So-net無料ブログ作成
検索選択

夏日の将監川とワームの釣り [釣行記]

日が伸びてきているからお昼出船なんだぜ。
別に寝坊じゃないんだぜ。

ということで、めっちゃ暑かった日曜日に
いつもの長門川スロープから出船して、将監川へ。
これから帰るであろうボートとすれ違うと
ちょっと恥ずかしい…。


IMG_4458.JPG



そして、このタイミングで「釣れましたか?」
と聞かれるともう最悪なのです。

例えば「あ、今釣り始めたばかりなんですよ〜」という返しだと
「マジか…おっそ…」と思われる恥ずかしさがあり、
例えば「あ、まだ釣れてません…」という返しだと
「マジか…下手クソ…」と思われる恥ずかしさがあり、
もうどうにもこうにも返しようがないわけです。


どうかそっとしておいて頂きたいわけです。




さて、釣りです。
いつもは浴槽でクランクベイトを泳がせて研究しているのですが、
最近はワームの研究に勤しんでおります。
改めてそのアクションを見ると、まあ釣れますよねこれは。


で、気になったのが「スワンプクローラー」
という超定番ワーム。
河口湖に行ってた頃は随分使ったものです。
こちらは通りがかりに寄った黄色いお店で、
見かけて買ったもの。




IMG_4470.jpg


レインズのスワンプJr.。
なぜゆるキャラが印刷されているんだぜ。


スワンプの良いところはいっぱい入ってて、
安くてどこにでも売っていること。
そして釣れる(^^)



今回はこれをダウンショットでリグって、
使ってみようと思ったわけです。
まだ回復しきっていないこの時期にピッタリかなと。



シンカーは極小のガン玉で、
これまた河口湖時代に常用してたもの。



とにかくリグをなるべく軽くして、
スワンプもワッキー掛けして、
フォールで食わすイメージのダウンショットです。
2段階のフォールスピードを使えるように
リーダーはある程度確保する感じでやりました。




ガン玉のウエイトで沈む第一段階と、
ガン玉着底後のスローな自発クネクネアクションフォールの
2段階という意味です。
浴槽実験ではこれはもう釣れたも同然という感触でした。




結構なボートが出ている中釣りをしていると、
思いのほか釣れてない感じ?
軽くバズベイトで流してダウンショットにチェンジして、
暑くてダレてきた頃にラインが走る。






一本目。




IMG_4461.jpg




回復してきた感じがするキレイな体。
30前半のアベレージ。
沖まで伸びて水面に浸かっているオーバーハングでの
フォール放置で食った模様。





それにしても柳の綿がうざい…。




IMG_4459.JPG





バズで釣りたいのでバズで流していると、
結び目の所に綿が溜まっていく…。



バズではスカートを引き込んだワンバイトだけで終了。
綿だらけでも使える数少ないハードルアーがバズかと。
もう少ししたら元気に食って来るはずです。






またダウンショットにチェンジして、
個人的に回遊してくるバスが立ち寄る場所と思っているところで、
フォール・放置プレイしていると、ロッドに重みが。




アフター回復系らしい強い引きで楽しませてくれた
42、3のグッドファイター。
こちらも回復系の細いけどキレイな魚体。








IMG_4468.jpg






ガン玉はこの位置でこの大きさ。
ちっさ!



IMG_4468_2.jpg




スワンプはこの釣りに良いですね!
ワッキーでリーダーそこそこ長いダウンショットということで、
カバー回りには向いてないのですが、
この時期は私的にはちょい沖がメインなので、
なんとか使えます。
この魚もカバーから1mくらい沖に落として放置という感じ。
(放置後は回収)
めっちゃスロー(^^;)


こんな状況の中カバーの奥に入れるとどうかというと、
小さいバスが釣れました。
あとギルっぽいバイトが多発…。
そういうポジションな時期なのかな?


その後、期待の夕マズメにクランクを巻きましたが、
反応無しで終了。
でもスワンプの釣りは楽しかったです。




前回爆発したピックルワームも少し使ったのですが、
奥担当だったので、ギルにボロボロにされて終わり…。

そこで気が付いたのは、ゲーリーマテリアルって
使ってるとウエイトが軽くなるということ。
塩が溶け出してしまうのだと思いますが、
新しくすると良く飛ぶんですよね。

帰って測ってみると、交換時期かな〜というところまで使うと
約5%ウエイトが軽くなるという感じでした。
この塩が溶け出すというのがゲーリーマテリアルの釣れる秘密だとしたら
ちゃんと交換しながら使うことが重要だと思われます。
特にスローな使い方ならなおさら。

なんとなくそうかなと思ってたんですが、
はっきりした感じです。

スワンプはどうかというと、
使い古しと新品はほぼ変わらずでした。
交換時期は張りがなくなったらという感じ。


ワーム考察、ちょっと楽しくなってきました。


でも今週末から鋼派モードなので、
またハードルアー主体の釣りに戻ります(^^)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: