So-net無料ブログ作成
検索選択

Mirrorのリップ [ハンドメイド雑記]

Mirrorのこの独特なリップは
潜りにくく、ゴミが絡みにくく、カバー回避性能も高く
という無理難題を解決するためにデザインされたものです。



IMG_4245.JPG

IMG_4246.JPG



若干空気抵抗が大きいのがネックですが、
そこまで問題にならないレベルで、
ボディー側の設計で回転しないようになってます。

素材は1.5mmのポリカーボネートで、
熱湯で曲げているのですが、曲げても少し戻ったりするので、
曲げ具合(角度)は完全に感覚によるものであり、
狙った角度にするには職人的な仕事が要求されます…。


これを別の方向で何とかできないかと、
試したのがコレ。




IMG_4248.JPG

IMG_4247.JPG


エポキシ樹脂で作ったリップ。
シリコンカスが付いてるな〜コレ。
エイト管を使っているとマスプロ感が出て、ちょっと嬉しい。
色々と足りてないのはテスト用なのでご愛嬌。



まずは強度的な問題はどうなのかと
シリコンで型を作って流し込んで作ってみたんですが、
色々と課題があり過ぎて、もしコレをやるなら
相当大変なことはわかりました(^^;)



ポリカベースの加工で行くのか、
シリコン型のエポキシ樹脂成形で行くのか。
性能、強度、コスト、精度、効率、
こんなパーツひとつで様々なことを考えなきゃいけないという…
ルアーはシンプルの極みみたいな道具ですが、
ハンドメイドでやるとちょっとした壁が
どんどん立ちはだかります。


さーどっちで行くかな〜というところですが、
職人技で熱湯曲げの方が現実的かな。


IMG_4249.JPG