So-net無料ブログ作成

コンプレッションウエア [雑記]

コンプレッションウエアを導入したのは
2013年からなのですが、
もうこれ無しでは釣りをしたくないくらいの
アイテムとなって久しいです。



image1.JPG

コンプレッションウエアとは
サイヤ人が着用する戦闘服のタイツ版です(笑)

簡単に説明するとめっちゃキツく着るアンダーウエアで、
動きをサポートしたり疲れにくくしたりする
機能性の高いアイテムです。
私的にそんなざっくりとした認識しかないです(^^;)

カラバリでブルーがあったら
ベジータコスプレが可能になるかと思います。
あの鎧的な部分は浮力体入りのライジャケを改造すれば行けるかな。
誰かやってくれたらMBクランクをプレゼントします(^o^)/

コンプレッションウエアのメジャーどころは
SKINSとCW-Xだと思うのですが、
私はなんとなくSKINSを選んで愛用。
A200というモデル。
現行ではDNAMICという名称になってます。


で、今年に入ってからあちこちがすり切れ始めたので、
いい加減新しくしようと買ったのがこちら。


image2.JPG
image3.JPG


サンデーアングラーがシーズン中着用して
だいたい2年くらいで新調かなというが
使ってみての感想。3年が限界。

だいたい1年くらいで締め付けが弱くなってくるので、
それを重視する人は買い替えるサイクルが早くなると思います。
私は日焼け防止という機能も重視しているので、
まあまあ高いアイテムなのもあり騙し騙し使っていたという感じです。


今回は見た目がシンプルで良かったという理由で
A400というモデルにしました。
アクティブに運動する用のモデルですが、
まあ、そんなに変わらないだろうと。

コンプレッションウエアで効果を体感しやすいのは
トップではなくタイツの方で、
とにかく一日釣りをしても足がむくまないです。
足がだるくて辛いというのが無くなりました。
ボート上で立ちっぱなしなので、
特にボートのバスアングラーには超オススメです。


着用部分は日焼けしないのも大きなメリットで、
疲れ方が全然違います。
この手のウエアを使っている方は
素肌を出して釣りをするのはもう考えられないと思っているかと。
私もそうです。
釣りで素足でサンダルとかも無理です(^^;)


よく暑くないのかと言われますが、
全く暑くはなく、むしろ暑さを緩和すると思ってます。
汗でベタ付くこともなく、水で濡れても不快ではなく、
すぐ乾きます。
根掛かりを回収する際に水中に手を突っ込んで濡らしても
全く問題ないし、涼むためにむしろ濡らすほど。
Tシャツの下に着るので、
Tシャツが汗で濡れてベタベタすることもないです。

今では手袋やフェイスマスクも人気で
「素肌に日光を当てない=快適」
という考えが浸透してます。
そのうち全身タイツが標準になったりして(笑)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。