So-net無料ブログ作成
検索選択

ジャパンフィッシングショー2017 横浜 その3 [雑記]

おまけ編。

まずは初お目見えのH-1ブース。

IMG_3827.JPG

牛久沼のスーパーロコの高橋さんと
ラッキークラフトの瀧田さん。
高橋さんと仲良くなれば秘密の牛久話が聞けるかも(^^)
聞いても実践できるかはわかりませんが、
色んなことを隠しているのは間違いない(笑)

瀧田さんはいつもルアー製作について色々教えてくれる方で
石川県の多根ダムのフィールド整備に尽力されている方でもあります。
多根ダムは毎年H-1が開催されていて、現地でも盛り上がっているようです。
これが少しずつ他の地域にも広がって行ったら面白いな~と思ってます。

あと、写真撮れませんでしたが、
トーナメントディレクターでありH-1の顔である
鈴木美津男さんも忙しそうに対応していました。

そして、出場選手としてはある意味H-1の裏の顔である
伊藤さん(巧君ではない方の)に
モーターガイドの現行シリーズについて聞いてみたところ、
H-1選手が欲しがりそうな24V機であるX5は
ツアーと比べて速いという人が多いそうです。
私のツアー82はまだ3年くらいしか使ってないので、
まだまだ働いてもらいます。
というか24V機は持って行くバッテリーが多くて面倒なので、
普段用にX3(12V機)が欲しいです。


土日はエントリー権争奪のジャンケン大会?
が開催されたようですので、ゲットした方は羨ましい限りです。
あの電話無限地獄から解放されるのですから(^^;)


ブース内には歴代のヒットルアーが展示されてました。



IMG_3825.JPG


自分のところを写す辺りは人間の小ささを感じますね。
B3はオールドではないものをプラドコさんか借りたみたいです。


今年の年間スケジュールも発表されました。


4月23日 新利根川
6月18日 津久井湖
7月9日 亀山湖
9月3日 相模湖
10月9日 牛久沼

となっています。


やはり春のリザーバー戦は無くなりました。
サイトとハードルアーの釣りは相性が悪いので、
これは良いと思います。
あと5月の開催は無くなりました。
バス資源保護の観点からだと思います。
じゃあ4月はどうなんだという意見も出ると思いますが、
4月下旬の霞水系は混在シーズンでデカいのは終わってると思います。
サイトもできないし、4月のダムでサイトやられるよりは良いかと思われます。

その後のスケジュールはまあ、特段問題もなさそうな感じ。
牛久沼は秋の開催なので、横の動きにも反応良さそうですし、
小さい魚も結構混じってウエイイン率は高くなりそうです。
初の牛久沼最終決戦スケジュールということで、ちょっと楽しみです。


で、今期出場するか否かですが、その都度決めていこうと思います。
まずは電話エントリーという壁が立ちはだかっているので、
出たくても出れないということもありますね…。
一選目は間違いなくエントリー殺到でしょう。




お次はこちら。



IMG_3833.JPG



これをバスが居そうなところに投げ入れると、
真ん中からパカッと割れて、バスが吸い込まれ、
バスをゲットできてしまうという究極のアイテムです。

















営業妨害になりますね…。



魚探の振動子と情報を発信する装置が入っていると思われます。
アイの部分にラインを結んでキャストするか、
別に凧糸などを容易して自分で投げるか、
色々と投げ入れる方法を選んで使ってくださいとのこと。
で、自分のスマートフォンに魚探画面を写すと。
接続方法はBluetoothかWi-Fi。


IMG_3852.JPG

IMG_3853.JPG


Deeper(ディーパー)という簡易魚探。
GoProを意識しているであろう商品ラインナップ。
2万半ばくらいから3万ちょいくらいの値段。

ハイエンドモデルはGPS機能付きなので、
無料アプリのマップにマーキングできるのかな?
カヤックやフローターなどにこのボールを取り付けたい人は
アタッチメントもオプションありました。
あとロッドに直接スマホを付けるアタッチメントもあって、
本物のタックルを使った新手の位置釣りゲーム?
と勘違いされそうです(笑)

アメリカ製品ではく、リトアニアの会社の製品です。


私のiphoneケースはラバー製のもので、
めっちゃ気に入って買ったんですけど、
このケースがここの会社の扱いのものだったらしく、
珍しがられて写真撮られました(笑)
縁があるのかな?



続きまして、Fuji。
ガイドです。


SiCの上位としてトルザイトというのが登場して、
最近はトルザイトモデルも出始めてますが、
今回登場したのがSiC-S。



IMG_3832.JPG



左からトルザイト、SiC-S、SiCとなります。


トルザイトは置いといて、SiC内での比較で言うと、
単純にリングの厚みが薄くなって軽量化されたのがSiC-Sです。

値段は従来型と同じだそうなので、
こちらに移行されていくのでしょう。
特にリングの大きいスピニング用のガイドでは
重量差が大きくなると思うので恩恵はかなりあるでは?






ルアーは時間がなくてあんまり見れなかったのですが、
Redcubがノイジーなのでそれ系の見かけたものだけ。





IMG_3801.JPG

イマカツ ワドルバギーのデカい版。
100mmなのでかなりのボリュームです。





逆に小さいのがこちら。


IMG_3823.JPG


ジャッカルのちっさいウエイククランク。


テールはブレードではなく、しっぽみたいな感じでした。
ジョイントルアー的な感じなのかな?





以上。
これにてFSレポートおしまいです!
3時間くらいあったらもっとじっくり見れたのですが(^^;)


金曜日でもそれなりに人が居て、
土日は結構混んだみたいですね。
出展数が多いかというとそうでもなく、
端っこの方は割とスペースがあったので、
もっと出展数が増えてきたらな~と思った次第です。
販売をブースでできるようにすれば簡単に来場者は増えると思いますが、
そうできない大人の事情があるのでしょう。


とにかく道具に触れると無性に釣りに行きたくなりますね。
朝晩の冷え込みの中歩いているとちょっと萎えますが(笑)
今週末行けそうだったら初釣り行ってきます。



それにしてもカルコンBFS悩む〜。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0