So-net無料ブログ作成
検索選択

ジャパンフィッシングショー2017 横浜 その2 [雑記]

その2はリール編です。
シマノのリールをざっと見てきました。

リールは現状のスコーピオン1001Mg+Availスプール&ハンドル+AIR BFSベアリング
(ギア比6.2/1回転最大64cm、175g)
で実用上問題はないのですが、今期、今時のリール導入を検討しているので、
ベタベタと触って来た感想を書きなぐりました。

IMG_8009-65119.JPG





巻き物前提なので、ギア比はノーマルギア比をセレクトしてます。
クランキングメインで使うのですが、6g~15gくらいまでのクランクを
主にバンク撃ちしながら、ピッチングなども併用して
カバー内に無理矢理ねじ込んだりしていくような釣りをしているので
ベイトフィネス系の特性を好んでいます。
というわけで、主にスプールが軽量なMGL・BFSモデルが対象となっています。


巻き取り長は
[スプール径(目一杯ラインを巻いた時の径とほぼイコール)×3.14×ギア比]
で計算されたメーカー公式値です。





候補一覧




IMG_3805.JPG

メタニウムMGL LEFT
(ギア比6.2/1回転最大66cm、175g、マイクロモジュールギア)
定価:44,100円

シルバーが眩しい汎用性の高そうな1台。
評判も良いようですね。
不満は出ないであろう間違い無さそうなリール。








IMG_3806.JPG

メタニウムDC LEFT
(ギア比6.2/1回転最大66cm、190g、マイクロモジュールギア)
定価:57,800円

DC初体験してみたい(^^)
DC買うならこれかな~。
色は渋めのガンメタで好みです。
好奇心で買う値段じゃないような気もしますが…。








IMG_3803.jpg

アルデバラン 51 LEFT
(ギア比6.5/1回転最大65cm、135g)
定価:45,300円

軽めなルアーも多用するのと、
チマチマしたキャスト性能も重要視しているので、
実はこの辺が私的バーサタイルだったります。
アルデバランはガンダムでいうと「OO」的なデザインですよね?
宇宙世紀的デザインの方が好みなんだよな~。








IMG_3802.jpg

アルデバランBFS LEFT
(ギア比6.5/1回転最大65cm、130g)
定価:46,000円

FTB(マグ)搭載。
小さいものをテクニカルにキャストしたい時もあるので、
こちらも重宝しそう。
それにしてもアルデバラン軽過ぎ(^^;)
個人的にはここまでの軽さは求めていない。









IMG_3807.jpg

クロナークMGL 151 LEFT
(ギア比6.2/1回転最大66cm、185g、マイクロモジュールギア)
定価:35,000円

クロナークのMGLが出ました。
色々丁度良い感じ。デザインも好き。
値段もそれほど高くない。
後々買い足せそうな現実的なリール。
勢いで買ってしまいそう。









IMG_3812.jpg

カルコン101 LEFT
(ギア比5.2/1回転最大59cm、215g、マイクロモジュールギア)
定価:54,600円

頑丈で性能劣化が無いイメージがあるカルコン。
新型になってもやっぱり良いですが、ゴールドがな~。
趣味的でありながら実用性もある未だに魅力的な丸型リール。
コンパクトになっていい感じなのですが食指が動かない…。
シルバーとかガンメタとかだったら動いたかも。
初代は2台ありますが、休眠中。









IMG_3820.jpg

カルコンBFS HG LEFT
(ギア比6.8/1回転最大68cm、200g、マイクロモジュールギア)
定価:54,000円

FTB搭載。
丸型のBFSというのがまた趣味的でそそる。
私的には見た目No.1はコレ!重量も別に気にならない。
自らの潜在意識を探ると自分が一番欲しいのはコレなのでは?
と思ってしまうメカメカしい1台。あーほしー。
これがボートデッキにずらっと並んでたら嬉しい(笑)
あくまでも見た目の話です。

でもギア比がちょっと高いのが気になる…。
値段が高いのも気になる(笑)
BFSだからしょうがないのですが、
これを買った後にノーマルギアが出たら…
と考えるとちょっと待った方が良いか?
まあ現状比6%アップは誤差みたいなものか…とも思えます。
ギア比が低くなる分にはウエルカムなのですが、
高くなるのは必要以上に拒否感・恐怖感が(笑)
クランクばっかりキャストしている方は同意してくれると思います(^^)

FTBは未体験ですが、ネガティブな印象はないです。



あとは写真撮り忘れましたが、
スコーピオンBFSもコストパフォーマンスは良さそうでした。
(ギア比6.3/1回転最大63cm、165g)
定価:35,000円

FTB搭載。
複数台買うならコレもアリなのでは?と思った1台。
スコーピオンにしては高い気がしますが、
1001Mgも同じくらいの値段だった気がします。
オリジナルの方も同様良い感じでした。(←いい加減な感想の極致)


アンタレスは?と言うと、
何となく選択肢に入らないんですよね…。
値段とか見た目とかコンセプトとかが。
複数台とか絶対買えないし。
じゃあコンクエストも同じなのでは?
という突っ込みがあると仮定すると、
見た目も重要なんですよ、と答えるしかないですね(^^;)

懐かしのARは好きなのですが、ちょっと不具合があり、
すっかり放置されてます。
良いリールだと思うのでメンテして復活させようと思いつつも
やってません(^^;)


シマノはマイクロモジュールギア搭載機種が増えてきましたが、
巻き感が従来ピッチのギアと結構違うので、
1001Mgにコレが混じると1001Mgのチープ感ハンパ無いだろうな~
と思ってます。最新リールに対して片や10年以上前のリール、
何世代違うんだという感じですからね。

ちなみに従来ピッチギアの1001Mgに不満があるわけでもなく、
これに慣れているので実際は何の問題もないのも事実。
買わない選択肢もあったりして。
ブルブル感の伝わり方もこれが基準になってるし、
クランクベイトってリールによって結構変わるので、
ギア比とともに気になるところです。



続いてダイワと行きたかったのですが、
時間の都合でダイワやABUは見れませんでした…。
まあ、ここまで来たらシマノ一本でいいかなと思ってます。
(スピニングはなぜかダイワ)




あんまりフィッシングショーとは関係ない記事になりましたね…。
ただ単に購入候補を整理しただけという(^^;)

次回もフッシングショーネタ(おまけ編)続きます。




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

tei-g

同じく1001mgユーザーで新機種購入検討中です。カルコンBFSは6:1ぐらいだったらヘソクリ貯めて手に入れたいぐらいですが、現実的にはクロナークMGLかダイワのタトゥーラSVが候補かな~と妄想してます。
by tei-g (2017-01-25 23:33) 

tisa

>tei-gさん
カルコンBFS、長く使えそうで良いな〜と思ってます!HGで出てるということは間違いなくノーマルギアが出そうなのが躊躇する理由なんですよね(^^;)元々流れのある渓流用ということであのギア比が採用されたと仮定すると、バス用にノーマルギアが出そうな気がしてます…。
クロナークMGLはジュラルミンのマイクロモジュールギアということでグリス管理が大変そうですが、それ以外は剛性含め、特に問題なさそうな気がします。ちなみにカルコンBFSの同ギアはブラス製だそうです。
タトゥーラも話題になってますからね。コストパフォーマンスは一番かもしれませんね!

by tisa (2017-01-27 14:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0