So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

剛竿 [ロッド・リール]

金曜日に行って来たティムコの某セール。


色々と安いので衝動買いしまくってしまいました…。
そしてロッドとか絶対買わないようにしようと思ってたのに
あまりにもリアルタイムなロッドがあったので
衝動買いしてしまうという…。









こちら。












image4.JPG
image2.JPG




ライギョロッドです。
FAV-SH 73CHJ Sight Special。
SHはスネークヘッドの略だと思われます。
ベジテーションを絡めない釣り用とのこと。

定価5万越えの高級ロッドですが、
安くなってたので触って5秒で買おうと思ったので、
もう広末涼子と同レベルな衝動です。


でもライギョ用として買ったのではなく、
用途はダヴィンチなどのビッグベイトを投げるため。
73レングスはちょっと長いんですけど、
グリップが異様に長いので、使いながら邪魔になるなら
カットして調整しようかと思ってます。
長いのは長いので脇に挟んで扱えるのでラクではあるんですけどね。
谷地坊主風なキャスト(^^)

肩甲骨とか腰に当てたら気持ち良さそうなグリップエンドは
ちょっと変えるかも。




この剛竿はAcesの70CHJよりワンランク強い感じで、
ガイドは大きめのオールダブルフット。


image6.JPG



気兼ねなく使えそうな仕様です。
そして有効レングスはAces70CHJより短くて
とにかくグリップ長いなと。



このライギョロッド、いいなと思ったのは
雰囲気がオールドっぽいというのもあって、
ブラウンブランクにTCSシート、伝統的な飾り巻きが良い感じです。



image5.JPG
image3.JPG




ちなみにセパレートです。



image7.JPG




ビッグベイトタックルをどうしようか考えた時に、
リールをどうしようか考えてたのですが、
身体の負担を考えて右巻きにしようというのが前提にあり、
その次にタフなリールということで、
やっぱりカルコンか?となり、
でもそのために高級リール買うのもな〜となり、








「ん?これあるじゃん」







となった結果がこちら。












image1.JPG






うん、似合う。
5000Cと合う。
右巻きだし、タフだし。

剛竿+5000C=遊び道具

っぽくて良いです。

ちなみにこの5000Cはマグ化とかベアリング追加とか、
ギア比アップとかハンドル交換とか
色々といじられているやつです。

赤い5000も色的に合いそうだけど、
5000Cを使いたい気分です。


ビッグベイトに気分で挑むのは舐めてるかもですが、
やっぱり気分が上がる道具を使いたい(^^)





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ベイトフィネスの感想文 [ロッド・リール]

前回最後に書いたライトリグ論についてですが、
それを書く前にネタもないことですし、
ベイトフィネスの感想文でも書こうと思います。



今期はだいぶ遅ればせながらベイトフィネスタックルを
本格導入したシーズンでした。


image1.JPG


何事もやってみないと本質が見えてこないので、
やってみて要らないと思うなら外せば良いと思い、
専用ロッドのGW66CLJを春に購入。

リールは09アルデMg7にアベイルマイクロスプールと
ヘッジホッグBFSベアリングを入れたものを用意。
レフトハンドルは以前アップした
ZPIのベイトフィネス用のノブが付いてます。


image2.JPG



ラインはいつものクレハの
シーガーR18 BASSの240m巻きで5〜7lbを使い分け。
フロロはこれが一番コストパフォーマンスが良いと思ってます。
予想外に不意に切れたことは一度も無いです。

ちなみにナイロンラインは
東レのバウオ スーパーハードポリアミドプラスが好き。
ずっと使ってて不満の出ないラインです。
伸び過ぎず、強度の安定感も信頼できます。
もちろんナイロンらしいしなやかさもあります。

ナイロンラインは16lb以上しか買わないですが、
逆に言えばフロロは16lbまでしか使わないです。




さて、ベイトフィネス。
スピニングの代わりになるという認識は今はなくて、
やっぱりベイトならではの使い勝手の良さと悪さがあるなと。

手返し良く撃つという釣りに関しては
ベイトフィネスはスピニングに比べて効率が1.5〜2倍アップする感じ。
そして精度の良さも言わずもがな。
ピンスポットを精度良く素早く撃っていくところに
ベイトタックルならではのメリットが出てきます。

そして太めのラインがトラブルなく使えるので
より奥が狙えるということ。
これが2大メリットです。




「知ってる」


という声が聞こえてきた気がする(笑)







逆にデメリット。

まずはワームのナチュラルなフォール・アクションでしか食わない場合は
スピニングのライトラインタックルと結構釣果に差が出るということ。
例えばちょい沖の水深があるところにキャストして、
フォール〜着底、アクション(シェイク、ズル引き、リフト&フォール)
をする際にどうしても3lbなどのライトラインとの差が出て、
体感的にライトラインに分があるのは何度も経験しました。

では、ベイトフィネスに3lbラインを巻けば良いかというと、
やっぱりドラグ性能に不安があって、
クラッチ操作でカバーするのも慌ただしくて面倒だな〜と。
そして水深があるところへのキャスト後のフォールも
スピニングの方がナチュラルです。
ワームの力を100%発揮しやすいというか。

ライトリグに関してはこのナチュラルなフォール・アクションが
すごく重要だと思ってて、
同リグで使い比べてもスピニングタックルが
圧倒的に優位なことが多かったです。
特にデカめのバスの場合はより顕著な気がします。
スピニングはラインが細くできる他に糸ふけを出し易い
というのも関係していると思ってます。


もうひとつ、私の使っているリールならではのデメリットもあります。
遠心ブレーキの汎用性の低さです。
軽いものをピッチングするという用途に特化したセッティングだと
通常キャストがしにくいです。

これを緩和する手段としてはベアリングを
ノーマルに戻すというのもあるのですが、
根本的解決にはならず、オールマイティーなら
マグかな〜というのが今の私の考えです。
現行アルデのBFSとかどうなんでしょう??

まあ、ほとんどピッチングしかしないから
致命的なデメリットにはなってないんですけどね。



そんなわけで、
私のボート上からスピニングタックルが外れることはなく、
ライトリグをやるなら基本2本立てというのが現状です。
どちらも必要です。やっぱり。


そしてベイトフィネスロッドについて。
GW66CLJは長過ぎず短すぎずで、
ピッチングする際に必要なレングスは持ってるし、
操作感が悪くなるロングレングスでもないし、
オールマイティーな使い勝手でとても気に入ってます。

設計者の受け売りでもありますが、
ここから6ftや5ft台のショートレングスになると
操作感重視のロッドになって、
例えばシューティングやそれに近い近距離戦で
如何に意のままにライトリグを操るかがキーな釣りで
メリットが出て来ます。

逆にロングレングスになると、ピッチンフリップな用途で
非常に便利なロッドになります。
610とか7ftとかそんなレングスです。
66レングスからのメリットとしてはピッチングというより、
フリッピングできることが大きいと思います。
ピッチングでもロングディスタンスなピッチングは有利になるので、
私的にはショートよりロングが1本欲しいところ。
(新利根川や将監川を想定)




今期は後半からこのベイトフィネスタックルに
ずっとこのフレキシーカーリーが付いてました。


image3.JPG


ずっとというのは釣りから帰ってきてもずっとこのままということ(笑)
次回リグるのも面倒だし、ワームもまだ使えるし…ということで。
スピニングも同様です(^^;)
ラインやフックに不具合が出てはじめてリグリ直すという感じ。


「常に臨戦態勢」


というとちょっと聞こえが良いかな。




nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ダヴィンチ/ELEMENTS [ルアー雑記]

ELEMENTSの久家さんと永田さんにお会いしたのは
今夏に内々で催された池袋の10minutesでの店内宴会?でのこと。
(一応閉店後です)



image1.JPG




色々と規格外のお店ではあります、10min…(笑)
釣り具だけでなく、釣りに関する面白いグッズも扱っているので、
私的にはそっちに食いついてしまい、
予定外の買い物をして帰るショップです。


ELEMENTSのお二人は、とにかく意識が高くて、
エネルギッシュに行動するすごい人たちでした(^^)
一言で言うならば「ま、眩しい…」です。
我ながら自分はアンダーグラウンドなヤツだなと(^^;)


で、この時にご本人から色々とお話を聞かせていただき、
ダヴィンチの発売を楽しみにしていたのでした。









先日入手したダヴィンチがこちら。






image10.JPG







私の行動範囲的には濁り気味なフィールドが多いので
チャートバックとブラックの2色をセレクト。
ブラックはチャートバック…というかチャートラインバックにしたい。
ベリーもちょっとだけパール吹くと思います。

ELEMENTSテスター(徳長君)も在籍する10min。
使い方とか色々聞いて、出し所を色々と考えておりました。
季節的にはバスもディープに落ち始める頃なので、
これからは巻きでそこそこ潜行するというバイブレーションモードで
浮力調整しながら使う感じになると思います。

それにしても、この新たなデザインは興味深くて
こう改造したらどうなるんだろう?とか
ついついビルダー目線で考えてしまいます。



(注:今回の記事内容は私の戯れ言です)



フロント側のボディ内に透けて見えるこのウエイトセッティング。



image7.JPG



ご覧の通り、ウエイトがフロント寄りなのでフロントヘビー気味なのが
ダヴィンチの特徴のひとつで、これによりノーマルスイムモードと
バイブレーションモードの2モードでの使用が可能になってます。







ナイフのような曲線を描く下向きのテールラインは
水を受けナチュラルなロールアクションを産む一翼を担っているはず。
ミノーでもよくやるラインで、私も好んで使ってます(^^)




image8.JPG





ロールのアクションを左右の振りのアクションに変換できる
このデザインはリップ付きでも躍動感が出るので、
ダヴィンチがリップ付きになったらどうなるのか
とても興味があります。

テールが先端までABSではない理由は破損防止と
素材の比重の変化などで微妙なアクション調整の意味があるのでしょう。
簡単に別カラーなどに交換が可能とのことです。


斜めジョイントですが、
「大きく動いているのに小さく動く」
というところがミソなのでは?と思ってます。
それなりの角度まで可動領域がありつつも、
実際はそれほど派手に動いているように見えないという。




ジョイント軸で撮ったこの角度と…




image1.JPG




真上から撮ったこの角度の違いです。




image3.JPG




両者にかなり差があります。
どちらも限界角度まで曲がっている状態です。
撮ってる角度を変えただけ。
曲がるというより半捻れする斜めジョイントは
より生物的な感じがしますね。


なめらかで生き物的なアクションの秘密がこれかなと。
考えつきそうで考えつかないこの斜めジョイント、
ビルダーとしては、してやられた感があります(^^;)





バイブレーションモードでは
先端にウエイトを装着することでノーマルよりも安定します。
この追加ウエイトの重さでシンクレートを調整できるので、
簡単にお好みのシンキングダヴィンチが作れます。
私は手持ちのタングステンシンカーを使ってみました。



image9.JPG



バイブレーションを設計したことがある人はわかると思いますが、
バイブレーションはバラストウエイトの位置がクランクベイトに比べて
かなり前寄りになります。
中央寄りだとルアーの前後があやふやになり、
特に巻き始めの姿勢が安定しなくなります。



元々前下がりバランスのダヴィンチは
バイブレーションモードだとさらに前下がりになり、
潜行深度が増し、斜め姿勢のおかげか意外な程に根掛かりしません。
長時間使ったわけではないですが、
将監川でウエイト追加ありなし(フローティング/シンキング)
どちらも致命的なスタックはなしでした。
ボトムクローラーとしての性能も非常に優秀です。

リザーバーのディープでビッグベイトとか面白そうなので
やってみたい気持ちはあります。
ただ、根掛かり回収棒が届かない深度で
まあまあ高価なダヴィンチを泳がせられるかは、
ちょっと微妙なところで、とりあえずは2.5mまでの水深で
使ってみたいと思ってます。
やっぱりディープはスナッグレス性能の高い
ソフトタイプのビッグベイト(スイムベイト)が良いかな?



先端アイに結ぶノーマルモードでは
先述の斜めジョイントの効果か、
今までにないナチュラルな泳ぎを見せます。
その変わりトリッキーなアクションは苦手で
ステディーなリトリーブでの使用が基本になるかと思います。
そういう意味ではやっぱりクリアウォーターで使いたいモード。


勇気がいりますが、内部ウエイトをいじって、
トリッキーアクション対応設計にしたら面白いかもしれません。
それが可能かどうかはわかりませんが、
濁り水で使う際はそういうアクションで
ネチネチ誘うダヴィンチが欲しくなります。
特に濁り水が多い関東アングラーや
オカッパリアングラーはそう思う人が多いのでは?

具体的には水平姿勢で薄い皮一枚潜って
左右に艶かしくドッグウォークするようなアクション。
その時、斜めジョイントがどう機能するか…
ひょっとしたら邪魔をして回転しちゃうかな?

妄想は膨らみます。




タックルですが、完全にビッグベイトサイズなので、
私の手持ちロッドの一番硬いフェンのAces70CHJを使いました。
最低でもHクラスで、ロングキャストするならXHがいいな~という感じ。
ラインは20lb以上は必要かと思います。
私は扱い易いナイロンラインを使用しました。



ELEMENTS & ダビンチ、
今後、どのような展開になるか非常に楽しみなルアーであるし、ブランドです。
久しぶりにハードルアールアーにお金を使ったし、
使い込んでみたいと思ったルアーでした。


「もう買ったよ!」

とか

「もう釣ったよ!」


という方も多いと思いますが、
新作ですし自分の中でどう消化していくか、
ワクワクしながら楽しめるルアーかと思います。

ビッグベイトはクランクベイトやワームのように
割と結果が出易いルアーとは違うし、
それらと同じように使ってても釣れないカテゴリーだと思ってます。
より戦略的に、時にはダヴィンチだけ持って向き合うのも
楽しいのではないでしょうか。


