So-net無料ブログ作成

ガルシアミッチェル 2 in 1 [ロッド・リール]

8月のJFLCCで縁があって
お知り合いになった土屋さんから譲っていただいき、
ついに私のもとにやってきた2 in 1。



image2.JPG



出し惜しみしてたブツはこのタックルでした。


ガルシアミッチェルの2 in1は釣りキチ三平でお馴染みの
スピニングタックルで、独特な設計なので
記憶に残っている人も多いかと思います。


image3.JPG

使用時はリールフットを挟まずにグリップを握ります。


平成版でも三平君がデカいスイムベイトをキャストしてたりしてますが、
ロッドのパワー的にちょっと無理かな…。


2in1はガルシアのロッドとミッチェルのリールがセットになった
コラボタックルなのですが、グラス製のガルシアロッドは
「グニャグニャ」と言っても差し支えないくらいの代物で、
小さめのプラグが扱えるかな~というロッドです。

ネームが入っているところは
跡形もなく剥げておりますが、これが何と言うモデルなのかというと、
実は購入する際に2本あって、
もう1本の方は少しシールが残っていたのですよ。


01.JPG
02.JPG


振ってみて、購入したロッドが私的にしっくりきたので、
フィーリングを重視してシールが剥がれた方を購入したわけです。

もう1本の方が残ったシールにより2585-Dというモデルということを確認。
レングスは2本とも同じで5.6ftなので、私のも2585-Dということになります。
えーまごうことなき三平君のタックルなわけです(^^)


リールはミッチェルの508なのですが、
ご好意で程度の良いパーツで組んでもらって譲っていただきました。
かなりキレイで調子も良いです。
508は408のボディーパーツが一部違う版なので、
508のリールフットパーツ(ボディ)があれば、
408ベースで作れてしまうというわけです。




さて、この2in1を先日の牛久沼のたまやオープンで
初実釣投入してみました。
結果はちょこっと書いたように魚を釣ることはできなかったのですが、
確かな手応えは得ました。

ガルシアロッドについては、
この時代のグラスロッドなので、
フニャフニャのグニャグニャです。
最初はかなり不安がありましたが、
数時間キャストを繰り返して、
なんとなくこの手のロッドの使い方が分かって来ました。

弾性が低いので、とにかくロッドのパワーを全て使い切る感じで
キャストする必要があって、中途半端なテイクバックだとうまく飛んでいきません。
高弾性な現代ロッドだとちょい投げとか容易いですが、
超低弾性なこのグラスロッドはそんなちょい投げは釣りにあらずと
全く受け付けません(^^;)

その代わり、オーバーヘッドでしっかりと曲げて、
ここぞというポイントでリリースすると、
それなりに気持ちよく飛んでいくので、
旧車をうまく乗りこなしている感があります。
(そんな体験したこと無いですが…)

感度はご想像の通り、まったく期待できないのでボトム系の釣りは無理です。
巻き物での使用になります。
現代クランキングロッドより2~3段階くらいダルいので、
吸い込ませ性能はかなりのものと想像できます。
どのくらいのショートバイトをものにできるかちょっと楽しみ♪
その代わり遠くで掛けたらフッキングしてなさそう…。

私にとっては新たな領域なので、ちょっとワクワクします。
意外に凄い能力を秘めてたりして(^^)


リールはミッチェルのそれなので、
ピョンキチとの戦いか?
と思ったのですが、高い頻度でタックルを回転させる方法で
それなりの時間をノートラブルで使用可能でした。
キャスト後にロッドをリールの前後部で軽く持って
リールを手前に回転させるという方法は現代スピニングでも有効です。
これでツイストをある程度元に戻せます。


ラインはドラグ性能が不安だったのでフロロの6ポンドを巻いてたのですが、
まあ、大丈夫そうでした。
心配だったドラグ性能は思ったより問題なさそうで、
全体として使えなくはない気がしてます。
問題があるとすれば耐久性でしょうか。


ミッチェルはベールを手で戻すのではなく、
リーリングで戻すので、なんとなく不安なのと
たまにリーリングが重くなったりするので、
大丈夫かな?と(^^;

この日は着水と同時かちょい前くらいにリーリングでベールを返して
釣りをしてましたが、慣れてしまえば扱いは意外と問題ないです。
数十投に1回くらいの頻度でなかなか返ってくれないのは何が問題なんだろ?

