So-net無料ブログ作成

雨の将監川 [釣行記]

近年は将監川・長門川をメインに通っております。
ひとつのフィールドで試行錯誤することで、
探求する楽しみが出てくるので、
調子が悪いからといってもあえて行くわけです。

霞ヶ浦水系が最近調子が悪いようで、
2週間前の将監もダメダメだったので、
利根川水系もそうなのかな??と。
梅雨なのに雨が少ないとか、見失いやすい要因があるのか、
原因がわからないままなのですが、
結局、行って釣りをしなければ解決しないから
行ってみるという釣りです。
最近はそういうのも楽しめるようになってきました。


そんな気持ちで挑んだ7/1の土曜日の釣りは
友人のおっさん1号(ライトリグ得意)同船で将監川に浮いたのでした。
天気は小雨が降ったり止んだりで、雷雨にはならないまでも
普通に降っている時間もあり、基本レインコンディションな日でした。



06.JPG




雨が少ないところに雨ということで、
釣れるんじゃないかとスタートすると、
水路でまず一本目。




01.JPG





タイニーブラッシュホグのFリグ(1.8g)にて。
あの橋の手前だということは写真でバレますね…。
ちょっとしたブッシュに付いていた魚。
お口がボロボロ…。35くらい。



将監川に入って、ダウンショットにチェンジして、
カバー際から手前に引いてくると、途中で重くなって2本目。




03.JPG





これもお口がボロボロ…。
白い魚体の41、2くらいのバス。





すぐに同じ感じで2本目が食う。




05.JPG




こちらはキレイな魚体で、黒いバス。
キレイだけどまた鵜のクチバシ痕があります…。
サイズは同じく41、2くらい。



バックシートのおっさん1号の膝は早くもガクガクだ(笑)





その後、すぐにおっさん1号がアベレージを1本。
ダウンショットでちょい沖をドラッギングして食った魚で、
白っぽい魚。





白っぽい魚は基本的にそこそこ深いボトムに居る
居着きの魚と仮定すると、
前回釣れたクランクフィッシュ(これも白かった)と
同じポジションと考えられます。
ちょい沖のボトムにはそこそこ魚は居て、
ダウンショットなどのボトム系リグやクランクで少し潜らすと反応すると。
おっさん1号はこのちょい沖のライトリグでのドラッギングが得意なので、
この日、どういう結果になるか楽しみにしていた部分がありました。


その後何もなく、お昼にちょっと休憩して、
結局釣れた時間帯は朝の1時間くらいの間だったので、
単純に時合いが大きく関係しているのだろうと思われました。
他のアングラーへの聞き込み調査(これ重要!)でも
そんな感じでした。


雨が降っている分、前回よりは活性が高くて、
まあ、ワームのスローな釣りですけど、
ルアーを食ってくれたのかなと。



お昼休憩後は長門川でちょっとクランキング。
新型Leafer MRでフィネスカバークランキングで、
43くらいのナイスファイターが釣れました。



08.JPG



オーバーハングと沈みものが絡んだカバークランク場で、
食うだろうと思ったところで食ったので、
めっちゃ嬉しかった1本。

ちなみにタイドは朝はそれほど動いてなくて、
その後の日中夕方と緩やかな下げ傾向だったと思います。
水温は25℃台。

水色はこんな感じ。



07.JPG




その後、また将監に入って、有望そうなエリアに入る。
有望そうなエリアとは何かというと、ベイトが溜まってそうなエリア。
ショアラインにある豊富なカバーを撃っても、
なかなか反応がないので、沖にシフトしようという考えです。
釣れたエリアはベイトの反応があるところが多かったので、
その線で行ってみようと。
ベイトは何かというと実はよく分かっていません…。
なのでベイトというよりも魚っ気と言った方が良いかもしれません。
魚探に反応が出るところ。(レンギョは除く)


で結果は、夕方までにおっさん1号に3本釣られて終わりました(^^;)
サイズは20cm台の小さいものから38君くらいまで。
ちょい沖のダウンショットやネコリグのドラッギングによるものなので、
同じくボトム系の白っぽいバスです。


乗らないバスっぽいアタリは結構あったので、
小さいバスも多いのかな?と思われました。
ギルのバイトはショア寄りで多い印象。





夕方には晴れました。


09.JPG


晴れてからバイト激減したものの、
最後の最後でmito2の中層巻きで1本掛け、
でもすぐにバラし、終了。
ボートのガソリンも終了(^^;)
トレーラーに上げる際に使う燃料を
ギリギリキャブレターに残して。


最後に釣れた3本も1時間〜1時間半くらいの間に釣れたので、
朝と夕方前に時合いがあったような印象でした。
将監川は釣れる時間帯がはっきりしてて、
毎回何時に釣れるとかははっきりしてないんですが、
釣れるときはまとめて釣れる印象があります。
セオリーはタイドにより水が動く時で上げが良いとされてます。
でも現実は一概にそうとも言えないと思ってます。
そんなに分かり易くはないなと。


バスのポジションとしては、
ちょい沖(ボートポジションくらい)のボトムに居るバスは
白っぽいので状態が分かり易いです。
サイズはアベレージ前後が多くて、
ライトリグをズルズルするのが手堅い印象でした。


40UPとか大きめのはもう少しカバー寄りな感じでしたが、
正直良くわかりません(^^;)
カバーに付いたり、ちょっと沖に出てみたり、
移動しているのかもしれませんが、
再現性が低くて追い切れない印象でした。


ただ、カバー寄りだからと言っても
普通にカバー撃ちしていると小さいバスも釣れないので、
ちょっと沖まで探る必要があったのは天気のせいなのか、
そうではないのか…。
そうやって考えて、次回に課題を作って、
自分也に分析・整理していくのがバスフィッシングの面白いところです(^^)
ひとつのフィールドとじっくり向き合う楽しさはこの辺にあります。


この日は全体として、食うルアーは選んでいる感じで、
クランクも結構使いましたが、ライトリグが手堅かったです。
重要なのは時合いとベイト(魚っ気)というのは
どのサイズのバスでも変わらないかなと。
魚が多いのは浅過ぎなくて、ショアのカバーがそこそこゴージャスなエリア。
あと水が淀んでないところ。
そういうところをグルグル巡るのが一番効率が良い感じがします。


クランクだけ使ってると分からないことが、
ワームを使うことで見えて来ます。
見えてくるとクランクで釣るにはどうすればいいかの
ヒントも見えて来る。
好循環です(^^)

う〜ん、スピニングがもう1セット欲しいな〜。



nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 3

future

実は私も最近チラチラとそちらのフィールドに行ってたりします(笑)
最近はなかなか渋い印象で周りの方に聞いてみてもやはり厳しいという方が多かったです。
カバー打っても簡単じゃないですし、クランクも簡単に食ってくれる感じではなかったです。
ライトリグ入れれば食ってくれるけど正直なんでも釣れるっていう印象は無くて最近の状況は難しいのかな~と。
先日のまとまった雨で水もかなり入れ替わっていると思うので状況が変わってる気がしてかなり気になってます^^

by future (2017-07-06 00:59) 

所長

勉強させていただいてます。
なんか私の為に書いて頂いているようなっていう位参考になりました。

先日ちょい沖もやらせて頂いたのですが、赤ちゃんバスが遊んでくれただけで終わってしまいました。

TBCに出てる友人や利根川ガイドに行った友人も1本とからしいので、勝手に劇渋だと思ってました。

ちゃんとスコアをまとめられている方がいらっしゃると勇気を頂けて本当にありがたいです。
by 所長 (2017-07-07 06:51) 

tisa

>futureさん
フロッグの大会も出られてたみたいですね(^^)全体に渋いのはやっぱり水なのか、もしくは食べ物いっぱいあるからルアーはお断り状態なのかのどっちかだと思ってます。ルアーに対してセレクティブになっているのも間違いないなと。
最近はダウンショット用の小さめのワームも色々使ってまして、微妙な違いが釣果を大きく左右するのを実感しています。さすがにハンドポワードで作るまでのモチベーションはありませんが、面白いです(^^)
このまま真夏に突入したらもうちょっと厳しい感があるので、いよいよ本流の利根川進出かなとも思ってます!

>所長さん
コメントありがとうございます!沖は小さいのが多いですね(^^;) 明らかにギルではないバイトで乗らないものが結構あるので、ちょい沖はそんなサイズが群れているのかもしれません。
日曜日のTBCも厳しかったらしいですね。基本的にはルアーはバスには届いているけど食ってくれない状態な感じがするので、ワームでもカラー含め色々と試してみるとか、アクションも色々試すとかして細かくアジャストしないと難しいのかもと思ってます。ソムリエフィッシングです(笑)

by tisa (2017-07-07 15:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0