So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

修理とか [ボート]

この間釣りに行った時の道中で、
「カランコロン」的な音を車中で聞きました。
気のせいかな?とあまり気にせずに
いつものスロープに到着して
さーボートをセッティングするかと
トランサム側(後ろ側)に行くと、
タイダウンと呼ばれるボートを固定する装置が
外れてぶら下がっておりました…。


タイダウンを付けるために金具を使っていたのですが、
それが金属疲労で折れてしまったのでした。



IMG_4302.JPG



一番頑丈そうな金具を選んだんですけど、
役不足だったみたいです。
とにかくタイダウンが落ちなかったのが幸いで、
高速道度で外れちゃったら後ろの車に
ラチェット部分のパーツが直撃しなくもないですからね…。



その日の帰りは常備しているベルトでボートを固定して、
帰ってきてすぐにホームセンターで
対策パーツを買ってきて修理しました。



IMG_4305.jpg

修理完了。



後日、散歩がてらに修理したもんだから、
ワンワンはご機嫌ナナメでした(^^;)





IMG_4307.jpg




一回ボートから落水しているのでボートが嫌いなのかも…。





さて、ボートのことはさておき、
H-1初戦、新利根川戦はMPBの櫻井君がなんと優勝したとのこと!

デカログ(廃盤)とクランクということで、
概要は電話で聞いたのですが、ぶっちぎりだったようです。
デカログであったことがキーだったように思えたんですが、
どうなんでしょう。デカいアフターはデカいルアーを食う論。

とにかくこのまま年間を狙う勢いで頑張ってもらいたいものです(^^)
次戦は津久井湖とのこと。


で、私は週末は坂巻農園さんの大会に出場予定です。
全くのノープランです(^^;)
ドアフターなのは分かってます。




トークイベントやります [企画モノ]

いきなりですが、5/13(土)夕方から
池袋の10minutesさんでトークイベントをやります!
http://10minutes-tokyo.com
アクセスはこちら(http://10minutes-home.com/access/

店長さんからありがたいご提案をいただき、
ありがたく乗っからせていただくことにしました。

リドルベイツの粟野氏とのイベントです。
トーク自体はバラバラでやるので、
2人で言ってることが違うじゃん!
なんてこともあるかも…。

ちなみに2人の共通項は「腹黒」だということ(笑)



具体的に何を話すかはまだ未定ですが、
クランクベイトだけのトークイベントって
あんまり無いと思うので面白いなと。
ブログではあんまり取り上げないマニアックな話も
入れていきたいと思ってます。
クランク大好きな方、ぜひお越しくださいませ!

ルアー販売については未定です。
製作時間が取れないのでストックしているやつとか、
イレギュラーものかな?
持って行けたらそんなクランクたちを持って行こうかなと。
来てくれた人に抽選でプレゼントするかもしれません。

夕方からのイベントなので、
釣りに行ってからの池袋はいかがでしょうか(^^)
釣り漬けの土曜日。



何となく頭の中に話すテーマがぼんやりとあるのですが、
四六時中クランクベイトのことを考えたり、作ったりしながら、
シーズン中ほぼクランキングしていると見えて来るものがあって
そんなことを話せたらいいな〜と思ってます。

このイベントがクランクベイトミーティングみたいな感じで
参加してくれた人たちの情報交換的な場になっても面白いし、
以前からクランクベイトだけのイベントやりたいな〜と思っていたので、
ココから何かが始まれば良いなと。

●とにかくクランクベイトの釣りが大好きな人
●ハンドメイドに興味がある人
●これからクランクベイトの釣りを本気でやろうと思っている人
●クランクベイトの釣りが苦手な人
●道具選びで悩んでいる人


全てウエルカムです!



詳細はまた近くなったらアップしようと思います。




気になったスピナーベイト [ルアー雑記]

スピナーベイトをほぼ使わなくなって久しいのですが、
昨日池袋の10minutesさんで気になるスピナベを見つけて
買ってみました。



こちら。




IMG_4312.JPG



ウォーイーグルというブランドの
アメリカンスピナーベイト。


最近全くチェックしてなかったので、
久しぶりに「釣り具屋」堪能して楽しかったです。


で、このスピナベは、まずこのコパーカラーが
気になって買ったのですが、
その時から違和感を感じていました。







それは、ワイヤーのカラー。






IMG_4314.JPG



ヘッドもフック含めて、
ワイヤーまでメッキ加工されています。
買った時はそこまで深く考えていなかったのですが、
調べたらこれピアノ線を使っているとのこと。





そこから色々と連想が始まりました。
古い話しなのですが、霞ヶ浦オカッパリアングラーだった頃、
スピナーベイトにハマっていた時がありました。
ハマってしまうと、すぐに自作に走ってしまうのは、
いつものパターンで、早速材料集めを始めました。

私が当時行ってたホームセンターにはバネ鋼が売ってなくて、
代用にとピアノ線を買ってきて作ったのが
私が初めて自作したスピナーベイトになります。

早速使ってみると、めっちゃいい感じのバイブレーションが
ブルブルと伝わってきました。
釣れたか釣れなかったかは覚えてないのですが、
この感度の高いブルブルはいいぞ!
と息巻いたのを覚えています。

そして数日後、タックルボックスを開けて驚愕しました。








「ピアノ線、錆びてる…」






そう、ピアノ線が錆びていたのです。
ピアノ線って錆びるんだ…と初めて知ったのでした。




それ以来ピアノ線はスピナベには使えないという考えで、
ステンレスありきのスピナベの釣りを楽しんできたわけです。





やっと本題に戻ります。
もうお分かりでしょう。
このワイヤーに施されたメッキは
恐らく錆び防止のメッキなのですよ、きっと。
(違ったらすいません…)
メッキ剥げたら錆びるのかな??やっぱり。








そして、このスカートは凝ったカットをしています。




IMG_4315.JPG


2段カットでナチュラルな感じで良いですね、コレ。
ちなみにフックはかなり鋭くこのまま使用が可能です。



とりあえず使ってみて、良さげだったら
しばらくボックスに入れておこうかなと。
値段も1000円くらいと、まあまあ安い。


いい感じのブルブルだったら良いな〜。
最近はクランク以外のルアーで釣りたい欲求が凄いです(^^;)






リール難民 [ロッド・リール]

つまり、結局、リールは何が良いのか?
あくまでも自分向きのリールは何か?
ということです。


全てのリールをじっくりと試すことは
現実的にはできないのですが、
予算的な問題、見た目の好みの問題もある中で、
選択肢はある程度限られてくると思います。




私が求める性能は

●ギア比はノーマルで
●200gは切って欲しい(そこそこ軽いと嬉しい)
●実売価格で3万オーバーは嫌だな〜
●軽いルアー(6g前後)もストレスなくキャストしたい。
●ギアはジュラルミンでも通常ピッチでも全然OK
●レベルワインダーはメガホン型がいいな〜
●14〜20lbラインをそこそこ巻きたい
●重大な欠陥がない




こう見るとそんなに贅沢は言ってない。






今の主力の04スコーピオンMg1001は
メガホン型のレベルワインダーが無いだけでクリアしています。
いい加減古くなっているのが気にはなってますが…。





現行リール(シマノ)でこれをクリアしているのは
メタニウムMGLとか16アルデバランとかかな?
レベルワインダーを無視したら
新型スコーピオンBFSとかクロナークMGLも
入ってくると思います。







でも結局コレか?
となったのがお馴染みのこのリール。













IMG_4290.JPG





09アルデバランMg。
Mg7は持ってたので、ノーマルの感じは把握できていて、
軽量ルアーを使用した時のレスポンスはイマイチだなというのは
わかっていました。

なので、スプール交換は必須で、
現状は夢屋のスプールが入ってます。



IMG_4297.jpg



Availのスプールが好きなんですけど、
溝が浅過ぎてハードルアーのキャスティング向きではないなと。
ということで夢屋になってます。




ギア比はもちろんこっち。



IMG_4296.jpg



そして、レベルワインダーもクリア。



IMG_4298.JPG




重量は155gと文句無し。
欠陥も特にないし、何と言っても中古のタマ数が豊富で安い!
カタチも好きなカタチだし、
これを2台くらい入れてしばらく使ってみようかなと。


今更それ?
と思われるかもしれませんが、
良いモノは良いということで(^^)




2本目 [ロッド・リール]

2本目のTD-S 601MRB-S。
6ftのTD-Sグラスロッドをまたもや購入してしまいました。


IMG_4280.JPG


この手の中古ロッドとしては
3,000円と少し高かったんですけど、
1本目よりコンディションが良いです(^^)


まあでも安いので気軽に買っちゃうわけですが、
実用性の高さを知ってしまったので、
予備というよりは2本ボートに積んどくのもありかと。
ボートで釣りをする人でクランク大好きな人でも
グラスロッドを4~5本積む人は多分少ないと思いますが、
私はそういうアングラーなのです(^^)

ただ、このTD-Sはやっぱりガイドがでかいので、
オリジナル状態では振り抜け時のシャープさはいまひとつ。
このロッドは私的には小口径ガイドに交換することで
生きるロッドだと思います。
2本を振り比べできる環境で試すと
その差はやっぱり歴然でした。



IMG_4282.JPG
左小口径ガイド 右オリジナル



安いとは言え、2本目を買うくらいだから
私的大絶賛ロッドと思われるかもしれませんが、
欠点もあって、ショートグラスロッドということで、
ロングキャストは苦手です。
特に風が吹くと風上へは全く飛びません…。

グラスはかな~り低弾性な素材なので、
曲がってから戻って来る復元力が弱く、
それはルアーの飛びにかなり影響します。
カーボンロッドに比べて勢いがないので失速しやすいのです。

短くてめっちゃ低弾性という特性が
2重の弱点を突かれる時が風上へのキャストというわけです。
その点、グラスコンポジットや低弾性カーボンは
それなりに飛んで行くのは同時に使ってて実感します。

復元力は、ガイドを上にしてカーペットにティップ側を
押し付けると分かり易いです。
押し付けるときに簡単に曲がる竿は
ロングキャストがしにくい竿(トルク感が希薄)と言えます。

グラス系はティップが硬いロッドはほぼ無いのでクニャと曲がります。
ベリーからバットの力も関係するので、
例えばカーボン補強されてたりすると、ルアーの初速も上がって、
いい感じに飛ぶし、バットが太かったり、厚巻きだったりすると
それだけ復元力が高くなるので、同様の効果があります。


でもこのTD-Sはやっぱり積んでおきたい(^^)
グラスにはグラスの良さがあって、
使ってても楽しいわけです。
ルアーのアクション、カバー回避時の挙動、
バスが食った時のルアーが口元にくっ付いていく感じ、
ファイト時の曲がっていく感じなどなど、
これぞクランク竿と実感します。

今のメインクランキングロッドはフェンのクランクシャフトで
これのサブロッドとしてTD-Sはぜひ積んでおきたい。
グラスコンポジットのクランクシャフトのいいところは、
軽いサークルキャストでも狭いところに
ちょうどいいい弾道でクランクを入れられるところで、
キャストがバンバン決まります。
グラスらしさはしっかり感じながら力まずにスムーズに流せる感じ。
カーボン補強が生きてると実感するところ。

TD-Sはそのショートレングスを生かした取り回しの良さで、
キャストがバンバン決まるのが気持ちいい。
狭いところでのバックハンドの自由度は
レングスが短いロッドが断然有利です。
オーバーハングがあるフィールドではショートロッドは欠かせません。

ということは、クランクシャフトの6ft、MLナンバーがあれば、
最高かもしれませんね。
まあ、そんなニッチな竿は作ってはくれないでしょうが(笑)




前の5件 | -