So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ
前の5件 | -

亀山とか [釣行記]

久しぶりの釣りはまた亀山で、
いつもの面子でいつものような魚が釣れる展開。


image1.JPG

image2.JPG


ダウンショットは手堅く、
表層は反応はめっちゃあるけど乗らず、
クランクベイトは裏切らない(笑)

写真を見てわかる通り、アオコがダマになって浮いていたり、
一見キレイでも粒子となって水中を漂っていたりで
ルアー操作でストレスを感じるようなコンディションでした。
水温28℃前後。



まあ、それはさておき、
池袋の10minutesさんでもMBルアーを取り扱っていただくことになり、
挨拶変わり?に手元にあった在庫MBXをお届けしてきました。


image3.JPG


数が少なかったので、もう無いかもですが…。
あーmitoはいつ完成するのだろう(^^;)


直近のイベント…というか大会絡みの催しとしては、
9/17(日)の牛久沼・たまやオープン協賛とささやかな物販、
9/23(祝)の将監川・長門川で開催される坂巻農園カップの協賛と
ささやかな物販となります。

参加される方はよろしくお願いします!




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

クリークチャブ [ルアー雑記]

これもJFLCCで買ったもの。


j004.JPG

(上:ABS / 下:ウッド)

ちょうど同じモデル・カラーで
ウッドとABSがあったので、買ってみました。
安かったし(^^)
ちゃんと動くのかな?と思いながら購入。
動かなかったら動くように改造すればいいと
あくまでも使う前提です。

どう見てもウッドモデルの方がオーラがありますね!
塗装の手間の掛かり方も一目瞭然。
ウッドの塗装面のヒビ割れがいい味だしてますが、
さすがにウッド剥き出しが嫌なので、まずは分解。


image1.JPG

ヒートンを外すだけ。
リップは脳天から入っているビスを抜くと外れます。



これをウレタンコートして、
フック交換してリギング。



image2.JPG



このカラーをLeaferに塗る予定。
9月の大会物販用です。



さて、防水できたので浴槽スイムチェックしてみたところ。
ウッドジョイントらしいカコカコと音と鳴らしながらの
スローなタダ巻きが良さそうでした。
イレギュラーなアクションは苦手。


やっぱり古ABUとかで使ってみたいな〜。



クリークチャブで一時期話題になったのはこれの大きい版で
ジョインテッドパイキーというビッグベイトサイズのもの。
今回入手したのは10cmちょいなので、
30cmくらいのバスも気軽に食ってきそうな感じです。


クリークチャブと言えば
ワールドレコードバスを釣ったルアーのブランドとして有名です。
だから買ったというわけではなく、
金属リップと乳首のような目玉が愛嬌があって、
良いな~と思ったから。

ダーデブルもそうなんですけど、
これらは「このルアーで遊びたい」というタイプのルアーです。
現行miniじゃなくてクラシックminiに乗りたいというのに近いです。

MBクランクはバルサクランクの性能を
出し切りたいという思いが詰まってるので真剣モード。
だからたまに遊び心があってワクワクした気持ちで
バスと向き合いたくなります。

その一方でスピニングタックルに傾倒している自分も居るわけで、
要は色々な手段でバスにアプローチして楽しみたいのです。
スピニングの繊細な釣りも楽しいし、
クラシカルなタックルで向き合うのも有意義な時間の過ごし方だと思います。
クランクの釣りはやっぱり大好きで自分の中のバス釣りの主軸です。

ボートもバスボートはアメリカンでカッコいいと思うし、
あの圧倒的なスピードにも惹かれます。
アルミボートは自分のバス釣りの原風景に溶け込むボートであるし、
夏はジョンボートでのんびりとトップを楽しむ釣りも
良いだろうな~と思います。

こう書き出すと結構欲張りなアングラーなのかもしれません。
自分の最終目標は「シンプル」なんですけど、
欲張りだからシンプルになりたいのかもしれないな~と今思いました。


安定の脱線なので、このへんで(笑)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

デビルスプーン [ルアー雑記]

ダーデブル。

悪魔のスプーンと言われる誰もが見たことがあるあのスプーン。
「本当はダーデブルじゃなくてダーデビルなんだよ」とは石名さん談。
赤と白のステータスと言ったのは古館伊知郎。
いや、それはF1実況でマクラーレン・ホンダに言い放ったんだっけ。

でも私の中ではまさに赤と白のステータス。
私の少年時代にはパチモンがいっぱいあったと思います。
それらの大元がダーデブル。悪魔マークがまた良い。

これはJFLCCでたまたま目の前の出展されてた方が
展示されてたもの。



j002.JPG
j001.JPG


う~ん、素晴らしい。
何と言うか、この構造にも執念みたいなものも感じます。
そしてやっぱり赤白カラーが素晴らしい!かっちょいい~!!


j003.JPG


Leaferにこのカラーを塗ることをここに宣言します。
カラー名は紅白デビル?
「紅白」がダサい(笑)



キャップ買っちゃった(^^)
こちらも購入。



j005.JPG



使うために買ったものです。
エリアトラウトで小さいヒラヒラが付いたスプーンに助けられたことが結構あって、
「ヒラヒラ信者」な私がリアクションバイトしたスプーン。
ちょっと調整して使ってみようかと。

カラーがまたいい感じです。
カーブフォールとかどうかな?
これがバスの口に付いてたらなんかグッとくる(^^)




nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

JFLCC in 東京 [販売情報]

夏のJFLCC東京、無事終わりました(^^)
お盆時期という微妙なタイミングの中、
わざわざ足を運んでいただいた皆さん、ありがとうございました!

そんなタイミングだったので、出展者も入場者も
全体的にいつもより少なめでした。



テーブルはいつもの感じ。



image1.JPG


image3.JPG
image2.JPG
(会場の様子)



Leaferを3色買いをされる方多数でした。
フィールドで使い分けしやすい3色ですので
ぜひ試していただきたいです!


次回の東京ショーは来年です。
日程はもう分かっているのですが、
運営さんからいずれ発表があると思うので、
現段階のアナウンスは控えさせていただきますm(_ _)m



さてJFLCC、終わったことだし、
ちょっとだけ釣りに行こう(^^)
JFLCCのB品を持って(笑)



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

JFLCC東京 MBテーブルのご案内 [販売情報]

あっという間に開催週になってしまいました。

JFLCCに来場されたことがある方は勝手がお分かりと思いますが、
毎回、開場前から大勢の方が集まってらっしゃるので、
今回も同様な感じになるかと思います。
当日の天気は曇りや雨マークなので大丈夫だと思いますが、
開場前に来られる方は熱中症などにお気をつけくださいませ。

どのように入場するかは、ちょっと分からないので、
当日JFLCC運営スタッフの皆さんの指示に従ってください。
とりあえず10:00前から並ばないでくださいとのこと。
公式HPに注意事項を記載されてますので、一読ください。



MBテーブルもいつもと同様です。
展示用でプロトなど含むMBルアーは全部持って行きます。
販売は以前アップした通りで、
LeaferとMBXになります。Redcubはありません…。






Leaferはこちらの3色です。





image1.JPG
SH4

マブナがベイトになっているフィールドが
結構ある関東のマッディーシャローでは、
一番使用率が高いカラー。
リザーバーでも使うし河川でも使うしで、
非常に汎用性の高いカラーです。
需要が多いと思ったので他の2色よりちょい多めご用意してます。
MBのSH4はバック以外は全てパール系塗料なので、
ギラギラ感があるのが特徴です。




image1.JPG
ブルーバックチャート

SH4は結構濁り水に強いですが、
チャートの膨張にあやかりたい時はこっちに手が伸びます。
以前は良く塗ってたのですが、意外に要望が多いので入れました。
ブルーはシルバー地に乗せているので、
独特なキレイな発色で私的好みなブルーになってます。
強いチャートの明滅用にいかがでしょうか。




image3.JPG
ブルーギル

SH4を基準にするとこちらはナチュラル路線。
サイドにパターンが入って全体にアースカラーがベースなので、
強すぎない明滅が特徴です。
ギルが居そうなシャローを釣る時もありますが、
クリアアップした時、タフった時など、
割と出番が多いカラーなので入れてみました。



Leaferは今回微妙にリニューアルしてて、
レスポンスアップの方向で調整されています。
水の色を含め、使うフィールドを選ばない使い勝手の良さがあるので、
ぜひ使ってみて欲しいフラットサイドクランクです。

ステディー、トリッキー、カバー、フィネス、
クリア、ステイン、スロー、ファーストと言った
クランキングのキーワードに無理なく対応する
私的ど真ん中フラットサイドクランクがLeaferです。

(イベント価格 3,500円)




最後はザ・カバークランクのMBX。


image4.JPG


ブラックバックチャート1色です。
やはり一番需要があって、
用途的にも一番マッチしているのがこのカラー。
関東界隈ではとりあえずブラックバックチャートがあれば
困ることはほぼないかと。

皆様の迷いを断ち切るべく?今回は1色となってます。

(イベント価格 4,500円)




以上2モデル4色となります。
モデル・カラーとも使用頻度の高いものをセレクトしました。
使ってなんぼのルアーなので、ガンガン使っていただきたいです。
また、修理も受け付けてますので、
当日持って来ていただければ預かります。



販売についてですが、
これも以前アナウンスした通り、
お一人様3個までとさせていただきます。
これで後から来てもモノがある状態になるかと思います。
ご理解くださいませ。


以下、会場案内です。

[会場]
江東区産業会館
東京都江東区東陽4-5-18
http://www.koto-sangyokaikan.jp/
東京メトロ東西線 東陽町下車 4番出口右隣り

[開催時間]
11:00~16:00

[入場料]
500円(JFLCCステッカー付き)



では、皆様のお越しをお待ちしております!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -
2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