So-net無料ブログ作成

気になったスピナーベイト [ルアー雑記]

スピナーベイトをほぼ使わなくなって久しいのですが、
昨日池袋の10minutesさんで気になるスピナベを見つけて
買ってみました。



こちら。




IMG_4312.JPG



ウォーイーグルというブランドの
アメリカンスピナーベイト。


最近全くチェックしてなかったので、
久しぶりに「釣り具屋」堪能して楽しかったです。


で、このスピナベは、まずこのコパーカラーが
気になって買ったのですが、
その時から違和感を感じていました。







それは、ワイヤーのカラー。






IMG_4314.JPG



ヘッドもフック含めて、
ワイヤーまでメッキ加工されています。
買った時はそこまで深く考えていなかったのですが、
調べたらこれピアノ線を使っているとのこと。





そこから色々と連想が始まりました。
古い話しなのですが、霞ヶ浦オカッパリアングラーだった頃、
スピナーベイトにハマっていた時がありました。
ハマってしまうと、すぐに自作に走ってしまうのは、
いつものパターンで、早速材料集めを始めました。

私が当時行ってたホームセンターにはバネ鋼が売ってなくて、
代用にとピアノ線を買ってきて作ったのが
私が初めて自作したスピナーベイトになります。

早速使ってみると、めっちゃいい感じのバイブレーションが
ブルブルと伝わってきました。
釣れたか釣れなかったかは覚えてないのですが、
この感度の高いブルブルはいいぞ!
と息巻いたのを覚えています。

そして数日後、タックルボックスを開けて驚愕しました。








「ピアノ線、錆びてる…」






そう、ピアノ線が錆びていたのです。
ピアノ線って錆びるんだ…と初めて知ったのでした。




それ以来ピアノ線はスピナベには使えないという考えで、
ステンレスありきのスピナベの釣りを楽しんできたわけです。





やっと本題に戻ります。
もうお分かりでしょう。
このワイヤーに施されたメッキは
恐らく錆び防止のメッキなのですよ、きっと。
(違ったらすいません…)
メッキ剥げたら錆びるのかな??やっぱり。








そして、このスカートは凝ったカットをしています。




IMG_4315.JPG


2段カットでナチュラルな感じで良いですね、コレ。
ちなみにフックはかなり鋭くこのまま使用が可能です。



とりあえず使ってみて、良さげだったら
しばらくボックスに入れておこうかなと。
値段も1000円くらいと、まあまあ安い。


いい感じのブルブルだったら良いな〜。
最近はクランク以外のルアーで釣りたい欲求が凄いです(^^;)