構造は単純でパーツも入手可能なので、
まあ、その辺は壊れたら壊れたで修理すればいいやと思ってます。
とにかくこれで釣りたい!
多分次回釣行でバスとの記念写真が撮れるでしょう!
貴重なタックルですが、眺めるためだけはなく
楽しむために買ったので、ガンガン使います(^^)


使用ルアーは最初はパンサーマーチン(スピナー)を使って問題なくて、
その後mito、Mirrorと試してみたところ、まあギリギリ使えるかな?
というところだったので、ファーストフィッシュはMBクランクで狙おうかなと。

ブレットンとかその辺のスピナーや
ダイワの古いスプーンとかでもいいんだけど(^^)




nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

たまやオープン(牛久沼) [試合]

翌日の日曜日のたまやオープンに向けて、
車載のボート道具をレンタルボート用に積み替えて、
タックルはそのままで早朝に牛久Goとなりました。


01.JPG


とにかく面倒なことをしたくなかったので、
魚探はなしです。



03.JPG
こう見るとカラフル!




今年の牛久沼はハスが少ないので、
いつもと風景が違います。



07.JPG
06.JPG
たまや前のハス




原因は亀が新芽を食べてしまったから…
ということみたいです。
東谷田川の中流域にあるハスも消滅したようです(^^;)



この日は朝風が無くてのどかな感じ。



02.JPG



今年初の牛久沼だし、勝負欲などなく、
のんびりと沼の釣りを楽しみたいという心境。
販売ルアーも完成してるし、
心の余裕を持ってハスエリアのクランキングからスタート。

ずっと続けてれば釣れるかもしれませんが、
反応が無く我慢できなくなり、西谷田川へ移動。





05.JPG




ここで、とあるタックルを持ってきたことを思い出し、
スピナーをキャストし始める。
久しぶりのパンサーマーチンの登場です。
(詳細は別記事でアップします)

どうしてもそのタックルで釣りたくて
数時間キャストし続けるも
フナのスレと回収間際のショートバイトで終了。

ここら辺でとりあえず沼バスを拝みたくなり、
釣るストレッチを決めて
フレキシーカーリーのDSを隙間無くピッチングし始めました。
エンカウントすれば食うワームを信じて(^^)


で、とりあえず1本キャッチ。


04.JPG



大きくないけどコンディションの良いキレイな沼バス。
その後、ちょっと泳がしてたら小さいのが食ってくれて2本目。

以上で終了。





バイトは少ないですが、
久しぶりの牛久沼は楽しかったです。
ブタバス釣りてー!
でもライトリグやってたらダメだと思う(笑)



一応10位でした。


09.JPG
10.JPG


優勝は安定の高橋さん。

08.JPG

ラッキーのLC1.5で唯一の3kg超え。
う~ん、牛久でこの人に勝てる人居るのかな~。


物販後にヘロヘロ状態で帰宅した後は
あんまり記憶がありません…。
おっさんに2連戦はキツいです(^^;)


参加された皆さんお疲れさまでした!
ルアー買っていただいた方はぜひ牛久でも使ってみてください!
そして釣り方発見したら教えてください(笑)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

坂巻農園カップ [試合]

2017年の第2回大会です。
将監川・長門川での3本ウエイト、
ルアーは何でもありというルールなので、
ウエイイン率の高い大会です。



天候は朝のうちは雨。

IMG_5334.JPG



でもスタートすると割と早い段階で止んで、
風もないので、沖のクイにロープを結んで、
いそいそとストレージを開けて、ルアーを取り出します。



IMG_5338.JPG



測ったようにケースがぴったりと入るところが凄い。
偶然です(笑)

そう、ルアーは完成しててもスイムチェックがまだだったので、
大会中に済ませる必要があったわけです。
今でしょ!というタイミングが朝のこのタイミング?
と思われるかもしれませんが、
これを終えないと釣りに集中できないのは容易に想像がつきました。
翌日の分も含め、これらがちゃんと泳ぐのか?
という不安があったのです。
いつもと同じように作っても、毎回つきまとうこの不安(笑)



(無事商品になりました!)
IMG_5352.JPG




1時間ほどそんなことをしてから釣り開始。



水温は24度弱。
特にネガティブな要素はないように思うのですが、
なかなか釣れてくれない。
朝、スイムテストしてた横でバシャバシャと釣ってた人が居たので、
釣れ釣れか?と思ったのですが…。


当初クランキングしてたのですが、
なかなか釣れないので、この日使いたかったワームを試そうと
最近愛用している「フレキシーカーリー」を投入。
今年結構使い込んでて、かなりコンフィデンスを持っていたので、
この試合でも使って見たかったのです。





これ。

IMG_5412.JPG



で、割とポンポン釣れて
フレキシーカーリーで5本くらいキャッチ。
でかいのは混ざらないかったのですが、
アベレージ前後が何とか3本。
メザシみたいなのが2本。
まともなサイズはちょっと沖側な感じでした。


クランクに戻したらこんなのしか釣れない(^^;)


IMG_5339.JPG


結局このまま終了してウエイイン。


IMG_5345.JPG


3本で1,100gくらい。
うーん、平凡な成績(^^;)


フレキシーカーリーは見ての通りサターンワーム系で、
ボディーはくびれが入ってちょい長め。
塩入りで程よい硬さのマテリアルと
抜群によく動くテールで本当にバイトが多いワームです。
フォールさせて、それで食わなければ
1〜2回フワ〜とリフトしてスイム&フォールさせて回収する使い方をしてます。
半分くらいは最初のフォールで食うイメージ。

フックは#2のナローなゲイプのオフセットフックで、
シンカーはスピニングなら0.9g、ベイトフィネスなら1.3gという感じで
極力軽くしてます。このウエイトでも滑らかにテールが動くので問題なし。
マッディーシャローなフィールドではリーダーはショートが私的定番。
カバーに巻きつくトラブルも減りますし。


「サイズは選べないけど、エンカウントしたら食ってくれるワーム」
というのはまあ便利なわけで、バス密度がわかりやすいのと、
デカイ魚の居場所が分かれば非常に強力な武器になってくれます。
大会ではアベレージ止まりでしたが(^^;)


今年色々とワームを試した中で一番実績があるのが
このフレキシーカーリーで、本当に結果が出るのが早いワームです。
ワームもやるよ!という方はぜひお試しいただきたいです。
多分、すぐにわかると思いますので(^^)
お子様や彼女にどうしても釣らせたい!という時にも良いかと思います。
FECOなのでトーナメント系の方にも!



さて、大会ですが、
パッケージングに忙しくて上位の方の成績がわからない…。
デカイので揃えてた方を見たので、
利根川水系らしいウエイトが出てたはずです。

坂巻農園カップは景品が多くて、
ひらすら抽選が続くのですが、
今回は3巡したと思います。


IMG_5351.JPG


何でかというと、参加者が色々と提供してくれるからで、
自由な感じで良いな〜と思ってます。

坂巻さん、スタッフの皆さん、
楽しい大会、ありがとうございました。
あと、ルアー買っていただいた方もありがとうございました!
修理も無料で承りますので、酷使していただけると嬉しいです!

第3戦は11月3日とのことなので、
興味のある方は参加されてはいかがでしょうか?


試合が終わる頃にはすっかり晴れました。



IMG_5353.JPG


次回は日曜日のたまやオープンのレポートです!




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

近況 [販売情報]

忙殺されてブログをさぼっておりました。

くしゃみが出るな~と思ったらもうこの季節ですよ。
秋花粉飛んでるような気がしてきたので、薬飲み始めました。
いつもなら釣りに行って気付くのですが、
9月は釣りに行けてないので、気付くのが遅れた感じです。


さて、今週末は土曜日が坂巻農園カップで、
日曜日が台風で延期になった、たまやオープン& BBQということで、
めっちゃ釣りができる週末で嬉しいようなそうでもないような(^^;)
坂巻農園カップは終わったらサクッと帰らないと
翌日がやばそうな感じです…。


そして、土曜日がマイボート参戦で、
日曜日がレンタルボートで、
その2日後にトレーラーのユーザー車検という
ボート関係もなんとも忙しい感じになってまして、
整備&アルミボート艤装の簡易解体とか色々山積み。






ルアー製作は気が抜けてダラダラと過ごした連休のつけを
今払っているところです…。
まだ一部完成してなかったりします(^^;)


掲載する写真もないので、完成Leaferでも。




image1.JPG



image2.JPG
image3.JPG


パーチ良いな~。自画自賛(笑)
明滅イメージ写真も撮ってみました。
半分光り物系に分類されるので、
日中とマズメ時で印象の違いが出るタイプかと思います。
SH4やチャート系は色の発色で明滅できるタイプ。

パーチ、早く使いたい!


Leaferはテネシー系(Petty系)のフラットサイドに比べて、
アクションは少し強めに調整されてます。
関東においてはプレッシャーが高いフィールドが多いというのもあり、
クリアウォーターのシャロークランキングが難しく、
タイトウィグルアクションの出番が少ないのが現実です。

あくまでも現場主義な設計ということで、
Leaferはクランキングフィールドであるクリア過ぎない利根川水系の水色や
ステイン系の霞水系での使い易さを優先して設計されてます。

大きすぎず小さすぎず、弱すぎず強すぎず、
レスポンスが良くて、そこそこ飛距離も出るという
Leaferの設計は関東で使うシャロークランクとしては
ど真ん中だと思ってます。
1m前後のシャローを流しながら、カバーがプアなエリアから
ちょっとしたカバーまで対応できるというクランクベイト。

スプーンのような形のラウンドリップは
水の抜けとカバーからの抜けの良さを意識したデザインです。
カバータッチ時に横になり易いラウンドリップですが、
ソフトカバー(ボトム)への対応力や
動きを止めないことを優先して採用してます。

ゆえにカバークランクをする際はMBXに比べて、
やや優しくリトリーブするようなイメージです。
スピードもややスロー。
リアクションの釣りなんですけど
優しいリアクションの釣りという感じでしょうか。
カバータッチ時はあまり跳ばないようにするのが良いです。
ちょっと姿勢を崩すくらいが理想。
オートマなMBXとマニュアルなLeaferとも言えます。
結構楽しいです、フィネスカバークランキング(^^)




会場での販売ですが、朝できたらやりますが、
試合中にスイムテストしなければならない場合は、
湖上販売かな?
試合中に私を見つけていただいて販売するという新たな試み、
いかがでしょうか?その時の釣れ具合で価格が変動して、
釣れてない場合は価格がちょっと高くなったり(笑)

誰も声を掛けてくれない場合は、
「ルアーいかがっすか~」と背後から声が掛かるという。
「今はいいです」と返されても
「まあまあアクション見てよ!ほら!いいでしょう!」
とかウザさを出しながらセールスに励み、
「今財布持ってないのでいいです」
と断られるという。そんなことやってみたいな~。

でも湖上でお金のやりとりしてたら
悪いブツを取引しているような感じになりますね…。
湖上販売、あきらめるか。

というわけで、朝は何だか余裕なさそうなので、
集合写真撮影後にやることになるかと思います。
すいません、その辺臨機応変にやります。


週末は穏やかだといいな〜。



nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大会がらみの協賛・物販用クランク [販売情報]

●お知らせ
-----------------------------------------
9/17(日)牛久沼・たまやオープン

台風のため
9/24(日)に延期になりました。
-----------------------------------------



「釣りに行きたい」
から
「1日ぼーっとしてたい」
に変わってきている今日この頃。


予定より1日オーバーで何とか塗装完了。
ギリギリスケジュールが
「超」ギリギリスケジュールに移行しました…。
多分スタート後のたまや桟橋でスイムテストだな~(笑)
っていうか当日は台風で大会どころじゃなくなるかも(^^;)
参加予定の方は台風の進路を注視しましょう!


今週末17日の牛久沼たまやオープンと
来週末23日の将監川・長門川 坂巻農園カップの物販は
今回アップするクランクが並ぶ予定です。
賞品もこれらのMBクランクを協賛させていただきます。
(たまやオープンはMPB、アザーセルフ、ZPI、MB協賛大会です)

製作がギリギリ進行でアップできないかもしれないので、
今の内に販売クランクのアナウンスをしようかと。





まずはLeafer。
定番的カラー3色です。




image2.JPG




えーまだ未コートです…。

写真のLeaferのSH4、ブルーバックチャート
ブルーギルはJFLCCと同じです。
実釣を意識したセレクトなので、
試合会場の物販としても良いセレクトかなと。




あと、記事を書いたことだし
ブラックバックチャートのMirrorを少々。
牛久は使い所がある気がします。




image3.JPG




そして、Leaferの新色。




image1.JPG





予告してたパーチです。
Leaferの定番色にしたいカラーです。

ホットタイガーより光る感じのカラーで、
私的にはホットタイガーの派生カラーという位置付け。
サイドはチャートベースにゴールドスケールなので、
派手と言えば派手なカラーです。
「Sun granny」に近いかも。


白・シルバー系明滅のSH4と
チャートゴールド系明滅のパーチ
という感じでしょうか。
写真のパーチは光ってませんが、
光が当たる角度だと結構明るい発色になります。

パーチにはストライクドットは無いのですが、
クランクベイトの機能的に付いてた方が良いと思っているので入れてます。
MBクランクは全てベリーフックのフックポイント付近に
ストライクドットを入れています。(ギル系除く)


1枚目写真の3色の私的使い方は

[SH4]
→基準カラー。どこでも使用するシャッドカラー

[ブルーバックチャート]
→濁り水フィールドや河川でSH4とローテーション

[ブルーギル]
→ナチュラルカラー(アースカラー)。上記2色だと強すぎる時に

という感じです。
3色くらいをローテーションするのが
私的には丁度良いです。




試合終了後にオープンするライトな物販なので、
全体にいつもよりも少量です。
フィールドが近いので試投できるようにします。
ただ、さっきも書いたように台風が…。




ではでは、参加される方はよろしくお願いしますm(_ _)m


nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー