So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

バス釣りとトラウト管釣りの共通点 [雑記]

う〜ん、完全に風邪をひいてしまった…。
とりあえずストックしてたネタをアップします。
古くなったらアップしにくくなるので!


またエリアトラウトの話なんですが、
相手はトラウト族でもクリアウォーターだと
やっぱりクランクベイトは効きにくいなという話から。

クリアウォーターな鹿留に対して濁り水なのが
以前よく行ってた王禅寺。
両エリアともに経営が東電からタックルベリーに移行しています。
震災の影響かと思います。

それはさておき、王禅寺。
魚の密度やアングラーの数が鹿留とは全然違うのですが、
割と強い釣りが効きやすいのが王禅寺。
私的にはやっぱり水質・水色が大きく影響しているように思います。


その辺がバスと同じで面白いなと。
王禅寺はクランクベイトや強めのシャッド、
バイブレーション系などを入れても釣れ続くことはなかなか無くても
反応があってアクセント的に使うとポツポツと釣れます。


IMG_6416.jpg



対して鹿留はクランクはガン無視で
完全に見切られているのがはっきり見えてしまうという…。
ミノー系でワンチャンという感じでしょうか。
鹿留の管理人さんも言ってたのですが、
スレたデカイトラウトも池岸際の掃除をして濁った時は
比較的簡単に騙せるそうです。



クリアウォーターでは小さめのスプーンは安定感があって、
バスにおけるクリアウォーターのライトリグ的ルアーです。
というよりI字系とかそんな感じかな?

最近はフェザー系のものやタテ釣りなんてものもあって、
割とイージーな釣りなのですが、
それらがバスのワームの釣りに似てますね。

でも私はやっぱり巻く釣りが楽しいので、基本巻いてます。
特にスプーンの釣りは奥が深くて好きです。
トラウトの管釣りの面白さの8割以上は
このスプーンの釣りが占めると思ってるくらい。

スプーンの釣りはクランキングと共通点が多くて、
まず釣りをする上での基本中の基本が
レンジコントロールと一定巻きなのです。
そして適切なスプーンセレクトとカラーセレクト。
本当にクランクベイトの釣りと似てます。


巻きの所作はエリアトラウトをやると
その重要性を理解しやすくて、
綺麗に一定の速度で泳がないとすぐに見切っていくのが
目視で確認できますし、熟練者と初級者の差が出やすくて、
圧倒的な釣果の差が生まれます。

私はそれはバスのクランキングも同様だと思ってます。
だから使うリールは非常に重要で、
個人差があるので「これ最高!」というのは無いと思いますが、
使い慣れた道具を使うべき釣りなのです。

重量、ギア比、巻き感、ハンドル長、ノブ形状などなど
クランキングに使うリールはあまりコロコロと変えない方が良いですよ。
そして複数本積むなら同じリールにするのが良いと思います。


スプーンのレンジコントロールはスプーンのウエイトや形状で調整できますし、
基本中の基本である「カウントダウン」で調整します。
釣りキチ三平でもやってた昔からあるテクニック。
底まで何秒で沈むかを数えて10秒なら5秒で巻き始めれば中層という
シンプルなものです。何段階か任意に刻んでいきます。
でもシンプルだから奥が深くて、さらに中層は完全にイメージの世界なので、
結構うやむやにやってしまいがちなところでもあります。

適正レンジに合わせる(探す)ことで
トラウトがバイトする可能性がある距離が少し伸びる、
低活性時に上下の移動をしてくれない時に優位性が大きく増す、
などのメリットがあって、これに先程の一定巻きの練度の差や
アタリを取る練度の差、ルアーセレクトなどが加わって、
熟練者と初心者との差が普通に10対0くらいの差になります。
それが管釣りのスプーンの釣りの面白さ。
すごく日本的だとも思います。


クランクベイトはスプーンほど繊細なルアーではないし、
基本的に濁り水で使用するルアーなので、
そこまでの差が出ないのですが、それでも私の中では
基本中の基本と心に刻んでクランキングしてます。




さて、本日から横浜のフィッシングショーです。
土曜日行く予定でしたが、果たして行けるか…(^^;)





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

初釣り [釣行記]

以前は冬はエリアトラウト(管釣り)が定番で、
割と頻繁にあちこち行ってたものです。
だんだんとスキーやスノボに行かなくなるように、
だんだんと管釣りも行かなくなり、
近年の冬はもっぱらルアーを作っている思い出しかありません…。

で、今回久しぶりに行ってみようということになり、
昔よく行ってたメンバー(単なる釣りキチさんことT田さん&王禅寺マスターさん)で
10年以上振りに山梨県の鹿留まで行ってきました。



IMG_6406.jpg


朝の気温が-7℃と厳しくて、
予想通りのガイド凍結ですぐにリーリングが重くなって、
アタリが全然取れない…。


日陰時間が長いエリアは水面が凍っておりました。



IMG_6398.jpg


朝一、魚密度の低い大物池であるパインレイクを見切って、
小物入りのスタンダードな池(鹿留湖)へ移動。


01.jpg
(日中のパインレイク)

03.jpg
(日中の鹿留湖)



陽が入ってきて、気温が上がってきたころから
まともに釣りができるようになって、
ポツポツと釣れ始めました。



07.jpg



水が綺麗で魚の動きがよく見えます。
陽が差してくると釣れごろのアベレージサイズは
ブレイクのボトムに集まってきて、
ライトなスプーンでボトム付近をスローリトリーブすると釣れるという感じ。

デカイのは悠々と中層を回遊してますが、
もちろん簡単には釣れず。


スプーンはスローリトリーブするとどんどん縦泳ぎになってしまいます。
私的には釣れないスイム姿勢です。
だから過度な後方重心系スプーンは使わずに
ノーマルな形状か前方重心を多用します。


10年前から全く更新されていないワレット。



IMG_6410.jpg



上は丸湖スプーン。
形状が独特で実績が高いので私的1.5軍スプーン。

下段右側がバックス。
前方が広くなっていて、アクションが少し違うのですが、
私的にはボトムをゆっくり引きやすいので便利に使ってます。
今回もそこそこ釣れてくれたスプーン。

下段左がイサ。
私の名前と一緒ということで当初手を出してみたスミスのスプーンで、
これと言って見た目の特徴のないスプーン。
でも実績はピカイチでレスポンスが良いので一番多用します。
今回一番活躍したスプーンでもあって、
1.5gをボトム付近でスローリトリーブして使用。
クランクで言うとLeafer的な感じで私の中でベーススプーンになってます。


レスポンスが良いスプーンはデッドスローで引きやすくて
アタリも取りやすい気がしますね。
アタリはリーリングの重さの変化で取ってます。
だから軽い巻き心地が好みです。
まあ、バスで使ってるダイワの古いリールを流用してるだけですが(笑)


一番デカイので40cmちょいでした。



09.jpg




鹿留(ししどめ)は山に囲まれていて、
2つのポンドと川筋のエリアで構成されています。
前後が山なので日の出が遅く、日の入りが早いという特徴があって、
太陽が低い冬場が特に短いです…。
ゆっくりスタートのチケットがあるので、
冬季がそれを使った方が良いかも。




誰かさんが釣ったF1と思われる個体。

08.jpg




水が綺麗でロケーションは抜群です。
魚はめっちゃ釣れる感じではないです。
(魚密度が低い。パインレイクはもっと低い。)



04.jpg
(居るところには居るけど、居ないところには全く居ない…)



2018年の初釣りは久しぶりのエリアトラウトでしたが、
それなりに楽しかったです。
バスはJFLCCが終わってからかな…。
ルアー製作の進行次第ですが
可能なら2月下旬からスタートしたいところです。




nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今年も竿が増えてゆく… [ロッド・リール]

フィッシングショーが近くなってくると、
各社のニューモデルネタがSNSに飛び交い始めます。
リールは話題にのぼることが多くてやっぱり人気ですね。

確かにバンタムMGLは一台入れておきたいところですが、
私はどちらかというとリールよりもロッドに興味があるアングラーなので、
お金をかけるのはもっぱらロッドの方になります。
ロッドスタンドは完全に竹林になっており、
8割は余剰ロッドであることは間違いありません。

そんな折り、年末のOPA!さんで中古ロッドを購入。

IMG_6237.jpg


いつもの面々は元気でした(^^)
お店でグダグダと話し込む営業妨害が好きだった人も多いはず。
もう自宅に押しかけるしかないですね!


さて、購入したロッドはこちら。


IMG_6383.jpg
IMG_6386.jpg

何気に初のセンクログラス。
5.8ftのショートグラスでミディアムと表記されたグラスロッドです。
ミディアムプラスくらいありそうなパワーでこのレングスは貴重だったので、
私が引き取りました。

グリップもショートで良い感じ。

IMG_6388.jpg


TD-Sの6ftグラスと合わせてショートロッドを堪能する釣行の
一員という感じでしょうか。
そんな今思いついたような釣行があるのかは定かではありませんが(^^;)
この「とりあえず持っておくか」というノリの購入で
ロッドがどんどん増えていくのです。

「Me too!」

という方もきっといるはず!


実際に使ったわけではないのですが、
まあ可もなく不可もなくというグラスロッド。
MBXなどで普通に使えるのではないでしょうか。







そして、先日入手したロッドがこちら。



IMG_6380.jpg
IMG_6381.jpg


フェンのPMXシリーズからハードベイト特化型ロッドである
TPMX 65CLP+Jというモデルです。
栃木からの刺客経由で私のもとにやってきました(^^)


低弾性寄りの中弾性?の適度なだるさがあるブランクで
テーパーも早めにちょっと手前にベンドが移行する
ハードベイト向きなテーパーになってます。



IMG_6382.jpg



当ブログを見ている方だったら好きな人が多そう。

オカッパリでハードベイトメインを楽しむ竿としても良い感じです。
1/4〜3/8ozが気持ちよく使えそうなので用途は広いと思います。
クランクベイトはグラスロッド派なので
あまりクランキングには使わないかもしれませんが、
ミッドクランクあたりなら良いかも。
早く使ってみたい。



釣りに行くと結局使うのは2〜3本だったりするロッドですが、
私の場合、単純に竿が好きなのでこうしてどんどん増えて行ってます。
釣りに行く前の儀式として、リールのハンドルをクルクルしてる人はリールチーム、
竿をビュンビュンしている人は竿チーム、
ルアーを手でつまんで泳がせている人はルアーチームだと思ってます。

私は竿チーム所属です。
さて、皆さんは何チーム?




nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

年頭プレッシャー [雑記]

本日から会社に出社しているわけですが、
とりあえず、


皆様、おけましておめでとうございます!
本年も何卒よろしくお願い致しますm(_ _)m


image1.JPG


戌年なのでモデルになれと撮りました。
鼻に何かつけてます。
この表情が何を表しているかというと、
「とにかく早くご飯くれ」です。





今年からブログをもっと頑張るつもりでしたが、
5日にスタートしている時点でどうなんだろう??
と思っております(^^;)

毎年、今年こそガンガンルアー作ったる!
と思って最初は少し頑張るんですが、
長続きしないのは、すぐにシーズンインしてしまうから。
バスが動き出したらもう諦めるしかありません。
だって釣り人だもの…




せめて早めに動いておくかと、
現在JFLCC用ブランクを製作中でございます。



image2.JPG



それ以外のブランクも入っているんですが、
結構な量だな、おい…。

mitoと交互に進めよう思ってます。
そんなことできるのか?とも思ってます。



JFLCC東京は3月11日で名古屋のキープキャストと丸かぶりなので、
そっちに行っちゃう方もいるかと思いますが、
11日は日曜日なので、キープキャストは土曜日に行っていただき、
日曜日はぜひ浅草へ来ていただきたいわけです。


待ってます。





JFLCC用にカットしたブランクはどんなモデルかというと、

 ●Leafer ハイレスポンスver.(イベント用かな?)
 ●デカLeafer(Leafer GS)
 ●DigDawg(少し小型化したやつ)
 ●Mirror
 ●SCRAT
 ●Redcub mini

の6モデル。
これが全部間に合うのか?
というと正直自信がないのですが、
ぜひ並べたいです。


下の3モデルは特に変更はなく、
ただRedcub mini は販売用に作るのは初めてかも。


上の3つは何やらごちゃごちゃ書いてありますが、
まずLeaferは去年ハイレスポンス化したオリジナルモデルの
さらにハイレスポンスなver.です。
これは去年1年ずっと使ってて、キャスタビリティーがやや落ちるものの
とにかくレスポンスがすごくて自分の中で使用率が高かったので、
ぜひ使ってみてほしいということで実験的に入れてみたもの。

鋼派で使ってたのもコレ。




そして、デカLeafer と呼んでいたちょっと大きめのLeaferも入れます。
ちょっと早い気がしますが、変更する点がどう考えても見つからないので、
フラットサイド大好きクランカーにぜひ使ってみてもらいたいということで、
これも実験的に入れてみた感じです。

サイズ感は最初少し大きいと思うかもしれませんが、
慣れると全然大きくなくて、よく飛ぶし(約12g)、よく動くし、
非常に使いやすいフラットサイドクランクなのです。

このモデル、Leafer GS という名前でいいかなと思ってまして、
GSは(global standard)のGSになります。
私的な世界標準フラットサイドクランクはもうコレだよ、
という思いで「GS」。
Leaferという名は基本設計が完全にLeaferのそれなので、
どうしても残したかったので残しました。
でも通称「GS(ジーエス)」になるでしょう(^^;)




3つ目のDigDawgは少しだけ小さいモデルになります。
私の中で大きさが2種類あって、今までの大きさが一応オリジナルです。
小さいモデルはサーキットボードリップにする予定で、
亜種的モデルなのですが、基本特性はなんら変わらないので
同様な条件で使うことが可能です。
ソフトカバー(ソフトボトム)対応のクランクベイトになります。
スモールボディ&サーキットボードということで、ピッチが速くなります。

もう私の中ではどっちがオリジナルとかなくて、
常にどちらもボックスに入っていて、
その時のインスピレーションで使い分けています。
ボトムタッチが多い時はポリカリップ、中層+カバーならサーキットボードとか
クリアアップしてたらサーキットボードとか、そんな感じの使い分け。
フォルムが非常に特徴的なDigDawgは小さいとさらにかわいいので、
つい使ってしまうことも多いです(笑)
こうなると自己満足に近いかもしれません…。




なぜ今JFLCCの話を書いたかというと、
「書いてしまったからには作らなければ」
というプレッシャーが生まれるからです。
プレッシャーがないとなかなか体が動かないという
自分の特性をよく理解した上での行動。
伊達に自分を40年以上やってないという(笑)




年頭から鼻息荒く書いてみました。
皆様、今年もよろしくです!




nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

当選発表 [企画モノ]

師走につき、バタバタしておりまして、
しかも動画で発表などと書いてしまったがために
遅くなってしまった次第です…。


ではどうぞ!
(早送りしないで見てもらえるとうれしいです)






当選した方はこちらのアドレスに
お名前と住所を記入して送ってください!
定形外郵便にて郵送致します。

monkey_brain_lures@yahoo.co.jp



それでは、皆様良いお年を!!



nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -