から協賛品オークションがあるとのことです)






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新アイテム [販売情報]

ルアーのカラー紹介の前に
新アイテムの紹介です。
見ての通り、ステッカーでございます。



IMG_6698.jpg



2種類ありまして、
四角いのがカッティングタイプのステッカーで
左右約100mmサイズです。
定番ホワイトとターコイズブルーの2色。
ブラックなら黄色いところに貼ればロゴカラーを表現できるので、
ターコイズブルーではなくブラックにしようとかと迷ったんですが、
黄色いところって少なくね??
ということで個人的に好きなターコイズブルーにしました。

車やボートなどにぜひ!(700円也)


下の見慣れた筋斗雲ステッカーは
通常の耐候性のあるステッカーでサイズは直径100mmです。
今までおまけで付いていた小さいステッカーを
素材を良くして大きくしたものになります。

タックルボックスとかFRP製デッキとかライブウェルとか
そんなところにぜひ!
私も使っているフィネスさんのプラッギンというタックルボックスの
蓋中央のカエルのところにピッタリ収まるサイズだったのは偶然です。
ジャックできる…。



IMG_6701.jpg



カットされてませんので、カットしなければならないのですが、
カットする時間がなかった場合はシート売りですかね…。
1シート16枚付いてます(^^)
1枚300円なのでシート売りだったら4800円になりますね(笑)

どうしても1枚だけという場合はその場で剥がしてそのまま渡すとか、
そんなドSプレイ販売も斬新!
買った人は指にピトッとくっつけた状態で持って帰るという
ドMプレイが堪能できます。





もしルアーが完成しなかったら
このステッカーだけ持っていくとになります…。
土下座ならいくらでもしますm(_ _)m





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

近況 [販売情報]

忙殺されてブログをさぼっておりました。

くしゃみが出るな~と思ったらもうこの季節ですよ。
秋花粉飛んでるような気がしてきたので、薬飲み始めました。
いつもなら釣りに行って気付くのですが、
9月は釣りに行けてないので、気付くのが遅れた感じです。


さて、今週末は土曜日が坂巻農園カップで、
日曜日が台風で延期になった、たまやオープン& BBQということで、
めっちゃ釣りができる週末で嬉しいようなそうでもないような(^^;)
坂巻農園カップは終わったらサクッと帰らないと
翌日がやばそうな感じです…。


そして、土曜日がマイボート参戦で、
日曜日がレンタルボートで、
その2日後にトレーラーのユーザー車検という
ボート関係もなんとも忙しい感じになってまして、
整備&アルミボート艤装の簡易解体とか色々山積み。






ルアー製作は気が抜けてダラダラと過ごした連休のつけを
今払っているところです…。
まだ一部完成してなかったりします(^^;)


掲載する写真もないので、完成Leaferでも。




image1.JPG



image2.JPG
image3.JPG


パーチ良いな~。自画自賛(笑)
明滅イメージ写真も撮ってみました。
半分光り物系に分類されるので、
日中とマズメ時で印象の違いが出るタイプかと思います。
SH4やチャート系は色の発色で明滅できるタイプ。

パーチ、早く使いたい!


Leaferはテネシー系(Petty系)のフラットサイドに比べて、
アクションは少し強めに調整されてます。
関東においてはプレッシャーが高いフィールドが多いというのもあり、
クリアウォーターのシャロークランキングが難しく、
タイトウィグルアクションの出番が少ないのが現実です。

あくまでも現場主義な設計ということで、
Leaferはクランキングフィールドであるクリア過ぎない利根川水系の水色や
ステイン系の霞水系での使い易さを優先して設計されてます。

大きすぎず小さすぎず、弱すぎず強すぎず、
レスポンスが良くて、そこそこ飛距離も出るという
Leaferの設計は関東で使うシャロークランクとしては
ど真ん中だと思ってます。
1m前後のシャローを流しながら、カバーがプアなエリアから
ちょっとしたカバーまで対応できるというクランクベイト。

スプーンのような形のラウンドリップは
水の抜けとカバーからの抜けの良さを意識したデザインです。
カバータッチ時に横になり易いラウンドリップですが、
ソフトカバー(ボトム)への対応力や
動きを止めないことを優先して採用してます。

ゆえにカバークランクをする際はMBXに比べて、
やや優しくリトリーブするようなイメージです。
スピードもややスロー。
リアクションの釣りなんですけど
優しいリアクションの釣りという感じでしょうか。
カバータッチ時はあまり跳ばないようにするのが良いです。
ちょっと姿勢を崩すくらいが理想。
オートマなMBXとマニュアルなLeaferとも言えます。
結構楽しいです、フィネスカバークランキング(^^)




会場での販売ですが、朝できたらやりますが、
試合中にスイムテストしなければならない場合は、
湖上販売かな?
試合中に私を見つけていただいて販売するという新たな試み、
いかがでしょうか?その時の釣れ具合で価格が変動して、
釣れてない場合は価格がちょっと高くなったり(笑)

誰も声を掛けてくれない場合は、
「ルアーいかがっすか~」と背後から声が掛かるという。
「今はいいです」と返されても
「まあまあアクション見てよ!ほら!いいでしょう!」
とかウザさを出しながらセールスに励み、
「今財布持ってないのでいいです」
と断られるという。そんなことやってみたいな~。

でも湖上でお金のやりとりしてたら
悪いブツを取引しているような感じになりますね…。
湖上販売、あきらめるか。

というわけで、朝は何だか余裕なさそうなので、
集合写真撮影後にやることになるかと思います。
すいません、その辺臨機応変にやります。


週末は穏やかだといいな〜。



nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大会がらみの協賛・物販用クランク [販売情報]

●お知らせ
-----------------------------------------
9/17(日)牛久沼・たまやオープン

台風のため
9/24(日)に延期になりました。
-----------------------------------------



「釣りに行きたい」
から
「1日ぼーっとしてたい」
に変わってきている今日この頃。


予定より1日オーバーで何とか塗装完了。
ギリギリスケジュールが
「超」ギリギリスケジュールに移行しました…。
多分スタート後のたまや桟橋でスイムテストだな~(笑)
っていうか当日は台風で大会どころじゃなくなるかも(^^;)
参加予定の方は台風の進路を注視しましょう!


今週末17日の牛久沼たまやオープンと
来週末23日の将監川・長門川 坂巻農園カップの物販は
今回アップするクランクが並ぶ予定です。
賞品もこれらのMBクランクを協賛させていただきます。
(たまやオープンはMPB、アザーセルフ、ZPI、MB協賛大会です)

製作がギリギリ進行でアップできないかもしれないので、
今の内に販売クランクのアナウンスをしようかと。





まずはLeafer。
定番的カラー3色です。




image2.JPG




えーまだ未コートです…。

写真のLeaferのSH4、ブルーバックチャート
ブルーギルはJFLCCと同じです。
実釣を意識したセレクトなので、
試合会場の物販としても良いセレクトかなと。




あと、記事を書いたことだし
ブラックバックチャートのMirrorを少々。
牛久は使い所がある気がします。




image3.JPG




そして、Leaferの新色。




image1.JPG





予告してたパーチです。
Leaferの定番色にしたいカラーです。

ホットタイガーより光る感じのカラーで、
私的にはホットタイガーの派生カラーという位置付け。
サイドはチャートベースにゴールドスケールなので、
派手と言えば派手なカラーです。
「Sun granny」に近いかも。


白・シルバー系明滅のSH4と
チャートゴールド系明滅のパーチ
という感じでしょうか。
写真のパーチは光ってませんが、
光が当たる角度だと結構明るい発色になります。

パーチにはストライクドットは無いのですが、
クランクベイトの機能的に付いてた方が良いと思っているので入れてます。
MBクランクは全てベリーフックのフックポイント付近に
ストライクドットを入れています。(ギル系除く)


1枚目写真の3色の私的使い方は

[SH4]
→基準カラー。どこでも使用するシャッドカラー

[ブルーバックチャート]
→濁り水フィールドや河川でSH4とローテーション

[ブルーギル]
→ナチュラルカラー(アースカラー)。上記2色だと強すぎる時に

という感じです。
3色くらいをローテーションするのが
私的には丁度良いです。




試合終了後にオープンするライトな物販なので、
全体にいつもよりも少量です。
フィールドが近いので試投できるようにします。
ただ、さっきも書いたように台風が…。




ではでは、参加される方はよろしくお願いしますm(_ _)m


nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | - 販売情報 ブログトップ