So-net無料ブログ作成
検索選択

サイレント・ログSP完成 [ルアー雑記]

お腹のオペ穴を塞ぐためにABS樹脂を詰め込んで2日程放置。
サイレント具合を確認するためにシェイクしてみると、
微かにカラカラと音がする…。

どうせフックを装着したら音が出るんだし、
また穴を空けるのはな〜と思いましたが、
やっぱり日本人なので、気になってしょうがない。
再オペして取り出しましたよ、鉛カス。

このアセトン漬け樹脂ですが、
アセトンに溶けている状態のものが、
アセトンの揮発によって固まるので、
当然、強度は射出成形機で成形されたものに比べて落ちます。

アセトン漬け樹脂に含まれるアセトンがルアー側の樹脂を少し溶かすので、
軽く接着されている状態なのですが、強度的に不安なのと
気泡が少し入るので、瞬着で表面を固めます。

IMG_4128.jpg


その後、サンドペーパーで均してオペは終了。


IMG_4130.JPG



塗装はベリーのオレンジを再生するだけ。



IMG_4131.JPG



ストライクドットをフロントフック付近に追加しました。
あと、バックは常に太陽光を浴びるので、
パールを吹いて色調変化を狙います。



IMG_4132.JPG




塗装保護と光沢を出すためのウレタンコートを施し、
リギングして完成しました。



IMG_4136.JPG



が、ここで問題発生ですよ。
冒頭のカラカラしてた鉛の重量が結構重かったらしくて、
0.8gウエイトが足りない…。
ドバッてゴミ箱に落ちていったので、
どれくらい入ってたかよく確認できなかったんですよね…。

フックサイズを上げて、さらにウレタンコートを追加するとかして
調整しようと思います。
とりあえず、ラトリン・ログのカスタム記事はこれにて終了です。
興味のある方は挑戦してみてください!