So-net無料ブログ作成
検索選択

カブトムシ竿 [ロッド・リール]

前回に引き続きバランスの話。
こちらがカブトムシ竿(メカブトン)。


IMG_4048.JPG


これは分かり易いです。
パワーがある1本釣り的イメージである
ピッチンフリップロッドになります。
まさにカブトムシ。
前回と同様にIMXブランクで番手は844だったと思います。
7ft、MHのワームロッド。

ロッドとしての性能は特に不満はないのですが、
「軽っ!!」という軽さはありません。でも重くもない。
その代わりパワーやトルク、強さに関しては、
本来の使い方にマッチしたもので、頼もしいブランクになってます。

グリップは邪魔にならない程度に短く、かつバランスが取れる妥協点を
試行錯誤し、コルク部で220mmと短めに設定。
もうちょっと長くても良かったなと思ってます。
パーミングキャスト&ピッチングなので、
通常よりも短くしてしまいがちなのです…。



IMG_4050.JPG



こちらもアルミパイプが入ってて、
エンドにはバランサーもついています。
バランスはこんな感じ。




IMG_4057.JPG




スコ1001mg(175g)を付けると、
フォアのアルミパーツの先端くらいまで
ゼロ地点が下りてきます。
グリップを短めにするとこれがギリギリかな…
という感じでセッティングされたわけです。
ガイドはチタンフレームのSiCNewコンセプト仕様なので、
Kガイドに変えたらちょっと良くなるはずです。



IMG_4052.JPG



よく重い竿には軽いリールは合わないと言われますが、
このバランスが取れる位置が手元に下りて来ないという
そういう理由があるのです。
(感じ方は人それぞれですが)


では軽い竿に重いリールを付けたらどうかというと、
それは用途によるでしょうし、
軽く握ってかすかなアタリを取りたいなら
タックルは軽い方がいい思いますが、
手元にしっかりと重心を置いて、キャストしたい場合は
リールは重くても良いと思います。

手持ちのタックルで、素直に気持ちいいな~と思えるものが
多分あると思うので、どういうバランスになっているか、
一度確認してみるのも有益かも。


ガイドの重量についてですが、
チタンフレームよりもステンレスフレームが重くなり、
小口径よりも大口径が重くなります。
リング素材はSiCよりもアルコナイトが重くなります。
最近は1本のロッドの中でフレーム素材を2種使っていたりするのもあって、
ティップ側だけチタンにして軽くしてコストアップを最小限に抑えるとか、
色々と試行錯誤が行われています。

前にも書きましたがガイドが重ければ慣性が働き、
振った時に竿が曲がりやすくなります。
が、ロッドは使用時にはルアーが付きますので、
ガイドの重量を意識なくてもルアーの重さで曲がるので
ブランクのパワーに対してルアーが軽い場合のみ
その慣性の働きが生きてきます。
ロッド全体が必要以上にもっさりとしなければ、
用途によってはアリなセッティングだと思います。


ガイドセッティングは奥が深くて、
仕様をいじることで微調整が可能になります。
小口径のKガイドだと数が多くなる分、
曲がりを妨げる箇所も増えるということで、
理論的にはNewコンセプトセッティングよりも
曲がらない竿になると言えます。
が、どれだけ違うのかは微妙で、
むしろロッドが軽快になる方に意識が行ってしまうので、
私的にはそこは無視しています。

極端な例でガイドが6個とかなり少ないロッドに対して、
それを12個と倍にすると、
明らかな曲がり方の変化があるはずです。
似た話しとしてはオールダブルフットガイドの竿を
シングルフットベースにすると、ロッドのパワーが
かなり違ってきて、テーパーにも影響があると思います。
ティップセクションがより曲がり易くなるはずなので。



話しがいつのまにかガイドの話しになってしまいましたが、
このカブトムシ竿はバッタ竿に比べて、
バランスの面で満足度が低く、点数的には60点といったところ。
そして、残るクワガタ竿は作られないまま今に至ります…。
確かクランキンロッドかハードベイトロッドにする予定だったと思われます。



nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 4

DEN

市販のロッドをあれこれ試してますが、お気に入りのロッドはなかなか見つからず。
究極は、オーダーメイドでしょうが、これも作って使ってみないと分からないんですよね。
というわけで、自分もロッドビルドやってます!

ガイドって、セッティングでずいぶん変わってきますね。
以前、軽量ルアー用のロッドのガイドを、小口径のチタンガイドにして、数を増やしたら、ピンピンした使いにくいロッドになってしまい、軽量ルアーに使えなくなったことがあります・・・
シングルフット、ダブルフット、ガイドの数、材質など、考慮しないといけない要素が多く、ある程度の傾向はつかんだものの、結局はやってみないと使用感は分からないですね。
by DEN (2017-02-28 06:56) 

tisa

>DENさん
ロッドビルドぜひやってみてください(^^)
まずはお気に入りのブランク探しから始まると思いますが、
市販ロッドを分解するか、ブランクを買うか…から悩み、
自分に合うグリップ回りと自分好みなコスメ、スレッドカラーなどなど悩みは尽きず、泥沼がその先にあることは確実です♪
自分で組むといろいろと勉強になりますので、市販ロッドの見方も代わるはずです。長くつきあえる相棒をぜひ見つけてくださいね(^^)

by tisa (2017-03-01 15:37) 

tei-g

釣り仲間の先輩がノースフォークのブランクで作った竿を触らせてもらいましたが、7ftあるとは思えない軽さに驚愕しました。軽ければいいわけではないと思いますが1日ピッチ、フリップし続けるには軽さはメリットですよね。
by tei-g (2017-03-02 09:28) 

tisa

>tei-gさん
今は7ftでも驚く程軽いブランクが多いですね!
ノースフォークは持ってないですが無いですが、一度組んでみたいブランクです。
ピッチンフリップだと持ち重りする竿はちょっと厳しいですよね。強さが確保されている前提ですが、軽さは本当にありがたいと思える釣りです(^^)
by tisa (2017-03-02 19:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: