So-net無料ブログ作成
検索選択

再び将監川へ [釣行記]

週末は寒くはなるけど雨が降るということで、
行くしかないでしょと気合いを入れて、昼過ぎから出船。
なぜ気合いが入っているのに昼過ぎからなのかというと、
色々と疲れているからです(^^;)
ゆっくりスタートすることによって、良いこともあります。


●釣りの最中に眠くならない。
●帰りも眠くならない。
●スロープでのんびりと準備できる。
●午後はどんどんプレシャーが減少していく。
(釣り人が減っていく)
●5〜6時間なのでずっと集中できる。


朝のスロープ・桟橋のザワザワ感が
嫌いなんですよね、何だか…。



さて、今回はカルコンBFSともっと向き合いつつ、
ルアーのスイムテストもしながら初バスを釣るというのが目的。
前回釣れなかったのは難しいところにバスが浮いてたからでは?
などと思っていて、また同じような状況なら別のアプローチをと
作戦を練っていました。

でも雨ということで、もう完全にハードベイトの巻きで行けると、
またグラスメインのタックルです。(いつもだけど)



IMG_4178.JPG



お昼過ぎでこのローライト具合。







春はどこに上がってくるかということを
シンプルに考えて行けば良いので、場所は絞り易くて、
そう言う意味では簡単です。
タイミングが難しいだけで…。





エリアもほとんど移動せずに風に流されながら釣ることが多い
春の将監川はバッテリーの消費はほとんどなく、静かな釣りです。







そういう春のエリアの中のコンタクトポイントで
mito1を水深1m前後のボトム付近をスローに泳がせて、
たまにボトムの木の枝の残骸に触れるという、去年と同じような巻き方。


グーッと重くなるようなところからの気持ちの良いスイープフッキングで、
久しぶりのバスの生命感を感じて春を実感しました。




初バス、頂きました。








IMG_4183.jpg



皮一枚で危なかったです。
低水温期はグラスが一番活躍する時期。




IMG_4186.jpg




42くらいの上がってきたばっかりと思われるバス。




IMG_4187.JPG




カルコンBFS、段々と体に馴染んできましたよ(^^)
この釣りはハイフロートで潜り過ぎないmito1が使いやすいです。
次回販売のmito1はこの仕様です。はい、宣伝です(笑)







水温は12℃でずっと変わらず。




IMG_4200.JPG






雨がまた強くなってきて、日没まであと30分という感じになったので、
イケイケバスが食うんじゃないかと、
ブラックバックチャートのS58-SRにして、
巻きもハイシーズンの巻きスピードまでアップ。




割とカバーが多いコンタクトポイントで、カバーに当てて行くと、
良い感じでかわしてくれます。
自画自賛ですが、S58は使い易いです。







で、イケイケで巻いていると
元気の良いバイトでこの子をゲットー(^o^)/










IMG_4189.jpg





さっきのよりちょっと進んでいる感じがする
コンディションの良い春バスでした。(40くらい)




IMG_4196.JPG




TD-Sの初バス。
この6ftのグラスロッドは想像以上に使い易くて、
またこの辺は記事にしようと思います。





狙ったところで狙った釣り方で釣るのはやっぱり楽しいです。
春のクランキング、皆さんも楽しんでくださいませ!





nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

tei-g

だんだん巻物の釣果が皆さんのブログで増えてきて春を感じますが、週末を過ごした信州は雪で季節のすすみ具合の違いを感じますね。
by tei-g (2017-03-27 20:00) 

tisa

>tei-gさん
週末はまた雨みたいですし、さらにどんどん釣果報告が上がって来そうですね!毎年この時期にバスの匂いを嗅ぐと安心してシーズンインを実感します!
信州は雪でしたか…。関東住まいで良かった(笑)
by tisa (2017-03-29 14:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: