So-net無料ブログ作成

Mirrorのリップ [ハンドメイド雑記]

Mirrorのこの独特なリップは
潜りにくく、ゴミが絡みにくく、カバー回避性能も高く
という無理難題を解決するためにデザインされたものです。



IMG_4245.JPG

IMG_4246.JPG



若干空気抵抗が大きいのがネックですが、
そこまで問題にならないレベルで、
ボディー側の設計で回転しないようになってます。

素材は1.5mmのポリカーボネートで、
熱湯で曲げているのですが、曲げても少し戻ったりするので、
曲げ具合(角度)は完全に感覚によるものであり、
狙った角度にするには職人的な仕事が要求されます…。


これを別の方向で何とかできないかと、
試したのがコレ。




IMG_4248.JPG

IMG_4247.JPG


エポキシ樹脂で作ったリップ。
シリコンカスが付いてるな〜コレ。
エイト管を使っているとマスプロ感が出て、ちょっと嬉しい。
色々と足りてないのはテスト用なのでご愛嬌。



まずは強度的な問題はどうなのかと
シリコンで型を作って流し込んで作ってみたんですが、
色々と課題があり過ぎて、もしコレをやるなら
相当大変なことはわかりました(^^;)



ポリカベースの加工で行くのか、
シリコン型のエポキシ樹脂成形で行くのか。
性能、強度、コスト、精度、効率、
こんなパーツひとつで様々なことを考えなきゃいけないという…
ルアーはシンプルの極みみたいな道具ですが、
ハンドメイドでやるとちょっとした壁が
どんどん立ちはだかります。


さーどっちで行くかな〜というところですが、
職人技で熱湯曲げの方が現実的かな。


IMG_4249.JPG




nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 4

SuB

Mirrorのリップは熱湯で曲げてたんですね。力技だと白くなるだろうしどうやって曲げてたのか気になってました。
エポキシ樹脂成形のリップはマスプロ感あって確かにカッコいいですね!
狙った角度の鉄板作り、熱湯で成形したものを挟み込むよう冷える分だけ固定したら決まった角度になりませんかね?t=2.3くらいの鉄板なら万力使えば曲げられるので簡易的な治具になるかも?
安易過ぎですかね?でもハンドメやってると些細な事も高い壁となって立ちはだかるのは私も常々感じています。
by SuB (2017-04-06 23:16) 

tei-g

ひえ~シリコン型でリップ作るなんてできるんですね。手曲げの職人技も大変そうですが…。
by tei-g (2017-04-06 23:18) 

Riddle@A

フロントフックとの距離や回避性能上げようとしてウチも配置になりました。(その節は色々とどーも!)
ウンウンと頭を悩ませて、色んな課題をシンプルに解決出来る案を思いついたときは気持ちいいですよね〜。そこからはカタチにする努力とテスト繰り返す長い道があるワケですが…。
で、エポキシリップはカッコいいけどアイ周りの厚みや重さ…、色々難しそう。
by Riddle@A (2017-04-07 14:51) 

tisa

>SuBさん
専用の鍋(100均)があります(笑)
ペンチ様のもので掴んで鍋底に押し付けるようにして曲げます。
簡単に曲がりますので、興味ありましたらぜひお試しください!
型を作ってというのも有りだと思います。単純に曲がった鉄板だと無理なんですが、専用治具を作る予定です。それでも気を抜くと歪むので、面倒な作業ではあります(^^;)
慣れれば簡単な作業になると思うので、しばし我慢でございます。ハンドメイドはいつも最初は面倒でも克服すると難しくなくなるので、その積み重ねでレベルアップしていくんだなと実感しますね。

>tei-gさん
シリコンの型は簡単にできるので、難しくないですよ(^^)ハンドメイドルアー作ってるとシリコン治具は必要ですし、その応用でリップも作れます。問題もいっぱいありますが(笑)

>Riddle@Aさん
サブサーフェスクランクのリップはハンドメでやるならこのカタチになっちゃいますね。Riddleのは琵琶湖クランクのアレですよね(^^)
見た目はシンプルなんだけどそこに行き着くまでの試行錯誤があって、目に見えない苦労があるんですよね。ハンドメイドルアーはそういうのの塊だと思います。
エポキシ樹脂は仕上がりはキレイですが、数を作るとなると時間と労力が…というところです。今のところポリカでも問題ないので、無理にエポキシ樹脂にしなくてもいいかなという感じです(^^)


by tisa (2017-04-07 18:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0