So-net無料ブログ作成
検索選択

ラトリン・ログのサスペンドチューン [ルアー雑記]

とあるラトリン・ログのフローティングモデル。



IMG_4090.JPG


久しぶりに引っ張り出したログたちを見てたら、
このログのこの部分で「ん?」となり、
過去のサスペンドチューンを思い出しました。


IMG_4091.JPG


頭付近の手術痕。



ログのサスペンドチューンは通常お腹に板オモリを貼って、
比重を重くして作るんですが、非常に見た目が悪いです。
(前回記事の写真参照)
そこで、もうボディの中にウエイト入れちゃおうチューンを
敢行した痕が多分コレなのです。


マスキングテープか何かにウエイト用のガン玉か何かを貼り、
それをボディーに貼り付けてサスペンドに必要なウエイトを算出。
それらを頭に空けた穴からインして穴を塞ぎ、(多分バルサと瞬着とマジック)
見た目スッキリの「俺だけのサスペンドログ」完成と息巻いたのでしょう。



でも、それは失敗に終わります。
もうハッキリと覚えてますよ。
落胆したものです。




だって、こうなるんだもん。





















IMG_4092.JPG
(水中での姿勢イメージ)


ジャークすると大量のウエイト(ラトルボール)がテール側に移動して、
テールヘビーに…。

まともにジャークできない欠陥ログになりました(^^;)
その後、追加分のウエイトを取り出して、
フローティングに戻してそのまま放置された個体がこれです。

本気でやるならお腹側のヘッド側フックハンガーの前後に穴を空けて、
追加ウエイトを固定して穴を塞ぐ方法が良いと思います。
ついでにラトルボールを抜いてサイレントにすると
かなり貴重なログになるはずです。


書いてたら作りたくなってきた(^^)
何でスミスウィックは作らないんだろう??


あと、失敗談でさらに思い出したのが、
ウロコ模様のデコボコをキレイに均したらいい感じになるのでは?
という試み。

とにかくイマイチだったことを覚えてます。
具体的にどうダメだったかは良く覚えてないんですが、
「無いな…」
と思ったことは間違いないです。

あのデコボコはジャーク時に水を剥離する機能のある意匠で
意味があるのだと知ったのはその後のことでした。
なので、ログのログたる由縁のひとつであるあのデコボコは
そのままにしておきましょう!



ログ話の余談でした(^^)