ルアーは何でもそうですが、
ある程度長い期間、使い込むことで、
見えてくるものがあります。

私は今期ライトリグを意識して多用しているのですが、
やっぱり最低でもワンシーズン使ってみないと
ライトリグとは何ぞや?というのが理解できないと思うし、
実際やってみて分かったことも多いです。
その辺は年末にでも書こうと思ってます。


というわけでダヴィンチ、面白いと思ったので、
来期は常にワンタックル常駐させて、
私なりに消化してみようと思ってます。




nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ゆるい感じの釣行 [釣行記]

晴天の日曜日は友人S平とゆるい釣りへ。
印旛方面で午前中過ごすもほぼ何もなく、
ボートを上げて、そそくさと将監川へ移動してボートをIN。


image3.JPG




残り時間約3時間半。この時期の日没は早い…。




それにしても天気が良い。



image2.JPG



雲ひとつねー(笑)




ゆるい釣行なので魚探はなしで水温も分からず、
ルアーが冷たいので結構下がっているのかと思ったら、
15℃あるという。(常連さんに聞いた)
水位はやっと通常水位に戻ってました。


いつものクランクたち(主にテストモデル)と
いつものフレキシーカリーのDSと
スイムチェックするために持ち込んだダヴィンチの
3種をローテーションしながら釣りは緩急があって良いです。






結果的にはシャローのクランキングは割とイージーな感じ。
クランキングモードになったらポンポンと釣れました。






image6.JPG
デカLeafer SRにて。




image5.JPG
Leaferパーチカラーにて。





普通にシャローを流していればアベレージサイズは
簡単に食う感じでした。
デカいのはどうも居場所が違うようです。
朝からまじめにクランキングしたら数は出そうな感じ。

イナッコらしきベイトはピチャピチャと元気で
表層の生命感はありますが、ボイルはなし。

ライトリグはイマイチ反応が悪いのは、
バスが散っているからかな?



ダヴィンチは今回はスイムチェック程度なので、
魚は無しですが、これだけ持ってデカいのを狙うのも
面白そうと思えるルアーでした。
次回インプレ記事でも書こうと思います(^^)




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

バウンスバスターを自作 [ボート]

そもそもバウンスバスターとは何ぞや?

という方も居るかと思いますが、
簡単に説明するとエレキを上げてる時に
マウントやバウデッキに掛かる負担を和らげる「支え棒」です。

船外機での移動時やトレイル時に船体が揺れると
エレキやマウントが自身の重みでグラングランと揺れるので、
それを支えて固定した方が良いというわけです。


普通に市販されているものは21スプリングゲーター用で、
私が使っている360フレックスに付けられる商品はありません。
そこで間に合わせで作ったのが以前アップしたこちら。


IMG_0388.JPG
IMG_0397-86e00.jpg


その辺に転がってた木片にベルトを付けただけのものです。
この後、一応ちゃんとカーペット貼りして使ってたのですが、
デッキ埋め込みのナットにねじ込むのが面倒なのと、
釣りしている時に邪魔なので完全トレイル用になってしまっていて
使い勝手が悪いのでちゃんと作ろうと思ったわけです。





そして、色々とパーツを探して作ったのがこちら。




image8.JPG




全部「モノタロウ」にて通販で購入。
基本的にはM10のボルトを支え棒にして、
六角にワンタッチで取り付けられるノブを付けただけのものです。
(本当はプラ製のノブではなくゴム足が良かった)
ボルトはちょっと長過ぎましたが、
ちょっと長い分には実用上問題なし。


本来はマウントに固定するパーツで、
具体的にはエレキのシャフトを固定する
アタッチメント部分に付けるのが邪魔にならなくて良いのです。

でもそれをやると加工が大変でお手軽ではないので、
もうエレキのシャフトに付けてしまおうと
シャフト径に合わせたクランプを探したのでした。






こちら。




image9.JPG



蝶ナットを外せばパカッと開くので簡単に取り外し可能です。
クランプの内側にはゴム板を貼っているので、
シャフトに傷が付くこともありません。

シャフトに付けるので純正同様にエレキを下ろした時に
水平になって邪魔になりません。



image10.JPG



ちなみにクランプは内径39mmのもので、
ゴム板の厚みでいい感じにフィットするように調整してます。


これが一番簡単な自作バウンスバスターじゃないかな~と
思ってます。えー自画自賛です(^^)




次はマウントに付けるダンパーかな?
車のトランクを開ける際に補助してくれるあのパーツ。
マウントに付けると上げ下げが劇的にラクになるというのは
レンタルバスボートで体感済み。
まあ、これも汎用パーツ買って来て自作の流れなんですが…。

エレキの24V機は重いのでぜひ付けたいな〜。




nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -